【インタビュー】危険なケムリが立ち上がる! たつき監督作品とのコラボによるナノの新曲「KEMURIKUSA」

2019年02月05日 20:000
【インタビュー】危険なケムリが立ち上がる! たつき監督作品とのコラボによるナノの新曲「KEMURIKUSA」

2019年1月からスタートしたTVアニメ「ケムリクサ」。そのオープニングテーマとなっているのが、ナノが歌う同名の曲「KEMURIKUSA」だ。ミステリアスでダーク、そして攻撃的な楽曲は、まさに「ケムリクサ」という作品の世界観そのもの。ナノはたつき監督とどのようにコミュニケーションを取って、楽曲を仕上げていったのか?

たつき監督とのコラボは、自分でも意外でした


── 「ケムリクサ」は、このインタビューの段階では第1話しか放送されていませんが、やはり謎だらけのストーリーでした。

ナノ 「謎」のひと文字ですね。自分もまったく先のストーリーを知らないんです。楽曲を制作するにあたって、たつき監督に色々お話をした上であえて作品の情報をインプットしないで作っていったんですね。「ケムリクサ」には過去に作られた自主制作版があるので、そこから解釈して歌詞を書いていきました。

── 自主制作版をご覧になって、どう感じましたか?

ナノ 「謎」のひと文字です(笑)。今までにない世界観で、煙に包まれているような雰囲気に引きこまれました。ミスティックな分、自由に解釈できる作品ですね。


── たつき監督とは、直接会う機会はあったんですか?

ナノ はい、直接会って打ち合わせさせていただきました。そのときに作品について少しは聞いていたんですけど、詳細な情報はなかったです。たつき監督ご自身も謎めいていて、出てくる言葉も独特でした。クリエーターとしてはそこがすごく魅力的で、「この人は何を求めているんだろう?」と知りたくなる方で、クリエーター同士、それぞれが持つ世界を探り合って、作品を作っていけるように思いました。SNSで監督がつぶやいていましたが、「KEMURIKUSA」という曲からインスピレーションを得て映像を作ってくださっているようなので、お互いに歩み寄ることができているのかなと。

── 意義のあるコラボレーションだったということですね。

ナノ そうだといいなと思います。もちろん、自分がたつき監督のすべてを理解しているなんて、そんな大それたことは言えないですし、いちファンとして「ケムリクサ」を楽しみつつ、自分の曲が作品の世界観にどれだけプラスになることができたのか、確認していきたいと思います。

── ナノさんとたつき監督というのは、意外性のあるコラボと受け止められている一面もあるように思います。

ナノ 意外性は大好物なので、そう感じてくれるファンの方がいたらうれしいですね。自分自身も、たつき監督作品の主題歌に激しい曲が来るイメージがなくて、お話を受けたとき、面白いことになりそうだなと思いました。ナノにはナノの世界観があるので、そこは曲げないでコラボレーションできたらいいなというのが、最初に考えたことでした。

── 監督のお言葉で、印象に残っていることはありますか?

ナノ 言葉も大事ですけど、クリエーターは、容易に言語化できないいろいろな感覚を、頭の中に秘めていると思うんですよね。なので、実際にお会いして感じたたつき監督のオーラというか、彼が醸し出す雰囲気から、作品に対する意思みたいなものを読み取れたらいいなと思って。もちろん、いろいろなお話をうかがいましたが、それよりも直接会えたことに意味があったように思うんですね。監督自身からインスピレーションを得て、楽曲を作っていったという感じです。

── ナノさんが書いた歌詞について、その後、監督とのやり取りはあったんですか?

ナノ 一度、監督にチェックしていただいたんですが、直しを求められることはなかったです。

── 最初にお聞きした通り、楽曲には楽曲の世界観があればいいということですね。

ナノ それはすごくありがたいことでしたね。もちろん作品のための曲ではあるんですけど、独立して成立させることができるので。

画像一覧

  • 【インタビュー】危険なケムリが立ち上がる! たつき監督作品とのコラボによるナノの新曲「KEMURIKUSA」

関連作品

ケムリクサ

ケムリクサ

放送日: 2019年1月9日~   制作会社: ヤオヨロズ
キャスト: 小松未可子、清都ありさ、鷲見友美ジェナ、野島健児
(C) ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!