ASTRO BOY 鉄腕アトム

テレビアニメ
開始時期:
2003年春
放送日:
2003年4月6日~2004年3月28日
制作会社:
-
ジャンル:
SF
声優:
津村まこと、丸山美紀、勝田久、大和田伸也、檜山修之、佐藤ゆうこ、くまいもとこ千葉進歩矢尾一樹、川瀬晶子、富田耕生、田中秀幸
スタッフ:
監督:小中和哉、シナリオ:長谷川圭一/太田愛/小中千昭/村井さだゆき/小林弘利/古怒田健志/ヒッキー&マッコイ/ラリービスコフ、ストーリーエディター:マークハンドラー/ジョーダンブローシャ、アニメーションディレクター:望月敬一郎、キャラクターデザイン・総作画監督:瀬谷新二、メカニックデザイン:荒牧伸志/高倉武史、美術監督:加藤ひろし、撮影監督:高橋宏固/野口肇、音響監督:三間雅文、色彩設定:岡野強、音楽:吉松隆

アトムは、お茶の水博士のもとで、人間と同じように学び、、ハーレー、プルートゥ、青騎士ら、さまざまなロボットや、人間達との出会いを通じて成長していく。そして卓越した能力を駆使して、さまざまな犯罪を解決し、人々を救い、やがてヒーローになっていく。しかし、アトムは天才科学者天馬が作った、人間の記憶を持つロボットアトラスとの戦いの最中、自分の出生の秘密を知ることになる。アトムは実は、亡くなった息子トビオの代わりにと、天馬博士が作り出したロボットだったのだ。よみがえる記憶の中で、自分が父親と言うべき天馬博士に捨てられたことを知る。その事実は、アトムの心に深い悲しみをもたらす。天馬博士は、一度は捨てたアトムに歪んだ愛情を注ぎ、アトムの能力を引き出すことを目的に、次々と強力なロボットを送りだし、対決させるのだった。人間とロボットの対立・・・。さまざまな思惑の渦巻く中で、アトムの望みはただ一つ、ロボットと人間が友達でいられる世界を創ることだった。

満足度3.00
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • neko

    3.0アトムや御茶の水博士が大好きでした

    なんといってもキャラクターが可愛いです。アトムや御茶の水博士が大好きでした。話も好きで面白かったです。きっとずっと人々の思い出に残っていくと思います。何度でも見たくなってしまうアニメではないかなと思います。

    neko 2014-08-09 13:40:33 コメント(0) いいね(0)

関連ニュース

アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩!

アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩! 2016-09-02

アニメ・ゲーム業界の第一線で活躍するクリエイターたちにインタビューを行い、仕事の流儀や素顔に迫っていく本連載。第5回は美術監督で、株式会社ととにゃん取締役の加藤浩さんにインタビューを敢行。「ああっ... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:手塚治虫 制作国 日本
公式サイト http://www.fujitv.co.jp/b_hp/atom/