「HAKUEI(PENICILLIN)の力という翼を受けて飛び越えていけるイメージ」 ミニアルバム「Revolution 【re:i】」リリース記念、喜多村英梨ロングインタビュー! 前編

アキバ総研 | 2017年03月21日 12:00
「HAKUEI(PENICILLIN)の力という翼を受けて飛び越えていけるイメージ」 ミニアルバム「Revolution 【re:i】」リリース記念、喜多村英梨ロングインタビュー! 前編

トムス・ミュージックに移籍し、2017年3月22日に第1弾のリリースとなるミニアルバム「Revolution 【re:i】」をリリースする、「キタエリ」こと、人気声優の喜多村英梨さん。これまでのキタエリを感じられつつ、新しいキタエリも感じられる。何より5曲中3曲で作詞を手がけていることからも、より彼女の表現したいことが具現化した作品とも言えるだろう。ライブを意識して制作されたという本作だが、4月2日にはプレミアムライブの開催も決定したということで、その目で耳で、そして体中で本作を体感できる日はそう遠くはない。

まずはインタビューから、喜多村さんの「思い」を感じてほしい。



──喜多村英梨さんは、これまでもアーティストとして表現活動をされてきましたが、どういうところに楽しさを感じていたのでしょうか?

 

喜多村英梨(以下、喜多村) もともと何もないところから自分を残すという作業が好きで、お芝居やアーティスト活動を通じて表現をしてきたんです。趣味だと漫画や絵を描いたりしていたんですけど、そうやって、やってみたいことを具現化できる楽しさに味をしめてこの歳までやってきたというか。だから今回のアーティスト活動も、私がやりたいことを形にするというところは変わってないんです。

 

──今回、トムス・ミュージックさんとタッグを組んで、アーティスト活動を再開することになりました。

 

喜多村 これまでやってきた活動をなかったことにするのではなく、今までの自分もありつつ、トムスさんのフィールドで、今の喜多村英梨が考えていることを実現しましょうとお話して、スタートすることになりました。

今までのキタエリ節っぽいラウドな楽曲もあれば、声優だからこその振り幅ある見せ方、ビジュアル面では、2.5次元のような作り込んだ世界観が形にできたらいいなと思って相談したら、「それでいいと思います」って。だからちゃんと喜多村英梨というものが残るというか、伝わると思います。そういう意味では、今回のミニアルバムも、これまでの自分があって、今の自分があって、皆さんがいてくださる。新しいお力を借りて堂々と「自分です!」と言えるものになったと思います。

 

──キタエリさんのイメージを具現化するのは大変そうです(笑)。

 

喜多村 MVでこういうことをやってみたいですっていうのも「具現化したら儲けもの」っていうスタンスで、言えるだけ言っておこうって相談させていただいたんですけど、言ったことが全部かなってるのが今作なので、本当にやばいです。感謝の意味も込めて、トムスさん、ごめんなさい!(笑)

画像一覧

  • 「HAKUEI(PENICILLIN)の力という翼を受けて飛び越えていけるイメージ」 ミニアルバム「Revolution 【re:i】」リリース記念、喜多村英梨ロングインタビュー! 前編

ホビーの新着ニュース

2018 冬アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ 「捏造トラップ-NTR-」キャストサイン入り台本プレゼント
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」キャストサイン入り台本プレゼント
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ