次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

アキバ総研 | 2017年08月26日 12:00
次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

2017年8月19日(土)、東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて喜多村英梨さんのワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」が開催された。9月27日(水)にリリースされるシングルより、リード曲「arcadia † paroniria(アルカディア パロニリア)」をはじめとした収録曲3曲が初披露され、早くも次回のワンマンライブ開催が発表されたライブの模様をお届けする。



怒涛の勢いで突き進むキタエリライブ!



喜多村さんといえば、3月22日(水)に音楽活動再開第1弾アイテムのミニアルバム「Revolution 【re:i】」をリリースし、4月2日(日)に東京・ESP学園東京校 12号館 club 1ne2woにてプレミアムライブ「零-rei-」を開催。完全復活を遂げたことはすでにお伝えしている(https://akiba-souken.com/article/29935/)が、あのライブから約4か月。会場には開演を待ちきれないキタエリスト(喜多村さんのファンの総称)たちが集い、今か今かとライブのスタートを待ちわびていた。そして開場と共に熱気で埋め尽くされていく会場。前回の公演よりも広い会場でのオールスタンディングライブだったが、今回も開場は満員のキタエリストで埋め尽くされた。

 

ライブがスタートすると、ステージには白い衣装に身を包んだ喜多村さんが登場。ヘッドドレスもフィンガーレスグローブも真っ白な中に、脇のストライプや背面で結ばれた腰のリボンが黒というメリハリのある衣装は、ステージ上の彼女をより輝かせて見せる。

 

喜多村さんがオープニング楽曲に選んだのは、7月26日(水)に発売された新曲「DiVE to GiG -K- AiM」。「行くよー!!」とスタートから全力で会場をあおる喜多村さんの声に、会場も応えるように拳を高く振りあげる。7月29日(土)に行われた発売記念イベントで振り付け講座も行われたこの楽曲は、振り付け動画が公開されており、事前予習もばっちりなキタエリストたちは、ステージ上の喜多村さんと同じ振りで大盛りあがり。「ジャンプ!」「咲け!」「FUWAFUWA」「ヘイヘイTIME」、さらには「捧げてください」「ハートを作る」と、これでもかと会場のテンションを上げる振りが続く楽曲は、1曲目にして会場のボルテージを一気に最高潮へと引き上げていく。

 

しかし、ライブはまだ始まったばかり。

「『KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -』へようこそ~!! 盛り上がって行こうぜ!!」とのかけ声に、会場からはそれに応えるような雄叫びが沸き起こり、これからのさらなる盛りあがりを予感させる。

 

 続いて会場が一体となった「ヘイヘイ」コールに乗せ、「メルト ~やみかわいい~」がスタート。「とがった曲にメンヘラな歌詞」をオーダーしたというこの楽曲でひとつになったあとは、「恵比寿にキタエリが、キター!!!!!」とMCコーナーへ。すし詰め状態の会場を気にかけたり、会場にセッティングされた数台のカメラ(クレーンカメラ含む)を指摘して、「映像化なるんじゃねぇのー!?」とさらに会場をあおる喜多村さん。さらに、折角映像が入っているのでと「キタエリ?」「最高ー!!」と映画の番宣のようなコール&レスポンスを行ったあとには、「30になっちゃったからさ」と先日、8月16日に迎えたばかりの誕生日でついに30歳の大台に乗ってしまったと自虐ネタで会場を笑わせる。しかし、年を重ねることはステップアップしていることの証だと言わんばかりに、「後はもうブチあがっていくだけ!!」と気合いをみせる。

 

ここでメンバー紹介が行われ、ギターのYOSHIHIROさん(from ギルド)、ベースのviviさん(from Festrump)、ドラムの“おやかた”ことshinyaさんと、前回のプレミアムライブから引き続きライブを支えてくれる面々を紹介。そして「ボーカルのキタエリです!」と自己紹介を終えると「みんなで声張り上げて行くぞー!!」と叫び、「FORTiTUDE」から「バラユリxxx」と、ノンストップのライブが続く。こちらも振り付け動画が公開されており「手扇子」「咲き」といったビジュアル系バンドのライブでは定番の振りが会場でも行われ、いわゆる「アイドル声優」とは一線を画すライブの光景が繰り広げられていく。

そんな中、「バラユリxxx」を歌い終えた喜多村さんが「これを待ってたんだよね」と、歌詞を書いた時の心境を明かす。「Please call my name」と歌詞に入れ込んだこの1曲は、「キタエリ最高!!」と会場からの声が飛んでいた。

 

さらに自身がパーソナリティーを務めるラジオ「喜多村英梨のradioキタエリ×モード」のメインテーマとなっている「K'T'E'R × M'O'D'E」の話へ。ギターのYOSHIHIROさんが作曲したと紹介した後は「今からやるから! よっしゃ行くでー!」と気合いを入れて「K'T'E'R × M'O'D'E」を披露。さらに間髪いれずに響いたイントロを聞いた場内が紫のサイリウムに染められ、一段とハードな「Revolution 【re:i】」へ。「Trust【re:i】!!」とシャウトで応えるパワフルなコール&レスポンスで会場はさらなる熱狂の渦と化していく。

 


 

「再始動の『Revolution 【re:i】』で荒ぶってみましたけど」と挟んだMCで、ここはいったん休憩タイムかと思わせきや、「『Revolution 【re:i】』の流れを汲んだシンフォニックな楽曲が続くので、私の音楽に酔いしれてください」と高まる言葉を告げる喜多村さん。あとに続いたのは、和テイストの「恋華火」だ。オレンジのサイリウムは花火に染まる夏の夜空のようで、どこか哀愁を感じさせる。しかしライブはさらに畳みかけるように「Miracle Premonition」へと続く。喜多村さんが左右へと揺らす手の動きに合わせ、会場ではさわやかなブルーのサイリウムが左右へとスイングし、彼女の「ジャンプ!」のかけ声にあわせて大きく揺れる。

そのサイリウムが作る青い海のような光景にぐっときたらしい喜多村さんだったが、マイクをスタンドへとセットすると「次の曲で、もっとぐっときちゃうんだろうなと思います」と告げる。「ここに一刻も早く立ちたかった」とライブができずにいた期間を振り返り、キタエリストたちと騒げるこの時を渇望していたことを明かす。そして1つひとつ、次のステージへと進む自身を「追いかけていなかったらもったいねぇ!」と思ってもらえるように、そして追いかけてくれるファンに感謝の気持ちを込めて「+×+×+ 荊棘 +×+×+」を披露。この日唯一ともいえるバラードを、ブルーのライトに染まった会場は耳を傾けて聞いていた。

 

軽く一礼してステージを後にする喜多村さん。バンドメンバーたちと入れ替わるように、ライブロゴに彩られた垂れ幕が消え、ステージ中央にはスクリーンが出現した。そして映し出されたのは9月27日に発売となる新曲「arcadia † paroniria」のPV映像だ。キタエリの神髄、シンフォニックメタルなサウンドを、シスターを思わせる衣装に身を包み、礼拝堂で歌う本楽曲のフルバージョンの映像がここで初解禁となったのだ。スクリーンに釘付けとなっていたキタエリストたちだったが、バンドメンバーが登場し、今しがた聞いたばかりの楽曲のイントロと同じフレーズが響く中、再び喜多村さんがステージに姿を現すと、黄色く照らし出されたステージを前に、初見とは思えない盛り上がりを見せたのだった。

さらに再びマイクをスタンドにセットし、喜多村さん初となるシャッフル曲の「TiCK TACK」も初披露、会場には手拍子がこだました。

 

「緊張したねー」と、初解禁となったPVからの新曲披露の率直な感想をこぼした後は「9月にまだまだ駆け抜けます!」と新曲発売への意気込みを語り、さらに「この曲を引っさげた、ワンマンライブが決定しました!!」と嬉しい知らせを届けてくれた。大いに沸く会場に、2017年10月28日(土)、東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて開催することを告知し、さらにライブタイトルが「Nightmare † Alive 2017」に決定していることも報告。「生きる希望できたー!?」と会場をノせたあとは、「合言葉を決める曲」とのことで、会場と相談を始める喜多村さん。やはりここは「キタエリ最高」かと話す中、会場からの「大好き!」とのリクエストの声で合言葉が決定し、再び「バラユリxxx」が披露された。「愛を叫んでね」との言葉に、会場は指でハートを作り、ありったけの愛を喜多村さんに届けたのだった。

 

DVD発売と、ワンマンライブ告知からのラストスパート

 


このライブの模様を収めたDVDの発売と、そして先程告知が行われたライブの詳細が映し出され、ありがとうの文字が浮かぶスクリーン。まだまだ満足しきれないキタエリストたちによる「キッタエリ!」コールに呼ばれて、ライブTシャツに黒のチョーカー、ベレー帽にデニムのスカートという少しラフな姿になった喜多村さんが再びステージに登場。記念撮影を行ったあとは、「初めて聞いても気持ちよくノれる王道ロックチューンになっているので、ついてきてくれますか!?」と、「arcadia † paroniria」カップリング曲の「EDEN」を披露。最後は再び「DiVE to GiG -K- AiM」を熱唱した。


そして「今日1日、ヒロインになれました。ありがとう!」と感謝の言葉を述べた後、「引き続き、皆さんの王道ヒロインの声優アーティストでいられるよう、駆け抜けて行きたいと思いますので、気が向いたらチヤホヤしてください!」と最後に会場を笑わせ、キタエリのライブは幕を下ろした。

 

9月には新曲の発売、10月にはワンマンライブと休むまもなく前進し続ける喜多村英梨さん。今後も、その活躍から目が離せない!

 

 

 

【「KiTAxERI - CARNiVAL - 2017 - re:birth -」セットリスト】

 

1.DiVE to GiG -K- AiM

2.メルト ~ や み か わ い い ~

3.メンバーコール

4.FORTiTUDE

5.バラユリxxx

6.K'T'E'R × M'O'D'E

7.Revolution 【re:i】

8.恋華火

9.Miracle Premonition

10.+×+×+ 荊棘 +×+×+

11.arcadia † paroniria

12.TiCKTACK

13.バラユリxxx

 

EN1.EDEN

EN2.DiVE to GiG -K- AiM

 

 

 

【公演情報】
■喜多村英梨ワンマンライブ「Nightmare † Alive 2017」
日時:2017年10月28日(土) 開場 16:00/開演 17:00
会場:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

 

チケット:
プレイガイド先行(抽選)
URL: http://w.pia.jp/t/kitaeri-t/

 

申込期間:9月1日(金) 11:00~9月19日(火)11:00
当落発表:9月21日(木) 18:00
入金期間:9月24日(日) 23:59まで
発券開始:10月21日(土) 10:00~

 

一般発売(先着) 9月23日(土)10:00~

 


【商品情報】
■arcadia † paroniria(初回限定盤)

 

<収録内容>
【CD】
01 「arcadia † paroniria」
02 「TiCKTACK」
03 「EDEN」(通常盤にのみ収録)

 

【DVD】(初回限定盤にのみ付属)
「arcadia † paroniria」MUSIC VIDEO・メイキング

 

価格:初回限定盤 1,800円(税別)
通常盤 1,300円(税別)

 

画像一覧

  • 次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

  • 次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

  • 次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

  • 次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

  • 次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

  • 次回ワンマンライブが早くも10月28日に決定!! 喜多村英梨ワンマンライブ「KiTAxERI ◆ CARNiVAL ◆ 2017 – re:birth -」レポート

アキバ総研15周年大感謝祭 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第2回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • アキバ総研15周年大感謝祭
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ