映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第3回「見どころは“ナイスな「へい!」”と“すげぇビーム”!?」櫻井孝宏(主人公・霧亥役)×宮野真守(捨造役)インタビュー!

アキバ総研 | 2017年05月19日 17:56
映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第3回「見どころは“ナイスな「へい!」”と“すげぇビーム”!?」櫻井孝宏(主人公・霧亥役)×宮野真守(捨造役)インタビュー!

TVアニメにもなったマンガ「シドニアの騎士」や、現在「月刊少年シリウス」(講談社)で連載中の「人形の国」など、硬質なSFマンガを世に送り出す鬼才のマンガ家・弐瓶勉さんのデビュー作「BLAME!」。今から20年前の1997年に発表されて以降、国内外を問わず、多くの読者やクリエイターらを魅了している本作が満を持して映画化され、2017年5月20日より2週間限定上映される。
制作を担当するのはTVアニメ「シドニアの騎士」や「亜人」を手がけ、3DCGアニメ業界の雄といえる制作会社ポリゴン・ピクチュアズ。

そんな「BLAME!」公開を記念して、「アキバ総研」では原作者の弐瓶勉さん、瀬下監督、吉平副監督、岩浪音響監督、そして映画「BLAME!」にて声優を務める櫻井孝宏さん、宮野真守さんにインタビューを実施! 第3回となる今回は、主人公・霧亥のCVを担当する櫻井孝宏さん、そして「電基漁師」の若頭・捨造を演じる宮野真守さんに本作の魅力を語ってもらった。
映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第1回「目指したのは、多くの人に見てもらう作品にすること」原作者・弐瓶勉が語る映画版の魅力とは
映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第2回「BLAME!」のサウンドにおけるキーマン瀬下監督、吉平副監督、岩浪音響監督インタビュー!


「格好よすぎる!」主人公・霧亥の魅力


――最初に、お2人から見た「BLAME!」という作品の印象について、お教えください。

 

櫻井 まず、弐瓶勉先生の世界観が色濃い作品で、SFの王道さは感じました。ていねいに作られていて、日本人が作り上げてきたSFに対するこだわりや、緻密さが余すことなく描かれた作品だな、と。ハードSFですけど、ディテールだけにこだわってるわけじゃなくて、人間模様やドラマがあって、中身にもちゃんとぬくもりを感じる。それでいて、やっぱり手触りや肌触りはちょっと冷たいような……そういうSFの面白さが強く感じられる作品だと思いました。

 

宮野 僕はオーディションのお話をいただいた時に「BLAME!」という作品を知ったんですが、資料を見て作品の世界観だったり、オリジナリティあふれる言葉使いに魅力を感じましたね。SF作品なので、現代とは違った世界でバトルが繰り広げられる中、集落の人の口調などはすごく日本的というか……そういった部分のバランスも面白くて、興味をひかれました。

 

――お2人が演じるキャラクターの魅力はなんですか?

 

櫻井 やっぱり、霧亥は謎めいた存在です。唐突に現れて、めちゃくちゃ強くて、食料をポンと渡してくれる。集落の人からすると「すげーっ!」ってなるけど、とてつもなく怪しい(笑)。その絶妙なブレンドですよね。

 

宮野 絶妙なブレンド(笑)。

 

櫻井 霧亥はいろんな可能性を持って登場して、最終的には新しい希望の光となるようなキャラクター。意思疎通を明瞭にできるわけでもないけど、それでも人間の形をしているから何か通じ合えて、多分いい人なんだろうなって、づる(CV;雨宮天)は子供っぽい感覚で許容する。集落の人も、づるが許してるから霧亥を許容してるところがある。いっぽうで、捨造は自分の立場もあって、霧亥に対する警戒を解かなかったりする。そうやって、ストーリーが進んでいくことによって人間模様が見えてきます。そんな中、「ネット端末遺伝子を探す」という目的の一点張りだった霧亥が、集落の人たちと何かしっかりとした関係性が生まれているふうにも見える行動をとっていく。そこは、見ていて心惹かれるものがありました。

 

宮野 なくてはならず、でも、それが生まれた時から当たり前のように続いているという世界観です。捨造は、そんな世界の常識の中で生まれ育った集落の若者たちのリーダー的存在。どんどん仲間が減っていく中で、この状況を打開する希望かどうかもわからない異分子が入ってきて、生きていくために何が必要かということを判断する。意中の女の子に想いを寄せるような描写もあって、そういった人間らしい素直な行動原理を持つ彼のキャラクター性に身を任せて演じましたね。

 

――櫻井さんはTVアニメ「シドニアの騎士」の劇中劇として描かれた「BLAME! 端末遺構都市」の中でも霧亥を演じていましたね。

 

櫻井 「BLAME! 端末遺構都市」の時は、ほとんどリアクション芝居でした。当時は「BLAME!」が劇場作品になるとは思ってなかったので、この時は「出られて得したな」って思うくらいでした(苦笑)。ただ、やっぱり霧亥は男の子だったら格好いいって思いますよね。“すげぇビーム”(「重力子放射線射出装置」)を撃つし。

 

宮野 “すげぇビーム”(笑)。

 

櫻井 何歳になっても、ああいうSFの醍醐味のような表現はやっぱり格好よくて、燃えますね。ひとつ言わせていただくと、霧亥はシボ(CV;花澤香菜)を叩きつけるシーンとか、ちょっとコメディっぽいというか、かわいく見える側面もあるんです。だから、少しメタリックで殺伐としたイメージもあるけど、ちらほらと変な人間味や体温を感じることがあるキャラクターだと思います。

画像一覧

  • 映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第3回「見どころは“ナイスな「へい!」”と“すげぇビーム”!?」櫻井孝宏(主人公・霧亥役)×宮野真守(捨造役)インタビュー!

  • 映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第3回「見どころは“ナイスな「へい!」”と“すげぇビーム”!?」櫻井孝宏(主人公・霧亥役)×宮野真守(捨造役)インタビュー!

  • 映画「BLAME!」公開記念インタビュー! 第3回「見どころは“ナイスな「へい!」”と“すげぇビーム”!?」櫻井孝宏(主人公・霧亥役)×宮野真守(捨造役)インタビュー!

関連作品

BLAME!

BLAME!

上映開始日: 2017年5月20日   制作会社: ポリゴン・ピクチュアズ
キャスト: 櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、山路和弘、宮野真守、洲崎綾、島﨑信長、梶裕貴、豊崎愛生、早見沙織
(C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

アキバ総研15周年大感謝祭 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第2回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • アキバ総研15周年大感謝祭
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ