本日最終回放送、夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」最終回放送直前スペシャル対談! 原作者・コダマナオコ先生×ひらさわひさよし総監督と振り返る全12話!

アキバ総研 | 2017年09月20日 18:00
本日最終回放送、夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」最終回放送直前スペシャル対談! 原作者・コダマナオコ先生×ひらさわひさよし総監督と振り返る全12話!

由真と蛍。お互いにカレシを持つごく普通の女子高校生……だったはずの2人が織り成す、禁断の百合の世界を描く夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」。まさにジェットコースターのようなドラマを描き続けた本作も、本日、2017年9月20日(水)の放送で最終回を迎える。

そこで、最終回放送直前企画として、原作者・コダマナオコ先生とひらさわひさよし総監督に、アニメ版「捏造トラップ-NTR-」の思い出と、全話の見どころ、思い出をたっぷり語っていただいた!

 

この対談を読んで、衝撃のクライマックスの心の準備をしておこう!



こだわりはやはり「おっぱい」!?

 

──本日は、アニメ「捏造トラップ」最終話放送直前企画として、ひらさわ総監督と原作者のコダマナオコさんに、アニメ版「捏造トラップ」を試聴しながら一挙に振り返っていただきたいと思います。本題に入る前に、まずはコダマ先生に本作がいかにして生まれたのかをうかがいたいと思います。

 

コダマナオコ(以下、コダマ) 最初は打ち合わせの時に、「既婚者同士の百合はどうでしょう?」と私のほうから提案したんです。でも既婚者同士だと年齢が高くなって、若い読者さんに共感してもらえないだろうということで、高校生に年齢を落とした感じです。

 

──既婚者同士だと、より後には戻れない感じがありますね。

 

コダマ そうですね(笑)。よりドロドロした内容になっていたと思います。

 

ひらさわひさよし(以下、ひらさわ) あははは(笑)。

 

──そんな本作がアニメになる、という話がコダマ先生のところにきたのが、コミックス3巻のリリース時だったそうですね。

 

コダマ はい。3巻の発売時に決まったんです。最初は言葉としては理解できるけど実感がわきませんでしたね。そこから打ち合わせに出たり、声優さんが決まったりとしていくうちに「本当なんだ。どうしよう」と思い始めました。総監督にお会いしたのは、まだ何も決まっていない最初の打ち合わせに参加させていただいた時だったと思います。

 

──お互いのファーストインプレッションはいかがでしたか?

 

コダマ 初対面だったんですが、総監督がいろいろとしゃべって場をなごませてくれたので助かりました。私が人見知りなので、そんなにいっぱいしゃべれないんです。

 

ひらさわ 僕がもともとおしゃべりだから、というのもあるんですけど、やはり先生もいろいろな意味で不安だったと思うんですよ。大切なわが子のような原作を託すのは、果たしてどんな相手なのかなと。我々も有名な会社ではないですし、僕も著名なクリエーターではないですから、「がんばります」というのをアピールしようと思ってました。

 

コダマ(笑)。

 

ひらさわ 必死でした!

 

コダマ そこまで考えてくださっていたんですね。こっちは「わあ、いっぱいしゃべってくれる方だ」と思っていました(笑)。

 

ひらさわ いえいえ(笑)。おそらく、原作者の皆さんもご自身の作品がアニメ化されることはめちゃくちゃ多いわけではないと思います。だからこそ、ご納得いただける作品作りをしないといけない。そのためには、お互いの意思の疎通が遠慮なくできたほうが作りやすいという側面があると思います。「この人たちは原作をわかってない」と思われないように、いつも必死です。

その中で、いろんな話をさせていただけましたので、僕としては一緒に楽しくやらせていただけるのではと思いました。

 

コダマ 私もです。アフレコ現場にも行かせていただいて、和気あいあいとしていてすごく楽しい現場でした。

 

コダマナオコ先生(手前)と、ひらさわひさよし総監督


 

──コダマ先生は、自分の作品が他人の手によって映像化される、別の作品となることに対して不安はありませんでしたか?

 

コダマ う~ん、どうなるんだろうとは思っていましたが、基本的にはいち視聴者として楽しみにしていました。ただ、最後のほうはアニメオリジナルの展開になると思いますので、そこは私がプロットを書かせていただきました。そのほかは、原作に忠実に映像化してくださっているので、原作者としては「もっとこうしてください!」というのはありませんでした。

 

──自分の作品がテレビで流れているのを見た感想はいかがでしたか?

 

コダマ 不思議な感覚でした。自分の作品なんだけど、自分が描いたものではない。「ここは面白いな」とか客観的に観てました。自分の作品を客観的に見るというのは、初めての経験でしたね。そして、やっぱりサービスシーンは大事だなと思いました(笑)。

 

ひらさわ そういったシーンは、特に力を入れてアニメ化させていただきました。

 

──印象に残っているアニメのシーンはありますか?

 

コダマ 4話の最後、蛍と由真がおっぱいを押し付けあうシーンですね。あれはいいおっぱいでした(笑)。

 

 

──やはりおっぱい描写にはこだわりがあるんですね。

 

コダマ そうですね。おっぱいを描くのが好きなので。

 

ひらさわ 絵を描く方っていろんなフェチズムをお持ちだと思うんですね。それを想像するのが好きで、いろんな作品を読みながら「この先生はおっぱいが好きのか」、「腰つきが好きなのか」と想像しています。その中で、コダマ先生はおっぱいなんだなと思いまして。

 

コダマ おっしゃるとおりです。

 

ひらさわ そう思いましたので、最初にお会いした時に「先生はおっぱいですよね!」と言ってしまいました(笑)。「おっぱいがんばります」と言った記憶があります。

 

コダマ 確かに、おっぱいの表現について語り合った気がしますね。でもそこは大事なので、「いいおっぱいでよろしくお願いいたします」とお願いしました。

 

ひらさわ おっぱいひとつをとっても、影の入れ方とか、光の当て方、いろんな表現方法があると思いますが、コダマ先生の場合は影の表現がポイントですね。そこにあまりハイライトを当てすぎるとちょっと硬いイメージのおっぱいになりますので、手触りのよさそうな質感を出せるように、スタッフみんなでがんばって描いています。

画像一覧

  • 本日最終回放送、夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」最終回放送直前スペシャル対談! 原作者・コダマナオコ先生×ひらさわひさよし総監督と振り返る全12話!

  • 本日最終回放送、夏アニメ「捏造トラップ-NTR-」最終回放送直前スペシャル対談! 原作者・コダマナオコ先生×ひらさわひさよし総監督と振り返る全12話!

関連作品

捏造トラップ-NTR-

捏造トラップ-NTR-

放送日: 2017年7月5日~2017年9月20日   制作会社: Creators in Pack
キャスト: 加隈亜衣、五十嵐裕美、小野大輔、逢坂良太
(C) コダマナオコ/一迅社・捏造トラップ製作委員会

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章」特集 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章」特集
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ