富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

2019年08月15日 15:380
富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

「バンドリ!」発のリアルバンド・Roseliaの単独ライブ「Flamme/Wasser」が2019年8月3日・4日、山梨県富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催された。今回は初日の“Flamme”、ドイツ語で炎を冠したライブをレポートする。

Roseliaは、アニメ「BanG Dream!」シリーズや、スマートフォン向けゲームゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)」に登場するバンドのひとつ。ゴシックな世界観が魅力的な実力派バンドであり、各キャラクターの声を担当する声優自身がリアルバンドとしても活動している。メンバーは湊友希那役の相羽あいなさん(Vo.)、氷川紗夜役の工藤晴香さん(Gt.)、今井リサ役の中島由貴さん(Ba.)、宇田川あこ役の櫻川めぐさん(Dr.)、白金燐子役の志崎樺音さん(Key.)。

 

今回のライブはRoseliaにとって初の野外ライブだ。コニファーフォレストは遊園地・富士急ハイランドに隣接しており、その名の通り周囲を木々に囲まれた広大なイベントスペース。ステージ側からは、天候が良ければ富士山を望むことができる。

 

さてRoselia初の大規模野外ライブは、晴天に恵まれた。さんさんと陽が降りそそぐ中での開催となったが、それでも東京の酷暑に比べれば、富士の裾野の木々を抜ける風はさわやかだ。開演が17時ということもあり、夏らしい陽光の下から黄昏時、そして夜の帳が下りてからと、野外ならではのシチュエーションの変化を堪能できるライブとなった。

 

相羽あいなさん

 

Flamme=炎をイメージしたあおりVTRと共にメンバーがステージに登場。「ONENESS」でライブはスタートし、ステージ前方からは真っ赤な炎が吹き上がる。スクリーンを見ると担当パートを歌う中島さんの姿がかがり火越しにゆらめいていて、やはり炎の赤は今井リサによく映える。

 

中島由貴さん

 

続いては中島さんのテクニカルなベースの導きから「R」へ。この曲は相羽さんの高く伸びる“We are”の突き抜けるような最高音が印象的だが、今日は叫ぶような情熱に満たされているように感じた。友希那とRoseliaといえばスタンドマイクにもあしらわれた蒼き薔薇がトレードマークだが、この日の相羽さんは紅と蒼の薔薇を髪飾りとしてあしらっている。

 

工藤晴香さん

 

最初の2曲を駆け抜けるとメンバー紹介。工藤さんは「今日は炎のライブだから」と話すと、志崎さんたちと共に水分をしっかり取って、体調に気をつけてライブを楽しむことを呼びかけた。

 

志崎樺音さん

 

「BRAVE JEWEL」ではスクリーンにRoseliaのキャラクターたちによるMVが映し出されたが、砂漠を背景にした映像が現実の野外という環境にぴったりくる、中島さんと工藤さんが近づいてベースとギターのセッションプレイを見せたのだが、その帰り道に中島さんが後ろを振り向いてキーボードの志崎さんとも視線をかわす。志崎さんも笑顔でそれに応えるのが気持ちの余裕と絆の深まりを感じさせた。

 

櫻川めぐさん

 

ここで客席とのコール&レスポンスが行なわれたのだが、その最中に櫻川さんが雲の向こうに富士山が見えることに気づくミラクルが。そのタイミングのよさと、すかさずパーンと言葉にする感じは宇田川あこそのものだ。お天気次第の偶発的な流れだったが、「富士山を驚かせちゃいましょ」と次の曲にきれいにつないでいく相羽さんのMCはさすがの一言だ。「LOUDER」は会場の熱量と盛り上がりが富士に届けとばかりの熱いパフォーマンス。ラストの相羽さん、中島さん、工藤さんが集まってリズムに合わせて身体を揺らすトライアングルのグルーブ感がよかった。

 

ここからは「私たちのプライドとリスペクトを込めて」(相羽さん)カバーコーナーへ。炎のライブにふさわしく「ETERNAL BLAZE」でスタート。客席を包む蒼とオレンジの光は“Flamme/Wasser”のライブタイトルを想起させた。次に「残酷な天使のテーゼ」を持ってきたのは、コラボアトラクション「EVANGELION: WORLD」を常設している富士急を意識してだろうか。志崎さんの厚みのあるピアノにバンドサウンドが重なっていくのが心地よい。そろそろ日没が近く、会場に涼しい風が吹き抜けはじめる。

 

カバーコーナーの締めは、初挑戦の「This game」を披露。夏の日が稜線に消えゆく黄昏時にとてもよく似合う楽曲だ。印象的なイントロでこの曲であることがわかると、会場から喜びの声が起こった。スクリーンではチェス盤の格子模様の上で、Roseliaのロゴとメンバーイラストを記したカードが回る演出が印象的だ。この曲では相羽さんが力強くソウルフルな歌唱や、終盤のたたみかけでのめいっぱいアクセルを踏む感じに新しい魅力を感じた。

 

Roseliaといえば、本格的なステージパフォーマンスと、ステージ間をつなぐバラエティ映像の突き抜けた面白さのギャップも魅力にひとつだ。今回はRoseliaメンバーがライブ会場を下見した後、富士急ハイランドで遊ぶ映像を披露。もちろん、ただ遊んで終わるはずがない。今回の遊びは定番企画「Roselia キャラ設定をくずしちゃいけない!! 富士急ハイランド編」、通称「キャラくず」だ。Roseliaメンバーのキャラになりきったまま富士急ハイランドで遊び、素に戻ってしまったり、キャラクターらしくない言動行動を見せれば減点となる。優勝者には商品、最下位には罰ゲームとあって、5人の士気は高い。映像では中島さんと志崎さんが企画を忘れて楽しく遊んでしまって減点されたり、「EVANGELION: WORLD」を訪れた工藤さんが「エヴァ」大好きな一面を見せたりと、富士急ハイランドならではの展開が繰り広げられた。

 

 

映像が明けると、5人はライブメインビジュアルにも描かれた純白の夏らしい衣装でステージに登場。新曲「FIRE BIRD」で後半戦をスタートした。「熱色スターマイン」のフレーズ「頂点へ狂い咲け!」と対になるような「羽ばたこう、頂点の夢へと!」のフレーズがとても印象的で、一瞬の濃密な沈黙の中を相羽さんの叫びが満たしていった。初披露となった楽曲だが、櫻川さんが後のMCで「『FIRE BIRD』できた! ひそかに練習していたんだよ」と嬉しそうに、誇らしそうに話していたのが印象に残った。

  

 

「Safe and Sound」は、相羽さんの高らかで澄んだ「la la la…」の歌声に観客も合唱。この一体感と純白の新衣装がよくあっていた。「Neo-Aspect」ではステージを包むライトが七色に色合いを変えてスクリーンとシンクロする演出が印象的。会場がステージに応えて果てなく続く「Wow wow」の叫び声が、木々の間にこだましていた。

 

 

「Ringing Bloom」は白金燐子のイメージが強い楽曲。志崎さんが「心を込めて弾きます」と宣言すると、真っ白なスポットライトが演奏する彼女の姿をステージに浮かび上がらせる。ダイナミックに奏でる志崎さんに相羽さんが寄り添って一緒に楽曲を奏でている様子が印象的だった。

 

 

ラストナンバーは「陽だまりロードナイト」。既に太陽は稜線の向こうに沈んでいるが、かわりに会場いっぱいに広がる赤いライトの光がステージを優しく照らし出した。ステージ上のボックスに腰かけて歌うフロント3人の間には優しい空気が流れる。この曲の主役はやはりリサで、中島さんが奏でるベースの旋律が小気味よい。相羽さんと中島さんが寄り添いながら浮かべた眩しい笑顔が、楽曲の歌詞の世界のリサと友希那に重なるようだった。

 

 

アンコール中は、「キャラくず」第一夜の後編映像を上映。絵馬に願い事を書いたり、ゲームを楽しんだりする中で中の人とキャラクターの境界をさまよう5人の姿を楽しむことができた。なお、2日目は「戦慄絶叫編」として、5人がいよいよ絶叫マシンに挑戦するようだ。

 

 

アンコールでは、5人がライブTシャツをまとって再登場。アンコール1曲目は原点にして頂点、「BLACK SHOUT」。こんなにベースの存在感が強い楽曲だったかと感じるほど新鮮な入りだ。演奏後、イントロのギターに関して工藤さんが再挑戦したいと志願すると(音量を絞ってしまっていたとのこと)、メンバーも一緒にイントロの音を合わせる。会場には工藤さんを応援する一面のターコイズブルーの光が広がった。

 

そしてアンコールの2曲目、「熱色スターマイン」は相羽さんの「今日の最後の思い出に、みんなで一緒にきれいな花火を見ましょう。そして、来年もきっと」の言葉と祈りと共にはじまった。クライマックスの「頂点へ、狂い咲け!」のフレーズと共に、ステージの背後に花火の光の柱が立ち登った時の興奮を、今日のライブに参加したバンドリーマーたちは忘れることはないだろう。熱狂と共に、次々と打ちあがる花火=スターマイン。それは真夏の野外ならではの特別な光景だった。

 

 

燃え盛ったライブの名残を惜しむように空に咲き誇った花火の中心となった色は赤色。初日の「キャラくず」で優勝した今井リサ=中島さんへの粋なプレゼントだった。

 

(取材・文/中里キリ、撮影/畑聡、新妻和久)

 

【セットリスト】

M01:ONENESS

M02:R

M03:BRAVE JEWEL

M04:LOUDER

M05:ETERNAL BLAZE

M06:残酷な天使のテーゼ

M07:This game

M08:FIRE BIRD

M09:Safe and Sound

M10:Neo-Aspect

M11:Ringing Bloom

M12:陽だまりロードナイト

-encore-

EN1:BLACK SHOUT

EN2:熱色スターマイン

画像一覧

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

  • 富士の裾野に咲き誇るスターマイン! 「BanG Dream!」Roselia初の単独野外ライブ、DAY1“Flamme”ライブレポート!

関連作品

BanG Dream!

BanG Dream!

放送日: 2017年1月21日~2017年4月22日   制作会社: ISSEN/ジーベック
キャスト: 愛美、大塚紗英、西本りみ、大橋彩香、伊藤彩沙、小山茉美、儀武ゆう子、尾崎由香、三森すずこ
(C) BanG Dream! Project

BanG Dream! 2nd Season

BanG Dream! 2nd Season

放送日: 2019年1月3日~2019年3月28日   制作会社: サンジゲン
キャスト: 愛美、大塚紗英、西本りみ、大橋彩香、伊藤彩沙、佐倉綾音、前島亜美、相羽あいな、伊藤美来
(C) BanG Dream! Project

BanG Dream! 3rd Season

BanG Dream! 3rd Season

放送日: 2020年1月~
(C) BanG Dream! Project

BanG Dream! ガルパ☆ピコ

BanG Dream! ガルパ☆ピコ

放送日: 2018年7月6日~   制作会社: DMM.futureworks/ダブトゥーンスタジオ/サンジゲン
キャスト: 愛美、大塚紗英、西本りみ、大橋彩香、伊藤彩沙、相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、明坂聡美、佐倉綾音、三澤紗千香、加藤英美里、日笠陽子、金元寿子、伊藤美来、田所あずさ、吉田有里、豊田萌絵、黒沢ともよ、前島亜美、小澤亜李、上坂すみれ、中上育実、秦佐和子、洲崎綾、尾崎由香
(C) BanG Dream! Project

劇場版 BanG Dream! FILM LIVE

劇場版 BanG Dream! FILM LIVE

上映開始日: 2019年9月13日   制作会社: サンジゲン
キャスト: 愛美、大塚紗英、西本りみ、大橋彩香、伊藤彩沙、佐倉綾音、三澤紗千香、加藤英美里、日笠陽子、金元寿子、前島亜美、小澤亜李、上坂すみれ、中上育実、秦佐和子、相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、志崎樺音、伊藤美来、田所あずさ、吉田有里、豊田萌絵、黒沢ともよ
(C) BanG Dream! Project ©BanG Dream! FILM LIVE Project

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。