【インタビュー】そこにはみんながいたんだ! リミットブレイクした内田真礼の真骨頂を見せつけるポジティブソング!「鼓動エスカレーション」

2019年07月19日 12:000
【インタビュー】そこにはみんながいたんだ! リミットブレイクした内田真礼の真骨頂を見せつけるポジティブソング!「鼓動エスカレーション」

TVアニメ「ダイヤのA actII」エンディングテーマ「鼓動エスカレーション」を、野球らしい数字でもある通算9枚目のシングルとしてリリースする内田真礼。念願かなっての「ダイヤ」曲は、迷いのない肯定感がきらめくこれぞ内田真礼!なポジティブソングだ。苦悩の時期をぶっ飛ばしてポジティブ全開であり続ける彼女が、これまでと現在、そしてこれからを語ってくれた。

内田真礼が歌う意味を広げてくれた「youthful beautiful」


──  まず前作「youthful beautiful」について、発売後の反応も含めて改めて、どんな曲になったと感じていますか?

内田 内田真礼の音楽活動は一貫して「次へ次へ」「新しいものを」という意識でやってきたのですが、「youthful beautiful」はそれをより強く意識して挑んだ作品でした。「こういう曲こういう表現もやってみよう!」という挑戦の気持ちが歌い方にも強く表れていると思います。今までよりストレートに想いをぶつけて、歌詞にも沿って気持ちがどんどん前にいくような歌になりました。そうしたらそれを好きと言ってくれる人が多くて、そういった声をいただけたことも含めて、新しい世界に一歩踏み込めた曲になったかなと思います。

── 内田真礼ファンにはもちろん、それを超えて多くの人に響いた曲にもなりましたよね。

内田 わたしたち内田真礼チームも「内田真礼らしさ」というのはわかっていて大切にしているのですけれど、「youthful beautiful」のときは「内田真礼らしさは意識しないで純粋にやれるところまでやってみよう!」という気持ちが強かったので、いろいろな人に響いたのかもと思いますね。

── もちろん内田さんの歌でその魅力が引き出されているのですが、たとえば未来のアニサマでほかの方がカバーしても、普通に「これはいい曲!」と受け止められそうな気もします。

内田 そうですね! たとえばアルバム「Magic Hour」収録の「Step to Next Star!!」は、ZAQさんが完全にわたしに当てて詞も曲も書いてくれていて、だからわたしじゃないと歌えない曲だと思うんですよ。「内田真礼にこう伝えられたらファンの人はうれしいだろうな」という言葉と、ファンの方がわたしに届けてくれている言葉を、まるで会話をするように並べてくれていたりするので。でも「youthful beautiful」はそうじゃない。それをどう歌うかは逆に難しいなと思いました。

── 内田真礼自身を歌うのでもキャラクターを演じて歌うのでもなく、誰の青春にも共通する何かを歌うような曲ですね。

内田 わたし、自分の中で意味を描けないものには心が入らないんですよ。そこにキャラクターがいて、そのキャラクターたちに人生や物語があって、それに寄り添っているのが声優であるわたしの日常なんです。だから音楽活動に関しても、声優としてキャラクターに抱く思い入れと同じくらい、歌い手としての思い入れを持てる何かを感じたくて。それがないと物足りないんです。だから楽曲を作るときはずっといつも、クリエイターさんやプロデューサーの冨田明宏さんに、「わたしにとって何か意味のあるものを作りたい」と伝えているんです。

── 「youthful beautiful」では、その意味やお思い入れをこれまでとは違うところから見つける必要があったと。

内田 わたしは声優としては「SSSS.GRIDMAN」に出ていないので、「声優としては出ていないのだけれどその一員として音楽を歌う」ということの難しさも感じました。でも「自分はアニメの中のキャラクターたちからは少し遠いところにいるけれど、エンディングを歌うことで『SSSS.GRIDMAN』の世界やキャラクターと触れ合うんだ」という気持ちで、その一員として歌うことができたかなと思います。そういうところもあって、この曲を通して、内田真礼の音楽活動をまた先に進めていくためのいろいろなことを勉強できました。


わたしも「ダイヤのA」の歌を歌いたい! がかなった


── その挑戦を経たうえでの今回のシングル「鼓動エスカレーション」ですが、まず「ダイヤのA」のOP/ED曲というものに強い憧れがあったそうですね。

内田 そうなんですよ! わたし「ダイヤ」が大好きで! アニメを見ながら「いつかこのアニメの歌を歌いたい」と思っていましたし、ポニーキャニオンのアニソンイベント「P's LIVE!05」では、エンディング第2弾だった三森すずこさんの「グローリー!」を「歌いたい!」と言って歌わせてもらったり。ず~っと、いつか「ダイヤのA」の一員になりたいと思っていたんです。そのわたしが今回の「ダイヤのA actII」でエンディングを歌えるというのは、奇跡みたいというか、夢がかなったというか……すごく幸せだな、がんばっているといいことあるんだな!と(笑)。

── ラジオでは「ポニーキャニオンでよかった」ともおっしゃっていました。

内田 本当そうです! ほんっとうにそう! ありがとうポニーキャニオン! 野球が好きで、「ダイヤのA」に憧れて、そういう気持ちは想い続けたらかなうんだなという夢のストーリーを作ってくれた、そんな9枚目のシングルです(満面の笑顔)。

画像一覧

  • 【インタビュー】そこにはみんながいたんだ! リミットブレイクした内田真礼の真骨頂を見せつけるポジティブソング!「鼓動エスカレーション」

関連作品

ダイヤのA act II

ダイヤのA act II

放送日: 2019年4月2日~   制作会社: マッドハウス/プロダクションI.G
キャスト: 逢坂良太、島﨑信長、櫻井孝宏、内田雄馬、浅沼晋太郎、花江夏樹、武内駿輔、山下大輝、村瀬歩、畠中祐
(C) 寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actII」製作委員会

SSSS.GRIDMAN

SSSS.GRIDMAN

放送日: 2018年10月6日~2018年12月22日   制作会社: トリガー
キャスト: 広瀬裕也、緑川光、斉藤壮馬、宮本侑芽、上田麗奈、高橋良輔、小西克幸、悠木碧、松風雅也、鈴村健一、稲田徹、新谷真弓、三森すずこ、鬼頭明里
(C) 円谷プロ (C) 2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

関連声優

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!