これぞキタエリ節! 喜多村英梨が語る、シンフォニックメタルの世界が広がる2ndシングル「arcadia†paroniria」インタビュー!

アキバ総研 | 2017年09月27日 16:54
これぞキタエリ節! 喜多村英梨が語る、シンフォニックメタルの世界が広がる2ndシングル「arcadia†paroniria」インタビュー!

人気声優・喜多村英梨さんが音楽活動再開後、3枚目となる2ndシングル「arcadia†paroniria」を、2017年9月27日(水)にリリースした。今回も仕掛けたっぷりの密度の濃いサウンドが楽しめる1枚となっている。特に表題曲は、シンフォニックメタルという、キタエリの代名詞ともいえる楽曲になっているので、存分に楽しめるはずだ。ライブのことからシングルのことまでたっぷり語ってもらった。



次回ライブへの渇望を抱かせた「KiTAxERI - CARNiVAL - 2017 - re:birth -」


──ワンマンライブをするために、着々とリリースを重ね、徐々に曲数が増えていってますね。

喜多村 確かに。CDのリリーススパンを考えると、かなり前のめりにさせてもらっているので、(トムスさん)ありがとうございます!

──曲数的には、ぎりぎり被ることなく1ステージ演奏できるくらいでしょうか。

喜多村 そうですね。それぞれの楽曲によって聴く回数が違ってくると、また違うスルメ感が出てくるというのを信条としているんです。これまでのライブでもセットリストで曲目が重複することがあったんですけど、それは違う見せ方などで曲への愛を推していきたいなと思ってはいます。8月に恵比寿でやったライブ(「KiTAxERI - CARNiVAL - 2017 - re:birth -」)では、オハコ曲にしたいと思って作った「バラユリxxx」をおかわりとして、本編ラストに違ったイントロの入りで歌わせていただいたんですけど、それもCDのように一方向ではできないからできることだと思うんです。だからすごく満足のいくライブだったし、それだけではなく10月28日のワンマンライブに向けての渇望にもなったライブだったなって。いい2017年下半期を過ごしてますね(笑)。

──曲順が違うだけでも、また違った曲のよさを発見できたりしますからね。

喜多村 まだツアーとかしたことがないのでよくはわからないですけど、キャパとか照明さん、サポートバンドのアレンジの違いによって、CDとは違う見せ方ができるというのも体感できたんです。なので前回の恵比寿のワンマンは、自分がCDと違う歌い方をしたことによって、それがライブバージョンとして受け入れてもらえたなとか、次のライブがあったら、ここはちゃんと歌って、ここは崩してみたいなとか、ライブをやりながら学びつつ、次への目標を立てていたようなライブだったんですよ。ツアーや会場や客層などが変わっただけで、同じ曲でも違った景色が見えるのかなって思いました。
あと喜多村のライブに来てくれる方を見ていてワクワクする点があって(笑)、はっきりわかるのが楽器好きだなぁ、メタル好きだなぁっていう拳組と、楽曲も好きだし喜多村英梨も好きだし、声優アーティストというカテゴライズをちゃんと支えていきたいんだ!っていうペンライト組。あとはV畑の女子の層にも刺さるようなアーティストワークをしている私に対して、咲きのポーズをしてくださる子。いい意味でダウンタウンができてて、異文化交流ができてるんですよ! 私は、みんなに気高きデュエリストであれよっていう気持ちで「お前らぶっ殺すぞ」ってあおってるんですけど(笑)、そこまで振り切れるのって、声優というお仕事をしているからこそで、そのスイッチングがしやすいんだろうと思うんです。だから(さまざまな)お客さんをスムーズに引っ張っていくことができるというよさが、もしかしたらあるんじゃないかなと思いながらステージに立っていました。

 

──ライブの盛り上がりを見ていると、すごく「待っていたんだな!」っていう感じもしました。

喜多村 離れていた人もいるでしょうけど、離れかけていた人がもう一度振り返ってくれたことも感じ取れたのが、恵比寿で「+×+×+ 荊棘 +×+×+」を歌った時。空気を変えてやろうと思っていたわけではないけど、何をしゃべろうと思って会場を見渡したんです。この曲の作詞は自分でしていて、その内容は歌いたくても歌えなかった、環境やチャンスに巡り会えなかったときの自分の葛藤だけではなく、そこからの展望や希望なんです。だから、音楽やライブで同じ空間を共有できることが私の中で奇跡であり、感謝なんだなってことを、その前のMCで上手に言いたかったんですけど、思いのほか言葉が出てこなくて(笑)。でも会場のみなさんは、私が言おうとしている言葉をちゃんと待っていてくれたんです。前から私を追いかけてくれてる人だったら、もう膝腰にキテる時間ですよ(笑)。だけど、私が言おうとしていることを、まっすぐ見返してくれていたので、思わず泣きそうになりましたね。
楽曲自体はもともと好きなんですけど、自分にとってすごく大事な曲になったし、次に歌うときはどう裏切ってやろうかなって目標が、歌いながらもあったんですよ。感動曲とかバラード曲って、歌い届けたりする形以外に、何かもっと違う見せ方ができるんじゃないか、そこであっと驚かせることをしたいなって、感動しながらも考えていたんですね。なので10月のライブでは、またちょっと違う見せ方ができたらいいなぁと思ってるんです。


──歌いながら、そんなところまで考えているって、すごいですね。

喜多村 だから歌詞が飛んじゃうんだけどね(笑)! 

──いつも違うことを同時進行して、効率よくやることができそうですね?

喜多村 多分、職業病なのかも! だって画面を見ながら台本も見て、数字も追って、ディレクターから言われた感情と、自分がやりたいお芝居を練り合わせたり、相手のお芝居でアドリブ的なものが飛んできたときに、それを瞬時に返せるようにしておく、みたいな作業をいつもやっているから。これ、私の強みだと書いておいてください(笑)!

──いや、一流声優だなと(笑)。

喜多村 だといいな(笑)。でも、歌詞は飛んじゃうんだけどね~。「次、こうやりたいなー、あっ!」みたいな(笑)。

画像一覧

  • これぞキタエリ節! 喜多村英梨が語る、シンフォニックメタルの世界が広がる2ndシングル「arcadia†paroniria」インタビュー!

  • これぞキタエリ節! 喜多村英梨が語る、シンフォニックメタルの世界が広がる2ndシングル「arcadia†paroniria」インタビュー!

アニメニュースの新着ニュース

夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ