アニメ映画「モアナと伝説の海」、日本版エンドソングを加藤ミリヤさんが歌う! CDは3月1日発売

アキバ総研 | 2017年01月26日 04:00
アニメ映画「モアナと伝説の海」、日本版エンドソングを加藤ミリヤさんが歌う! CDは3月1日発売

2017年3月10日公開のアニメ映画「モアナと伝説の海」より、日本版エンドソングを加藤ミリヤさんが担当することが発表された。



「モアナと伝説の海」は、「アナと雪の女王」「ズートピア」が歴史的大ヒットを記録したことも記憶に新しいディズニー・アニメーションの最新作。幼いころのある体験を機に海と運命的な絆で結ばれ、いつしか"海に愛される"という特別なチカラを持つようになった16歳の少女・モアナが大海原で繰り広げる冒険の物語だ。監督を「リトル・マーメイド」「アラジン」といった名作を手がけたロン・クレメンツとジョン・マスカーの巨匠ゴールデンコンビが務めることでも話題となっている。
アニメ映画「モアナと伝説の海」、2017年3月公開! ディズニーの新ヒロインは"海に選ばれた少女"


今回、本作のエンドソング「どこまでも~How Far I’ll Go~(エンドソング)」をシンガーソングライターの加藤ミリヤさんが担当することが明らかとなった。
加藤ミリヤさんは主人公モアナの心情を描いた本曲にこめた思いについて「“私は、モアナだ”と思いながらレコーディングしました。彼女には自分の世界を広げたいという強い思いがある。私の歌でモアナの意思や気持ちの強さが伝わるような歌になったらいいなと思いました」と語った。
またモアナについても「“自分が決めたことを信じる“というメッセージは私が普段書いている曲の中でも表現しているので、すごく共感しました。モアナと同じ16才くらいの時って、『自分でなんとかしなきゃいけない』となんとなく思っていたのですが、この映画ではたくさんの人が助けてくれたり、見守ってくれている人々の存在のパワーって、すごく大きいなと思いました」と熱く語っている。

加藤ミリヤさんの起用理由について、ディズニーの担当者によると「本作のエンドソング“どこまでも ~How Far I’ll Go~(エンドソング)”は 16才のモアナの葛藤や一歩踏み出す勇気を描いていますが、劇中でモアナが歌い上げる“どこまでも ~How Far I’ll Go~”とはアレンジが異なり、映画を観終わった人たちが作品を思い返しながら聴く、エンドロールでかかる曲です。現代の女性の等身大の歌詞を歌い続けられてきた加藤ミリヤさんなら、きっとモアナの心の葛藤を素晴らしい歌声で日本中に届けて頂けると思いました」とのこと。
あわせてCDの発売情報も公開されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。



【商品情報】
■「どこまでも ~ How Far I’ll Go~」(CD)
・発売日:2017年3月1日(水)
・価格:1,574円(税別)/初回限定盤(CD+DVD)、1,204円(税別)/通常盤


〈収録曲〉

1. どこまでも ~ How Far I’ll Go~
2. I AM
3. HEART BEAT -SAMBA O Rei REMIX-

画像一覧

  • アニメ映画「モアナと伝説の海」、日本版エンドソングを加藤ミリヤさんが歌う! CDは3月1日発売

関連作品

モアナと伝説の海

モアナと伝説の海

上映開始日: 2017年3月10日
(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

アニメニュースの新着ニュース

2017 春アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ 春アニメ・レビュー投稿キャンペーン 「宇宙戦艦ヤマト2202」プレゼントキャンペーン
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 春アニメ・レビュー投稿キャンペーン
  • 「宇宙戦艦ヤマト2202」プレゼントキャンペーン
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ