冬のアコースティックライブから10周年記念の武道館へ。Kalafinaが、ライブへの思いを語る!

アキバ総研 | 2017年12月12日 12:00
冬のアコースティックライブから10周年記念の武道館へ。Kalafinaが、ライブへの思いを語る!

現在、全国12都市を巡るアコースティックツアーを開催中のKalafina。さらに、2017年12月後半にはChristmas Premium LIVE、来年1月23日のデビュー記念日には、日本武道館での10th Anniversary LIVEと、この冬は精力的にライブを繰り広げることに。今回は、ライブにかける思いや、リハーサルやバックステージでの裏話を、Wakana、Keiko、Hikaruの3人に語ってもらった!


Kalafinaにとっての、アコースティックライブとは?


── 現在、「Kalafina Acoustic Tour 2017 ~ “+ONE” with Strings~」のまっ最中ということで、 今日はライブに関するお話をうかがうという趣旨でやってまいりました。

Keiko タイムリーな話題ですね(笑)。岡山公演を終えて帰ってきたところです。

── ツアーで全国を回るのは大変だと思いますが、楽しいことも多いのではないですか?

Keiko スケジュールは過密になりますし、メンバー全員、気合を入れて臨んでいる中で、各地を回って景色を見たり、美味しいものを食べたりできるのは、心の栄養になっています。特に今回のツアーは、紅葉や秋の味覚があって、いいなと思いました。Kalafinaにとっては、秋から始まるツアーは、実は初めてなんです。

Wakana 今年春に「9+ONE」のツアーがあって、それを踏まえてのアコースティックツアーだったので、今までとは違うスタートになったような気がしました。私たちのハーモニーやミュージシャンの方々の演奏を、より楽しみながら、お客様に伝えていきたいなと。これもKalafinaの音楽なんだというものを、しっかり打ち出していきたいと、初日に思いました。

Hikaru 2012年に、弦のカルテットとピアノと私たちの声によるアコースティックライブを始めた頃は、バンドの演奏で歌う時とはまったく違うので、感覚をつかむのが難しかったんですけど、今はアコースティックだからこその表現ができるようになってきました。その日のお客様の反応を見たり、会場の空気を感じて、歌い方を柔軟に変えていく部分が、ステージを重ねるごとに増えていったんです。

Wakana 今、Hikaruが言ったように、今日はどのように歌うかをダイレクトに表現できるのがアコースティックライブなんです。たとえば、曲の最後の三声のロングトーンがいつもより長かったり、ミュージシャンの方の音色がいつもより激しかったりと、その日その日の感覚の違いが、バンドサウンドの時よりもはっきり出ていると思います。


Keiko バイオリンの今野均さんとビアノの櫻田泰啓さんは、バンドでも演奏してくださっている方で、ずっとKalafinaの音楽にお付き合いいただいているのですが、一緒にライブを作っている感覚は、アコースティックライブの時のほうが強く感じますね。私たち3人の歌や、演奏とのほんの少しの感覚のズレが、お客様に届きやすいので、音楽的な話はメンバーのみんなと、常にしています。歌っていて気づいたことは、どんなことでもすぐに話します。

── Kalafinaのライブは常に緻密ですが、アコースティックセットはさらにその度合いが高いという感じですね。

Keiko すごく緻密だと思います。全部で8人のステージで、それぞれの音を繊細に感じようとするので、バンドの時とは違った集中力を求められます。

── その緊張感は、お客さんにも伝わっているのではないでしょうか?

Keiko そうですね。曲によっては、みなさん、すごいことになってます(笑)。

Hikaru 手に汗を握って聴いていただいている方も多くて(笑)。

Wakana じっと座って聴いてらっしゃって、まるで見えない音を、目でとらえようとしているように集中されているのが、ステージから見ていてわかるんです。

Keiko そういうふうに聴いていただけるのは、うれしいですね。私たち3人のハーモニーを本当に好きでいてくださるんだなと。私たちもハーモニーをもっともっと磨いていこうと、改めて思えたのがアコースティックライブでした。

画像一覧

  • 冬のアコースティックライブから10周年記念の武道館へ。Kalafinaが、ライブへの思いを語る!

  • 冬のアコースティックライブから10周年記念の武道館へ。Kalafinaが、ライブへの思いを語る!

関連作品

空の境界 第一章 俯瞰風景

空の境界 第一章 俯瞰風景

上映開始日: 2007年12月1日   制作会社: ufotable
キャスト: 坂本真綾、鈴村健一、本田貴子、藤村歩、田中理恵
(C) 奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

黒執事

黒執事

放送日: 2008年10月3日~2009年3月27日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 坂本真綾、小野大輔、東地宏樹、梶裕貴、加藤英美里、藤村俊二、田村ゆかり、朴璐美、福山潤、遊佐浩二、矢作紗友里、諏訪部順一、鈴木達央、杉山紀彰、矢島晶子、山口孝史、青山穣、菅沼久義、勝杏里、立花慎之介、安元洋貴、日野聡
(C) 枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

放送日: 2010年1月4日~2010年3月22日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 金元寿子、小林ゆう、喜多村英梨、悠木碧、遠藤綾、福圓美里、石塚運昇、八十川真由野
(C) Paradores・Aniplex/第1121小隊

イヴの時間 劇場版

イヴの時間 劇場版

上映開始日: 2010年3月6日
キャスト: 福山潤、野島健児、田中理恵、佐藤利奈、ゆかな、中尾みち雄、伊藤美紀、清川元夢、沢城みゆき、杉田智和、水谷優子、山口由里子、石塚運昇、榎本温子
(C) 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA/DIRECTIONS, Inc.

魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ

放送日: 2011年1月6日~2011年4月21日   制作会社: シャフト
キャスト: 悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、加藤英美里、野中藍
(C) Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS

Fate/Zero 2ndシーズン

Fate/Zero 2ndシーズン

放送日: 2012年4月7日~2012年6月23日   制作会社: ufotable
キャスト: 小山力也、川澄綾子、大原さやか、速水奨、関智一、中田譲治、阿部彬名、山崎たくみ、緑川光、浪川大輔、大塚明夫、石田彰、鶴岡聡、新垣樽助、置鮎龍太郎
(C) Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC

アルドノア・ゼロ

アルドノア・ゼロ

放送日: 2014年7月5日~2014年9月20日   制作会社: TROYCA/A-1 Pictures
キャスト: 花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、山谷祥生、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、速水奨、大川透、櫻井孝宏、安元洋貴、河西健吾、斉藤壮馬、古川慎
(C) Olympus Knights / Aniplex・Project AZ

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

放送日: 2014年10月4日~2014年12月27日   制作会社: ufotable
キャスト: 杉山紀彰、植田佳奈、川澄綾子、諏訪部順一、下屋則子、門脇舞以、てらそままさき、神奈延年、田中敦子、三木眞一郎、浅川悠、伊藤美紀、神谷浩史、真殿光昭、中田譲治、小山力也、関智一
(C) TYPE-MOON・ufotable・FSNPC (C) TYPE-MOON

アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN

アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN

放送日: 2015年4月5日~2015年9月27日   制作会社: サンジゲン/ライデンフィルム
キャスト: 小林裕介、細谷佳正、浪川大輔、花江夏樹、KENN、坂本真綾、梶裕貴、菅生隆之、田中敦子、津田英三、大川透、安元洋貴、三宅健太、小西克幸、桜井敏治、子安武人、斎藤志郎
(C) 2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

活撃 刀剣乱舞

活撃 刀剣乱舞

放送日: 2017年7月1日~2017年9月23日   制作会社: ufotable
キャスト: 木村良平、濱健人、榎木淳弥、山下誠一郎、櫻井トオル、斉藤壮馬、皆川純子、永塚拓馬
(C) Nitroplus・DMM GAMES/「活撃・刀剣乱舞」製作委員会

アニメニュースの新着ニュース

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第4回 2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「GODZILLA 決戦機動増殖都市」キャンペーン
  • ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた!
  • 2018 秋アニメ
  • 2018 夏アニメ
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ