【インタビュー】アーティストとしての自我に目覚め責任を背負っての1stシングル、立花理香「カラフルパサージュ」

2019年02月13日 12:000
【インタビュー】アーティストとしての自我に目覚め責任を背負っての1stシングル、立花理香「カラフルパサージュ」

2018年2月のデビューから2枚のミニアルバムを経て、声優・立花理香さんが1stシングル「カラフルパサージュ」をリリース。取材陣が部屋に入るや否や「まあまあどうぞどうぞ!」と笑顔全開で椅子を勧めてくる立花さんの明るさと気遣いに「ファンの方がハマるのも当然だ……」と納得しつつ、本作、そして開催間近の2ndライブについてのお話を聞かせていただいた。

満を持して逆に緊張!?のファーストシングル


── このところミニアルバムでアーティストデビューする声優さんが増えている印象です。立花さんもそうでしたので、シングルとしては今回が「ファーストシングル」ですね。

立花 わたしも「シングルを出して次にアルバム」というのがデビューからの流れというイメージが強かったんですけど、先にミニアルバムを2枚も出させていただけて。おかげでその2枚12曲でのいろんな挑戦を通して、わたしの中に歌うことや曲を作ることについての自我のようなものが芽生えてきたと思います。そのタイミングで1stシングルというお話をいただいたので、「試されてる……」みたいな感じもありましたよね(笑)。

── 立花理香としての音楽活動についての自我、ですか。

立花 わたしにとって6曲入りミニアルバム2枚の制作は千本ノックくらいの感覚だったんですよ。もともと歌に自信がなくて、学校の音楽の時間の歌のテストとかも「拒否!」で生きてきたので。

── あれって拒否できるものなんですか?

立花 裏技で(笑)。テストのときにピアノ伴奏の役に立候補するんです。すると授業時間のうちにテストが終わらなくて「じゃあ立花さんは休み時間に音楽準備室で歌ってくれる?」となってみんなの前では歌わずに済むという感じでした。ミニアルバム2作は、そうやって人前ではなるべく歌わないように生きてきたわたしがキャラクターとしてでなく自分自身としていきなり6曲か!という挑戦でもあって。でもその挑戦を通して歌や曲作りの楽しさを知ったり、やるしかないとぶつかっていた状態から、こうしてみたいという気持ちも生まれてきたり……。そうしてわたしの音楽活動というものについてわたし自身の向き合い方が見えてきた今だからこそ、ここで1stシングルって逆に緊張する!というのがありました。

── しかも今回はTVアニメ「雨色ココアsideG」OP主題歌というテーマがあるうえでの曲ですから、テーマや世界観をみずから設定してきたこれまでとはまた別の、新しい挑戦になります。

立花 ミニアルバムではこの曲はこうしたいなという自分のやりたいことややってみたいことをいろいろやらせていただきました。でも今度は作品のための曲だから作品に合う曲を作りたいという……責任感? うん、責任感! そこがこれまでといちばん違ったかもしれないです。プレッシャーみたいなものもありましたね。

── その代わりその責任を背負う曲ならではのご褒美もありますよね。放送開始された「雨色ココアsideG」でご自身が歌う「カラフルパサージュ」が流れたときはどんなご気分でしたか?

立花 わたしは今までキャラソンでもOP/EDになったことはなかったので、アニメのオープニングで自分の歌が流れるのって本当に初体験だったんです! 最初見たときは「うぉー! わたし! これわたし!」って感動しましたね。映像もすごくきれいに作ってくださっていて。ちゃんと作品の世界に寄り添う曲にできたなあって安心できたのは、オープニングで映像と曲が合わさっているのを見たときでした。

画像一覧

  • 【インタビュー】アーティストとしての自我に目覚め責任を背負っての1stシングル、立花理香「カラフルパサージュ」

関連作品

雨色ココアsideG

雨色ココアsideG

放送日: 2019年1月8日~   制作会社: EMTスクエアード
キャスト: 松井恵理子、花井美春、山田麻莉奈、小見川千明、大森日雅、原奈津子、鈴木愛奈、堀川りょう
(C) IAM電子出版/チームSIDE G All Rights Reserved.

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!