【インタビュー】ニューシングル「星が降るユメ」と、2019年の藍井エイル

2019年12月08日 12:000
【インタビュー】ニューシングル「星が降るユメ」と、2019年の藍井エイル

2019年11月27日に、TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」のエンディングテーマ「星が降るユメ」をリリースした藍井エイル。また、CDの発売に先駆けて、「藍井エイル LIVE HOUSE TOUR 2019~星が降るユメ~」を全国7都市で開催し、盛況のままに終了した。
今回はニューシングル「星が降るユメ」の話を聞くとともに、1年間の活動を振り返るインタビューに。藍井エイルにとって、2019年はどんな年になったのか?

11月のライブハウスツアーは、リラックスして歌えました


── 11月3日から22日まで、「藍井エイル LIVE HOUSE TOUR 2019~星が降るユメ~」が開催されました。今回のツアーはいかがでしたか?

藍井 とても楽しいツアーでした。お客さんとの一体感が生まれるようなセットリストやパフォーマンスに挑戦したツアーでしたし、スタッフが作り出す現場の空気もすごくよくて、リラックスして歌うことができました。歌っているときも、笑顔が多めだったみたいです。

── ライブレポートがネットにアップされていますが、楽しそうな雰囲気が写真からも伝わってきました。

藍井 今回のツアーはいろいろな気づきもありました。たとえば、ライブの前に広背筋を鍛えると姿勢がよくなり、肺が広がって歌いやすくなるというのがわかって、毎回のルーティーンになっていきました。それから、肩を上がらないように気をつけて、肩甲骨を動かすようにすると肩がリラックスして、喉にもいいということもわかって。体のコンディションを整えることに気を配りました。

── ライブにあたっては、フィジカルを整えることって大事ですよね。

藍井 かなり大事だと思います。いろいろと気づかうことが多いので、1つひとつ確認してライブに臨みました。「鼻腔共鳴」もそうで、鼻に響かせて歌うことで喉を守ることができるんです。そのおかげで今回のツアーは声が枯れることなく、最後までいいコンディションで完走できました。

── いつも思うんですけど、2時間とか3時間、ライブで歌いっぱなしというのはすごいことですよね。

藍井 しかも今回のセットリストは序盤に激しい曲を並べたので、最初から集中力を発揮しないといけなくて。私はあまり汗をかくタイプではないんですけど、首周りから髪まで汗で濡れるような状態でした。お客さんは「殺人的セットリスト」と言って喜んでくれたんですけど、自分の首を絞めることにもなって(笑)。でも、苦しいことによってアドレナリンが出たのか、すごく集中できたし楽しめました。

── 「殺人的セットリスト」が功を奏したんですね。

藍井 そうみたいです。MCも前回の「Fragment oF」のツアーよりもパーソナルな部分が出せるようになって、よかったなと思います。落ち着いたペースでお話しすることができました。

画像一覧

  • 【インタビュー】ニューシングル「星が降るユメ」と、2019年の藍井エイル

関連作品

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

放送日: 2019年10月5日~   制作会社: CloverWorks
キャスト: 島﨑信長、高橋李依、川澄綾子、鈴村健一、坂本真綾、関智一、小林ゆう、櫻井孝宏、浅川悠、植田佳奈、早見沙織、稲田徹、三木眞一郎
(C) TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。