ミュージカル俳優、声優と大活躍の加藤和樹が、アーティストとして送るメッセージ。ニューシングル「Answer」リリース記念インタビュー

2019年03月27日 12:000
ミュージカル俳優、声優と大活躍の加藤和樹が、アーティストとして送るメッセージ。ニューシングル「Answer」リリース記念インタビュー

舞台、声優、そしてアーティストとさまざまな分野で勢力的に活動を続けている、加藤和樹。現在放送中のTVアニメ「B-PROJECT ~絶頂*エモーション~」では、人気アイドル愛染健十を演じ、高い評価を得ている。そんな加藤がニューシングル「Answer」をリリース。タイトル曲およびカップリング曲に込めた思いから、先日行われた「B-PROJECT」初の単独ライブ「THRIVE LIVE 2019」についてなど、彼のあらゆる活動についてインタビュー。アーティストとして、俳優としての活動に共通する彼の矜持とは。

今の時代に生きる人たちへ


── ニューシングル「Answer」はライブですでに歌われているんですよね。ファンのみなさんはどんな反応でしたか。

加藤 ここ最近、ライブで新曲を披露することがなかなかできずにいたんですが、昨年夏と秋にツアーをやった中、秋のツアーでようやく新曲「Answer」を披露できました。お客さんはすごく喜んでくれましたね。単発のシングルなので、今の時代に問いかけるもの。自分自身が思うことをテーマにして書いてみようと、ディレクターといろいろ話し合い、作詞をしました。

── 「Answer」はロックナンバーですが、どのような思いを込めたのでしょうか。

加藤 ライブ映えする曲を作ろう、みんながひとつになれるようなパートがある曲にしたいと思い、オープニングからライブでのパフォーマンスを意識しましたね。メロディ、テンポがいいし、疾走感もある曲なので、歌詞もよりストレートに届くような言葉を書きたいなと。時代が移り変わっていく中で、今の世の中はいろんな情報が溢れている。僕自身もそうなんですが、いろんなものに左右される時代だと思うんですね。見えないからこそわからないというか。でも自分の目で見たものを信じて、そういう言葉だけじゃなくて、自分自身の感覚や直感というものを信じて、偽りなどにまどわされないで生きていかなきゃいけないんだっていう、こんな時代だからこそっていう。そういう思いを書きたかったんです。

── 誰でも、周りに振り回されそうになることはありますよね。

加藤 これだけ便利になっているからこそ、情報に踊らされがちになる。でも自分はこれを信じるというものをちゃんと持っていないと、結果的に振り回されてしまう。最終的な決定権は自分にある。自分を信じるということがすごく大事なんだと伝えたかったんです。もちろん人を信じることも素敵なこと。でもその前に自分が自分を信じてあげられないと、結局自分が何者にもなれないんじゃないかなってすごく思うんですよね。こう考えるようになったのはここ数年、ネットニュースとかを見始めてからです。こういう業界にいるからこそ、見なくていいものもある。でも聞いてくれる人がいて、自分が言葉を発する立場にいるからこそ、自分たちはそのあたりを間違っちゃいけないなってすごく思うんですよ。

── 特に加藤さんは舞台やライブでファンの方と直接会うことが多いですし

加藤 もちろんツイッターとかで書くことは簡単にできる。僕を信じてください、自分はこう思ってますって言っても、相手の顔が見えないと僕自身もすごく不安になる。実際に相手の顔を見て、触れ合う機会も大事。そういう機会がある自分はすごく幸せだなと思います。


── TYPE Aのカップリング「ordinary days」はガラッと変わってポップな曲ですね。

加藤 曲を聴いたときにすごく明るいポップな印象を受けたので、日常の中にある幸せをテーマにして書きました。大事なものはすごく身近にあるということを、僕も常日頃感じるんですね。少し前から、当たり前のことって当たり前じゃないと思うようになった。いつ何が起こるかわからないけど、それでもみんな生きていかなきゃいけない。大げさかもしれないけど、こうして生きているだけで奇跡的なこと。僕は食べることが好きだから、おいしいご飯を食べて「ああ幸せだな」と思ったり、小さな幸せを見つけるようにしているんです。

── 加藤さんは歌詞にメッセージをいつも込められていますね。何か伝えたい思いがあるのでしょうか。

加藤 やっぱりファンの人たちのことはすごく考えます。聞いてくれる方たちがどう思うか。もちろんそこには自分自身の思いもちゃんとあるんですけど、ファンの人たちにどういう言葉を届けたいか。できるだけ伝わるように、あまり難しい言葉は使わないようにしています。

── そうですね、すごく伝わりやすいです。じゃあけっこう熟考する?

加藤 そうですね、やっぱり時間はかかります。すっと書けるときもあるんですけど、今回は結構時間をかけました。いつも思うのは、聞いた人がどう感じるかでいいと思うんです。いや私はそう思わない、俺はそう思うよって、いろんな意見があっていいと思いますし。すべての人に共感してもらうことなんて絶対に無理。それでも何かのきっかけになってくれればいいなと思っています。小さいきっかけさえあれば人って変われるし、自分もそうだったから。僕も音楽を聴いて音楽をやりたいって思って、バンドに影響を受けた。小さなきっかけですけど、それで自分の人生が変わったので。僕もそういう存在であり続けたいなと思います。

画像一覧

  • ミュージカル俳優、声優と大活躍の加藤和樹が、アーティストとして送るメッセージ。ニューシングル「Answer」リリース記念インタビュー

関連作品

B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~

B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~

放送日: 2016年7月2日~2016年9月24日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 金元寿子、小野大輔、岸尾だいすけ、豊永利行、花江夏樹、加藤和樹、上村祐翔、柿原徹也、森久保祥太郎、大河元気
(C) MAGES./Team B-PRO (C) B-PROJECT

B-PROJECT~絶頂*エモーション~

B-PROJECT~絶頂*エモーション~

放送日: 2019年1月11日~2019年3月29日   制作会社: BN Pictures
キャスト: 瀬戸麻沙美、小野大輔、岸尾だいすけ、豊永利行、花江夏樹、加藤和樹、上村祐翔、柿原徹也、森久保祥太郎、大河元気、増田俊樹、西山宏太朗、八代拓、千葉翔也、江口拓也、興津和幸、浪川大輔
(C) MAGES./Team B-PRO2 (C) B-PROJECT

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!