【インタビュー】高垣彩陽がソロデビュー10周年を記念して、ベストアルバム「Radiant Memories」をリリース

2021年04月17日 12:000
【インタビュー】高垣彩陽がソロデビュー10周年を記念して、ベストアルバム「Radiant Memories」をリリース

いろいろな作家さんとの出会いが、私の音楽を豊かにしてくれました


── 1曲目は、デビューシングルの「君がいる場所」。先ほどお話があったとおり、TVアニメ「世紀末オカルト学院」のエンディングテーマです。

高垣 それまでもキャラクターソングのレコーディングの経験はあったのですが、高垣彩陽として歌うということは、一体どういうことなんだろうなと悩みましたね。作品に寄り添うのは前提として、そのうえで自分なりの歌の形を模索しながら歌ったので、レコーディングにはすごく時間がかかった思い出があります。作曲・編曲はElements Gardenの藤田淳平さんで、その後、「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズでElements Gardenさんの楽曲をいくつも歌わせていただくことになるんですけど、当時はそんな未来なんて知るよしもなく(笑)とにかく一生懸命でしたね。

── その後につながるデビュー曲だったんですね。

高垣 そうですね。しかも、カップリングの「わたしだけの空」は、mavieさんの作詞で、この方も後に「シンフォギア」を筆頭に何曲もご一緒することになるんです。1stシングルでの素敵な出会いが、ソロ活動に大きな影響を与えてくれました。

── 「わたしだけの空」に加えて、シングルの3曲目「You Raise Me Up」も、ライブバージョンがBlu-rayに収録されていますね。

高垣 記念すべき1stシングルということで、収録された3曲すべてを音源か映像のいずれかの形で、「Radiant Memories」には収録しました。

── 石川智晶さんの作詞・作曲による「ソプラノ」が、4曲目に収録されています。この曲については、どのような思い出がありますか?

高垣 1stアルバム「relation」のリード曲です。石川智晶さんは、私が声優になる以前から好きで聴いていたアーティストで、「ソプラノ」を書き下ろしていただいたのは、私にとってひとつの転機になりました。私のコンサート映像をご覧になっていただいて書いてくださった曲で、レコーディングのときに「私は、高垣さんにはこういう部分があると思いますよ」とおっしゃったのが印象的だったんです。それが具体的に歌詞のどこを指しているのか、あえて尋ねることはせずに、この曲を歌うことで智晶さんの思いを受け止めようと思いました。

── 楽曲を通して、石川さんと意思疎通をしようと。

高垣 智晶さんは自ら作詞・作曲されて歌うシンガーソングライターで、自分の想いを楽曲に昇華させていくという部分でも強い憧れがあって。「ソプラノ」を歌うことによって、智晶さんのように自分の中にあるものを形にしたい、自分でも作詞・作曲をしてみたいという気持ちが芽生えて、「縁」を書くことができたんです。

── 「縁」は高垣さんが初めて、作詞・作曲の両方を手がけた曲ですね。2ndアルバム「individual」の収録曲であり、今回のアルバムにも10曲目に入っています。

高垣 それがさらに「Lasting Song」や、今回の新曲「Dear One」へとつながり。自分の創作に対する熱量を一気に高めてくれたのが、「ソプラノ」でした。

── この曲も、後々の高垣さんの音楽活動に、大きな影響を与えることになったんですね。

高垣 はい。それに「ソプラノ」には智晶さんのコーラスも入っていて、歌でもコラボレートすることができたんです。改めて、自分にとって大きくて、うれしいご縁でしたね。「Dear One」を作詞するにあたって、今まで歌ってきた歌詞を書き起こして、作詞者のみなさんがどういう言葉を選んで、どういう表現をしてくださったか、向き合う機会を作ったんです。その中でも「ソプラノ」は、いろいろなとらえ方ができる歌詞で、改めて深みがあるなと思いました。

── 「Lasting Song」と「Dear One」は少し後回しにして、「ソプラノ」の次に収録されている「夢のとなり」についておうかがいします。すごく壮大な曲ですよね。

高垣 そうなんです! これはUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんが作詞・作曲してくださった曲で、田淵さんに楽曲提供していただくのも私の夢でした。田淵さんにも同じ想いがあったということで、感性を爆発させてくださいました。QUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」のように1曲の中にいろいろな要素が入ったロックオペラ的なIQの高い曲で、高垣彩陽の代表曲と言ったら、まずこれを聴いていただきたいという思いがあります。

── 高垣さんと田淵さんのコラボならではの曲で、この曲も唯一無二だと思います。

高垣 ありがとうございます。歌詞も素晴らしくて、ソロのコンサートでは必ずと言っていいほど歌ってきた曲で、スフィアのライブでも歌う機会が何度もあったんですけど、歌えば歌うほど歌詞が響いてくる曲なんです。クラシックを自分の基盤と言えるほど、歌えているとは自分では思っていないんですけど、クラシックを学んだ経験が生かせる曲、母が「いつかは武器になる」と言ってくれたことのひとつの結果なのかなと。高垣彩陽という人間の歩みとアーティスト性を集約していただいた曲だと思います。

画像一覧

  • 【インタビュー】高垣彩陽がソロデビュー10周年を記念して、ベストアルバム「Radiant Memories」をリリース

関連作品

世紀末オカルト学院

世紀末オカルト学院

放送日: 2010年7月5日~2010年9月27日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 日笠陽子、水島大宙、茅原実里、高垣彩陽、花澤香菜、子安武人、高橋広樹、小林ゆう、矢作紗友里、矢島正明
(C) A-1 Pictures/Aniplex・テレビ東京

伝説の勇者の伝説

伝説の勇者の伝説

放送日: 2010年7月1日~2010年12月16日   制作会社: ZEXCS
キャスト: 福山潤、高垣彩陽、小野大輔、杉田智和、村田知沙、藤田咲、伊丸岡篤、沢城みゆき、諏訪部順一、日野聡、岡本信彦、小田久史、阿部敦、増谷康紀、入野自由、竹達彩奈、緒乃冬華、高橋美佳子
(C) 2010 鏡貴也/伝勇伝製作委員会

戦姫絶唱シンフォギアXV

戦姫絶唱シンフォギアXV

放送日: 2019年7月6日~2019年9月28日   制作会社: サテライト
キャスト: 悠木碧、水樹奈々、高垣彩陽、日笠陽子、南條愛乃、茅野愛衣、井口裕香、久野美咲、石川英郎、保志総一朗、赤羽根健治、瀬戸麻沙美、M・A・O、愛美、市ノ瀬加那、山路和弘、麦人
(C) Project シンフォギアXV

関連声優

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。