【インタビュー】今度の内田真礼はエモーショナル! 青春感あふれるロック、「youthful beautiful」をリリース!!

2018年10月16日 12:000
【インタビュー】今度の内田真礼はエモーショナル! 青春感あふれるロック、「youthful beautiful」をリリース!!

TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」のエンディングテーマ「youthful beautiful」を、通算8枚目のシングルとしてリリースする内田真礼。今回は青春感あふれるロックナンバーに挑戦。青春時代ならではの葛藤を、エモーショナルなボーカルで表現した。カップリングの「君のヒロインでいるために」は、大石昌良が作詞・作曲・編曲を担当。またまた、超強力シングルが誕生した。来年の元日には日本武道館でのライブも決定。常に前を向いて走り続ける彼女に、話を聞いた!

青春の気持ちいい時間を眺めているような曲です


── 新曲「youthful beautiful」は、10月から始まったTVアニメ「SSSS.GRIDMAN」のエンディングテーマですね。楽曲の第一印象はいかがでしたか?

内田 デモで初めて聴いたとき、歌詞に青春を感じました。私はけっこう生き急ぐタイプというか(笑)、ずっと走ってきたから、青春の時期ってあっという間に過ぎ去った気がするんですけど、それを振り返って、気持ちのいい時間を眺めているような曲だなと思いました。

── 「SSSS.GRIDMAN」の主人公たちの年齢感にも合っていますよね。

内田 高校生くらいのときって、まだまだどうしていいのかわからないことだらけで、でも少し大人になってきて自我も芽生えてきて。簡単なことで心が変わるような青春の時期が、歌詞には見事に描かれているんですよね。特に「そこまで大人じゃない」と「子供でもないんだよ」という2番のAメロの歌詞が好きで、あの頃にしかないきらめきが詰め込まれていると思いました。

── 揺らぎがある歌詞なんですよね。

内田 大人になると気持ちが落ち着いて、何かが好き過ぎて、そのことだけしか考えられないなんてことはなくなっていくじゃないですか。好きなものに夢中でいられるのがあの頃で、そのひたむきさともろさが表現されているんです。いつもの私の曲って「内田真礼だよっ!」って感じというか(笑)、みんなに向かって元気に声をかけているような外向きなものが多いと思うんです。でも今回は、自分の体の中から感情を絞り出して歌いました。すごくエモーショナルなボーカルになったと思います。

── エモーショナルな内田さんというのは確かに、今までなかったかもしれません。

内田 2ndアルバム「Magic Hour」で、今までとこれからをテーマにして、次はどこに向かおうかというときに、こんなふうに全部まっさらな状態にした曲を歌えたのはよかったですね。

── 内田さんにとっては、 「Magic Hour」以降、初の楽曲という意味合いもあるわけですね。

内田 そうなんです。「Magic Hour」は、みんながいるこの場所が好きで、私はここまで来られたんだよという、ひとつの到達点とも言えるアルバムでした。そして、いったんまっさらな状態に戻したところから、その先を示すのが今回のシングルなんですね。だから、ミュージックビデオでも白のTシャツにジーンズというシンプルな衣装を着ているんです。女性らしさはヒールだけという。

── MVの衣装も、いつもとは印象が違っていました。

内田 Tシャツとジーンズで“youthful”を表現するだけじゃなく、大人の女性の武器としてのヒールを履くことで、私が今まで生きてきた中で得た“beautiful”を込めたかったんです。

── 歌詞もサウンドも青春の瑞々しさにあふれた曲なんですけど、今の内田さんならではの表現になっているということですね。

内田 青春と真正面から向かい合うことって、大人になると難しいですから。いや、本当はまだ全然、大人じゃないんですけど。負けず嫌いだし欲張りだし(笑)。

── そうなんですか?(笑)。

内田 たとえばですけど、いくつかケーキがあったとして、自分が好きなものをその中から選ぶじゃないですか。でも、2番目に好きなケーキを他の誰かが選んだら、「あー」って思ったり(笑)。

── 気持ちはわかりますけど、欲張りですよね(笑)。

内田 「お前が最初に自分の好きなのを選んだじゃん」って感じなんですけど(笑)、「そっちも欲しかったなー」って。もちろん心の中で思うだけですけど、精神年齢が小学生みたいな一面も私にはあるんです。「30代になっても自分がこんなに子供だとは、昔は思ってなかった」って周りの年上の人たちがよく言ってるんですけど、私がもう少し年をとったら、同じような感覚になるのかもって思います。

── 「youthful beautiful」という曲に向かい合ったことで、自分ははたして大人なのか、10代の気持ちが残っているのか、いろいろなことを考えたわけですね。

内田 そうですね。ただ、走り続けているということだけは、あの頃も今も変わっていないと思っています。

画像一覧

  • 【インタビュー】今度の内田真礼はエモーショナル! 青春感あふれるロック、「youthful beautiful」をリリース!!

関連作品

SSSS.GRIDMAN

SSSS.GRIDMAN

放送日: 2018年10月6日~   制作会社: トリガー
キャスト: 広瀬裕也、緑川光、斉藤壮馬、宮本侑芽、上田麗奈、高橋良輔、小西克幸、悠木碧、松風雅也、鈴村健一、稲田徹、新谷真弓、三森すずこ、鬼頭明里
(C) 円谷プロ (C) 2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

[PR企画] プロゲーミングチーム「父ノ背中」に聞いた、勝つためのゲーミングPCの条件とは? 2019 春アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ