【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

2019年03月29日 20:270
【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

2019年3月23日、24日に開催された「AnimeJapan 2019」から1週間近く経ちますが、まだまだアキバ総研のレポート記事は終わらない! 今回お届けするのは、アスミック・エースブースに設置されたバーチャルアーティスト「ARP」の特設ブースです。アニメ化を記念し、ARPのプロデューサー 内田明理さんのトークを交えたライブ映像上映会や生中継ライブも行われ、初めて発表されるアニメにまつわる話やARPメンバーの裏話など、見応え聞き応えたっぷりの2日間でした。

ARPのメンバーは、「ISM(International School of Music)横浜校」に通う男子高校生4人。左から、2人組ユニット「REBEL CROSS」のダイヤ、レイジ、ソロで活動しているレオン、シンジ。シンジとダイヤが同学年で、レイジとレオンは1歳年下です

上のスクリーンに映っているのはイラストですが、実態はこちら。AR技術で生み出された子たちで、ただ単に再生しているのではなく、ライブ中に動きをリアルタイムでモーションキャプチャーしているのが大きな特徴。人間のアーティストと同じように観客とやり取りすることもできます

「ARP」って何?という人はこちらの記事をチェック!


アニメの映像も見れちゃった! 内Pも登場した「ライブ映像上映会」


まずは、23日に行われた「ライブ映像上映会」を見ていきましょう。アニメ化されるとはいえ、ライブを中心に活動しているARPのことを知らない人はまだまだたくさん。そんな彼らのことを知ってもうために全4回で開催されたこの上映会には、総合プロデューサー 内田明理さん(以下、内P)が登場。各回ひとりずつARPメンバーをフィーチャーし、人となりを語るとともに、ARPにスカウトした経緯など、レアな話も聞くことができました。さらに、ARPのラジオ番組(毎週土曜日22時放送「Amazing Radio Performers on the WEB」)でナビゲーターを務める星野卓也さんがMCだったこともあり、ARPメンバーのラジオ出演時の裏話もこっそり暴露(笑)。1回目のみの取材予定だったのに、全回見てしまったほど興味深い話がもりだくさんでした。


朝早く来た時にはステージ前にお客さんが5人ほどだったので、5人くらいを相手にトークする気持ちでいたという内P(写真右)。実際は、この写真にもおさまらないくらいたくさんのお客さんが詰めかけました

毎回ひとりずつ掘り下げていくスタイルなので、それぞれの持ち歌やユニット曲のライブ映像を織り交ぜつつ、トークは進みます

1回目にフィーチャーされたのは、ARPのリーダー的存在であるシンジ。両親が東京交響楽団の有名な方でもあるシンジは、幼少期からバイオリンやピアノ、バレエなどをたしなむサラブレッドで、ISM(International School of Music)横浜校の主席であることからも、真っ先にARPにスカウトしたそう。ただ、ナーバスな性格だったこともあり、デビュー当初は人の目を見て話さないようなこともあったといいます。しかし、ライブを重ねるうちにどんどん変化。もともと秘めていたパフォーマーとしての才が覚醒し、最近では漫才や落語の能力も覚醒しているほどのポテンシャルの持ち主です。完璧主義者で、努力しているところを人には見せませんが、相当がんばっているのは確かで、エリートなのに根性があって、考え方がしっかりしている頼れるヤツと、内Pも高評価!

王子キャラではありますが、負けず嫌いでムキになるところがかわいい。天然でもありますし、知れば知るほどかわいくて仕方なくなる存在です

2回目に取り上げられたパフォーマーはダイヤ。オラオラ系な感じに見えますが、みんなのアニキぶんでもあり、お母さん的な存在でもあります。というのも、ダイヤはレイジと小学生の頃からつるんでいて、現在も寮の同室で暮らしている仲。音楽に対してはストイックだけれど、日常生活においては何もしないレイジの世話をずっとしているめちゃくちゃやさしいオトコなんです。ダイヤはARPに入る前にレイジと結成していた「CROSS BONE」というバンドで、インディーズではかなり名をはせており、その功績を見た内Pがレイジと一緒にARPにスカウトしたのだそう。その当時は、街で肩がぶつかったら謝って逃げるしかないみたいな感じの人だと思ってらしいのですが、いろいろ話してみると、芸事に関しては非常にまじめで、面倒見がよくて本当にいいやつと印象が一変。料理も得意で、ARPの衣装のロゴやグッズのデザインも担当するなど、繊細さも兼ね備えています。

最近メンバーにいじられることも多くなり、こんな見た目ですが(笑)かわいさもどんどんアップ。内Pの話を聞いてMCの星野さんが「ダイヤくんがほめられているとうれしい!」とよろこんでいました。ダイヤ、慕われ過ぎ!

ダイヤとともにスカウトされたレイジについては、3回目で存分に語られました。レイジの公表されているプロフィールは身長、体重、性別が非公開なのですが、内Pが「身長をバラします」と爆弾発言! なんと、レイジの身長は130cmなのだそう。いや、絶対ウソですけど(笑)。このようないじられ方をするのは、レイジがメンバー4人の中で身長が1番低く、揃いの衣装の時にもひとりだけ高いヒールを履いているなど、ちょっとだけ身長のことを気にしているから。そんなレイジですが、音楽にかんしてはストイックでこだわりが強く、ARPの中でもっともアーティストらしい人なんです。内Pにもいろいろ意見を言ってくるので、ぶつかることも。プロデューサーや作曲家のことも呼び捨てにしちゃうし、生意気なんだけれど、アーティストとしての姿勢を内Pは尊敬しているといいます。

ラジオでARSからのメールを読み上げる際、シンジ、ダイヤ、レオンは「ありがとう」とお礼を言ってくれますが、レイジは無言なのが基本スタイル。ARPのラジオでナビゲーターも務める星野さんによると、口パクでお礼を言っているそうです

ライブ上映会の最後を飾るのは、“ARPのファンタジスタ”レオンです! 日本人の父とブラジル人の母を持つレオンは、その血もあってか、身体能力がハンパじゃなく、踊りのバリエーションを問わず、見よう見まねでなんでもできてしまうすごいヤツ。さらに、4オクターブの音域を誇るボーカリストでもあり、歌もダンスもパーフェクト過ぎる子なんです。そんな完璧なレオンの魅力は、ギャップ。しゃべりだすと、舌っ足らずな関西弁で、ちょっとおバカ。トーク中は噛みまくっていますが、2019年1月に行われたライブ「KICK A’LIVE2」では自分で作詞作曲したレオン至上最速の楽曲「SHAKE!!」を歌っている時にも噛んでしまいました。歌詞に「生麦生米生卵」という早口言葉を入れてしまったのが敗因なのですが、失敗しても成功しても会場は大盛り上がり。レオンが歌ったり踊ったりしゃべったりするだけで、まわりも巻き込みレオンワールドにしてしまうプロデュース能力は持って生まれたものでしょうね。レオンはほかのメンバーより少し遅れてARPに入ってきましたが、レオンがARPになってくれて本当によかった!

「FANTASISTA」に続き2回目となるレオン作詞作曲の「SHAKE!!」は、内Pや作曲家の平田祥一郎さんはアドバイスをせず、レオンにまかせることにしたのだそう。そんなことを知らないレオンは当初「なんもしてくれへん!」と怒っていたのですが、作ってきた楽曲は、自分の見せ方やファンが求めることをよくわかっているもので、内Pと平田さんはおどろいたといいます。やっぱり、天才!


そして、ライブ上映会ではアニメのタイトルが発表されました。タイトルは「ARP BackstagePass」。ステージから降りた普段の姿に焦点を当てており、ARPメンバー4人のこれまでの歴史をドキュメンタリー形式で追いながら、その裏でどんなことを考えていたのか、どんなことがあったのかといったことを葛藤なども織り交ぜてドラマ仕立てでお届けする予定なのだそう。アニメ作品なので、ちょっと盛ったり、ちょっと美化しているところもあるということですが、まだ知らないARPのことがあかされていくのは興味深いですね! そんなふうにいろいろ考えていたら、突然、内Pが制作中のテスト映像を流しちゃおうと言いだし、シンジのライブステージシーンが公開。この時の観客の歓声、1番すごかったです(笑)。

少し残像が残っており上手に撮影できていませんが、かわいいから載せておきたい! 実物とはちょっと違う感じですが、アニメ作品ですからね!! まだ制作中の映像なので、今後、もっとブラッシュアップされていくそうです


そして、もうひとつ触れておかねばならないことがあります。ここまで紹介した内容だと普通の上映会ですが、“あること”により、ここに集まった人たちみんながちょっとおかしい集団と化すことに。実は、レイジがフリーズドライの味噌汁が大好きで“食べている”という話をライブやラジオで何度も話していたところ、フリーズドライ食品で有名な「アマノフーズ」がコラボをしてくれたのです! いや、もう本当にこれはすごくありがたいこと。心の底からアマノフーズに感謝なのですが……なんと、内Pにお願いされて、全員で御礼を叫ぶことになったのです。それも、4回の上映会すべてで。4回目にいたっては、後方にいるであろうアマノフーズの社員さんに伝えるため、観客を斜め後ろに振り向かせて言わせる始末(笑)。アニメの祭典に響く「アマノフーズさん、ありがとう」の謎ワード。このブース、最高か!

こんな感じでコラボしたフリーズドライの味噌汁が、ブース周辺で配布されました。味噌汁目当てでもらっていく人も多かったので、ARPのことを知ってもらういいきっかけになったのではないでしょうか

 

袋の中には、フリーズドライの味噌汁ほか、特性コースターとペーパーが封入されていました。ペーパーのイラストもアニメ作品のものですが、黒髪で、めがねをかけたデビュー前のシンジのルックスがもっとも目を引きます。シンジはARPとしてデビューする際にイメージをガラリと変え、学校でウワサになったそうなのですが、そんな話もアニメで出てくるのでしょうか

 

このコースターは味噌汁コースターということなのですが、レイジの上にお椀を置くなんてできません!

 

コースターには仕掛けがあり、裏のQRコードを読み込むとレイジの限定ボイスが聞けるようにもなっていました

 

ちなみに、レイジはフリーズドライの味噌汁をお湯で溶かさず、このまま食べているのだそう。しじみの味噌汁には貝も入っているので、ガリガリいっちゃうとヤバイんじゃない? と内Pが心配していました。くれくれもレイジのマネはしないようにしましょう


会場の温度が上がった! 生中継ライブ「REBEL CROSS SHOW」


すでにボリュームたっぷりのレポートですが、まだ半分! ここからは24日に行われた超目玉企画「REBEL CROSS SHOW」の見どころを紹介します。男子高校生でもあるARPメンバーたちは春休み真っ最中。シンジは両親に会いにヨーロッパへ、レオンは神戸の実家に戻っていることもあり、今回はダイヤとレイジのユニット「REBEL CROSS」が横浜にあるユークスの事務所からAnime Japanの会場をつなぎ、生中継で出演してくれました。2019年1月5日放送のラジオで、ダイヤが「REBEL CROSSのワンマンとかライブを増やしたい」と話していましたが、このライブで早くも実現しちゃった感じ!?


23日の内P出演のライブ上映会より、あきらかに人がいっぱい集まってます!(笑)

 

中継をつなぐと「REBEL CROSS」のふたりが! 事務所の会議室でライブ衣装を着てます

 

会場の様子を見るために、モニターをのぞき込むふたり。直後、ダイヤが「網タイツはいてるヤツがいる」と網タイツの女の子を発見。レイジに「おまえはすぐ網タイツとかそういうのに食いつくよな」と言われ、だって目立つじゃんと弁明するも、なぜ目立つのか? と問われます。その答えが「そこに網タイツがあるから」。アルピニストかよ!


全3回行われた「REBEL CROSS SHOW」は、各回ともトークとライブパフォーマンスという構成となっていました。トークは、メンバーの話だったり、味噌汁のことだったり、とにかく盛りだくさんでとてもじゃないけれど書き切れないので、今回はアニメ制作にまつわる内容に絞ってお届けします。なかでも印象に残っているのは、初めての経験となるアフレコのこと。アフレコといえば、滑舌に問題のあるレオンが噛まずに話せているかと心配だったのですが、なんと、意外にも1番シンジが噛んでいるのだそう。まだアフレコは始まったばかりなので、完璧主義のシンジは練習して、アフレコを完璧にできるように仕上げてくるに違いない! そして、そんなシンジをよく見ているダイヤからのこぼれ話によると、シンジはセリフをしゃべる前に前髪をパッとあげるとのこと。アフレコ風景、見てみたい!

普段は内Pや作曲家の平田さんにでかい態度をとっているレイジですが、アフレコ現場では借りてきたネコみたいになっているそう。そんなことを暴露されて「全然、野良猫!」と怒り、そのままダイヤがからかい続けていると「もう、はぁ? しか言わない」とすねてしまったレイジ。レイジに謝罪を求められ「オレが謝るの?」と言いつつ、悪かったよと言っちゃうダイヤの声がやさし過ぎて、こんな彼氏がほしいとトキめきました

また、本来、アフレコは1本か2本のマイクで、セリフを言う人が入れ替わりながら行うのですが、ARPメンバーたちが素人ということもあり、4本マイクが用意されていたそうです。アニメの制作スタッフさんたちもですが、ライブ、ラジオなどARPのまわりにいる大人の方たちはやさしい人ばかり! そして、ARPの子たちはみんないい子ばかり!

アフレコが難しくて「もうやめたい」とか言っちゃってるレイジ(笑)。レイジをレイジが演じているんだから、常にレイジが正解で、監督の指示とかスルーしてもいいんじゃないかな……とも。野良猫になる人は近い!?

アフレコの話にとどまらず、レイジからはキャラクターデザインへの問題点が発せられました。レイジを除く3人の美化がされ過ぎていると。特に、ダイヤとレオンの美化の度合いがひどいので、もっとリアルにしなきゃダメだということでした。ちなみに、レイジのキャラデザにかんしては、アニメーターさんが悩んでいるといいます。というのも、どれだけ美しく書いても、もともと美しいレイジは美化できないからだそう。このあとに「なに、言ってんの?」っておだやかな声でつぶやいたダイヤ、最高でした。

レイジは地上に舞い降りてきてくれた存在ですから(笑)、美しいということに異論はございません! それにしても、美化され過ぎているとか、借りてきた猫に対抗して「借りてきたゴリラ、借りゴリラ」とか言われてもつねにおだやかなダイヤって、本当にやさしい


生中継なので、会場にいるARSからの質問に答えてくれたり、やり取りも行われ、トークは大盛り上がり。ずっとこの時間が続いてほしいところですが、そろそろ終盤に向かいます。最後は、REBEL CROSSの楽曲「rrRrride On !!」のライブパフォーマンスで締めくくり。みんなで踊って、会場はどんどんヒートアップしていきます。筆者は後方の同じような位置に居ましたが、最後の回の時のARSの熱気はすさまじく、周囲の温度が高くなり、熱かった(笑)。モニター越しなので、どの程度のものかと思っていましたが、想像以上に楽しかったです。今後、こんなスタイルのライブも企画されていくのかもしれません。もちろん、生のライブが最高ですが、会場に行けない人たちにもリアルタイムの感動を伝えられるのはいい方法だと思います。

パフォーマンスに移る前に、みんなで揃えて行う振り付けをREBEL CROSSがレクチャー。実際のライブでもこんな感じで教えてくれたりするので、初めてでもまったく心配なし! 間違ったって平気ですしね!



ARPが気になったら、新番組や「REWIND」を見てみて!


REBEL CROSSの生中継ライブでは、通りすがりの人が足を止めて観覧している姿もたくさん見かけました。そんな人たち(男性)が「すごく自然に動くね」と話しているのが聞こえ、「そうでしょ、そうでしょ」とも思いましたが、こんなもので感動してもらってちゃ困ります! ARPのライブは、ここで見た映像よりも10倍、20倍、いやもっとすごいですから!! ARPのことを知らない人のために軽く説明しておくと、AR技術によって動かしているのですが、モーションキャプチャーやレンダリングなどはすべてライブと同時進行で行われています。しかも、トークや歌を担当するVキャスト、動きやダンスを担当するAキャスト、そして髪の毛や服などの動きを調整する技術スタッフの3人で1キャラクターを演じているというすごさ。それぞれプロフェッショナルが担当しているので、ダンスも歌も超一流ってワケなんです。この技術を知って、ライブを見ると本当に感動もの。すごく大変な作業なのに、なんの違和感もなく行われてるという神業。そして、そんな裏のことを忘れてしまうくらい、普通にそこに居るんです、この子たちは。


筆者も最初は楽曲をひとつも知らない状態で観覧しましたが、歌うま過ぎ、ダンスうま過ぎと、同行者と大興奮している間に1公演が終わってしまったので、何も知らなくても十分楽しめます!

リアルタイムで演じられているので、観客とのやり取りも可能。トークでも積極的にARSと交流していきます。そんなARPライブの醍醐味といえば、「バトルソング」。2人のパフォーマーがパフォーマンスで勝負するのですが、その勝敗を決めるのは観客です。専用アプリ(ふれフレ)をダウンロードしたスマホを音ゲーの要領で振って、応援したいパフォーマーにポイントを送り、その点数の多さで勝者が決定。パフォーマーと一緒にライブをしている感、そして、筋書きのない物語が繰り広げられるところが、ARPライブの大きな魅力です。

「バトルソング」はARPのライブでもっとも盛り上がるところ。実際に見ると白熱ぶりはすさまじく、懸命に歌う彼らの姿を見ていると涙が出るほどです

ARPのライブの様子が知りたい人は、取材レポートでチェック!


映像や写真では伝わらないARPの魅力は、ぜひ、ライブで体験してみてください。ただ、これまでライブは1月と8月の年2回のみだったので、通常どおりであれば、ライブはまだまだ先。もしもライブの感じを体験してみたいなら、2019年4月13、14、20、21日に行われる「ARP REWIND5」を見てみるのもいいかも。2019年1月に行われたライブ「KICK A’LIVE2」を中心に、ディレクターズカットされた映像を視聴できるというものですが、一部3DCGで再生されるところもあり、ARPのライブの様子を垣間見ることができるはずです。2019年4月3日から通常チケットが一般販売されるので、詳しくは公式サイトをチェックしてみて!


公式サイトをチェック!


また、2019年4月3日からTOKYO MXにて毎週水曜日にARPの地上波レギュラー番組「ARP AFTER SCHOOL PARADISE」(通称:アスパラ)が始まります。放送時間は21時54分~22時と短いものですが、学校帰りの4人がカラオケルームに集まり、自分たちのライブ映像を見ながら本人たちが紹介。ライブの雰囲気やARPメンバーのことも知ることができるお得な番組なので、一度ご覧になってみてください!

特設ブースに設置されていた視聴コーナーには、新番組「ARP AFTER SCHOOL PARADISE」のテーマ曲を聴くことができました。このテーマ曲も「バトルソング」の勝者2名が歌えるというように、ライブでのことが次のライブやほかのことにつながっていくのもおもしろいところです

 

ちなみに、新番組のテーマ曲の権利を獲得したのはダイヤとレオン。2019年4月3日から配信も開始予定なのでお楽しみに!



かわいいがいっぱいだったブースの展示


イベントを中心に紹介してきましたが、常時見ることができる展示も秀逸でした。教室が再現されており、机が2つ置かれていたのですが、それを見た瞬間、「隣同士だというレイジとレオンの席だ!」と超興奮。しかし、よくよく見るとアスミック・エースのほかの作品(超次元革命アニメ「Dimensionハイスクール」)との合同の展示コーナーでした(笑)。


 

ステージの横にはARPメンバーの全身パネルがあり、物販で手に入れたばかりのリボンタイをパネルにかざし、推しメンバーが着けている風になるように撮影しているタンタン(レオンのファンのこと)を発見! 天才(レオン)のファンも天才か!?

 

パネルを見ながら移動していくと、そこに教室が現れます

 

中央の黒板にはチョークで描かれたARPのイラストがあり、この流れできたら「横並びの机2つ=レイジとレオンの机」と思ってしまってもおかしくない!

 

だって、これを見て! 左側の机には「みそ汁美味しいよね~」の落書きがあったんです。レイジじゃん!(興奮しててその時は気づかなかったのですが、字が全然違いますね)

 

一般入場の前に取材していたので手つかずの状態も見ているのですが、机の上にある筆箱にも“レイジとレオンの机”をにおわすトラップが! 右側の筆箱の中だけ乱雑だったので、「レオンの机じゃないんですか?」とユークスの広報さんに何度も確認してしまいました(でも、消しゴムがないから違うかもとも思っていました)

そして、この展示コーナーの見どころは、なんといっても習字とロッカー! まずは習字を見てみましょう。平成最後の年なので「平成」と書くように言われたそうなのですが、レイジだけ「味噌汁」。すでに未来を見ているレイジにとっては、終わるものを書いても……ということなのだそう。また、この中に間違いがあるのにお気づきになられたでしょうか。ARSなら“間違いがある”のワードで真っ先に目線が行くのは、レオンの書ですよね。はい、大正解! 名前が右側に書かれているのに加え、「成」の「、」を忘れているという大失態。でも、それでこそレオンですよね!(ほめてる)

ダイヤの書だけ太いので余程力を入れて書いたのかと思いきや、なんと、ダイヤだけ太い筆で書かされたのだそう。スタッフさん、なかなかの策士です!

展示コーナーの中でもっとも人だかりができていたロッカーには“かわいい”がいっぱいで、写真を撮る手が止まりません! ARPメンバーのロッカーを再現しているのですが、「REBEL CROSS SHOW」で語られた話によると、実物と完全一致ではないとのこと。あくまでも想像の産物だと言うのですが、「意外にシンジのロッカーが整頓されていない」など、感想が現実味を帯びていたので、再現の精度はかなり高いのではないでしょうか。

見る&写真を撮るために、常にロッカーの前には多くの人だかりが!

 

ロッカーが細長くて、上手に写真が撮れません! 幅の広いロッカーにしてほしいと、これほど思ったことはない

このように撮りにくいロッカーですが(笑)、一生懸命覗いてみると……それぞれのタオルやパーカーが入っていたほか、趣味がわかるアイテムがいっぱい。愛用の香水も置かれており、これまで「コットンキャンディ」としか公表されていなかたレイジの香水のブランド名もここで判明しました。また、メンバーにもらった誕生日プレゼントを入れているところもかわいい!

幼い頃からバイオリンやピアノなどをたしなむシンジのロッカーには、そんな様子をうかがわせるクラシック音楽のCDやハイブランドなアイテムが入っていました。でも、1番目立つところに、ARPメンバーにもらった「王子亭しんじ」の手ぬぐいと扇子があるのがステキ!

 

ダイヤのロッカーはすっきり! 整理整頓されているのももちろんですが、モノが少ない感じです。本がたくさんありますが、そのラインアップは料理や肉の本が多い! 「オレンジページ」をよく読んでいるのか、紙がヨレているところがたまりません!!

 

レイジのロッカーにも誕生日にメンバーからもらったパーカーがあり、その下には、ダイヤ仕様の黒のパーカーに「R」マークが付いた非売品のものが! さらに、フリーズドライの味噌汁にくわえ、大好きなラーメン味のお菓子と猫の写真集(付箋付き)。レイジが拾ってきたドングリもあり、ARSにとっては宝の山でした

 

黄色がまぶしいレオンのロッカーは、ごちゃごちゃ! 下段はギューッとモノが詰め込まれていますが、そこにミーアキャットのぬいぐるみがいました。誕生日プレゼントのノートもあり、かわいい末っ子って感じです


(取材・文:f-jyoko)

画像一覧

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

  • 【AnimeJapan 2019】生中継によるライブパフォーマンスも大盛り上がり! 目下制作中のアニメの話や映像も飛び出した「ARP」特設ブースレポート

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!