• タグ編集
開始時期:
2017年
上映開始日:
2017年
制作会社:
ポリゴン・ピクチュアズ
ジャンル:
SF
声優:
CGスーパーバイザー:吉平直弘、脚本:村井さだゆき、プロダクションデザイナー:田中直哉、ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則、キャラクターデザイナー:森山佑樹、美術監督:滝口比呂志、色彩設計:野地弘納
スタッフ:
監督:瀬下寛之、副監督:吉平直弘、総監修:弐瓶勉

テクノロジーの果て、極限まで発達した超高度ネット文明。 過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。 都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に 駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。 都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と 慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。 少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、 セーフガードの一群に襲われる。 仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている 「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

「シドニアの騎士」「亜人」「BLAME!」……ポリゴン・ピクチュアズの“これまで”と“これから”を塩田周三代表取締役に聞く

「シドニアの騎士」「亜人」「BLAME!」……ポリゴン・ピクチュアズの“これまで”と“これから”を塩田周三代表取締役に聞く 2016-10-12

2016年10月13日まで公開のアニメ映画「亜人 -衝戟-」をはじめ、アニメ調の3DCGアニメ作品を数多く送り出しているアニメスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。同社がアニメファンにより広く知られる... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:弐瓶勉「BLAME!」(講談社「アフタヌーン」所載) 制作国 日本
公式サイト http://www.blame.jp/