「ジョジョ」と「ゾンビランドサガ」を抑えて頂点に立ったのは、あの作品!「どれが面白かった? 2018秋アニメ人気投票」結果発表

2019年01月07日 17:400
「ジョジョ」と「ゾンビランドサガ」を抑えて頂点に立ったのは、あの作品!「どれが面白かった? 2018秋アニメ人気投票」結果発表

アキバ総研にて2018年12月19日~2019年1月4日まで実施していた、公式投票企画「どれが面白かった? 2018秋アニメ人気投票」が終了しました。42,749票が投じられた、今回の投票結果をチェックしてみましょう。
どれが面白かった?2018秋アニメ人気投票

■「どれが面白かった? 2018秋アニメ人気投票」結果発表
1位「やがて君になる」7,568票
2位「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」6,069票
3位「ゾンビランドサガ」5,455票
4位「ゴールデンカムイ(第2期)」3,777票
5位「寄宿学校のジュリエット」3,442票
6位「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」2,231票
7位「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」1,604票
8位「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」1,581票
9位「風が強く吹いている」1,393票
10位「うちのメイドがウザすぎる!」1,318票

1位は、人に恋する気持ちがわからない悩みを抱える小糸侑と、誰に告白されても相手のことを好きになれない七海燈子のふたりの少女の恋模様を描いた「やがて君になる」(7,568票)。「好き」という気持ち(感情)との付き合い方にとまどう侑と燈子が交流を深めていくなかで互いに影響を与えあい、自分の中の「好き」を確立していく心の機微を、美しいビジュアルと繊細な劇伴(BGM)、計算されつくしたストーリーテリングで見事に表現した作品性の高さが話題に。目の肥えた「百合」ファンはもちろん、普段「百合」作品を見ないという方からも多くの票を集めました。
今回の人気投票でも、序盤は「ゾンビランドサガ」に次ぐ2位をキープしながらジワジワとその差を詰め、中間発表直前には120票の僅差で首位に。その後は抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げつつも、最終的には2位と1,499票の大差をつけて王座に輝きました。

2位は、原作を限りなく忠実に再現し、ファンから絶大な信頼と圧倒的な支持を得ているアニメ版「ジョジョ」シリーズの最新作「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」(6,069票)がランクイン。原作のPart5「黄金の風」をアニメ化した今回の4thシーズンでは、諏訪部順一さん演じるアバッキオの「お茶でも飲んで…話でもしようや……」や、中村悠一さん演じるブチャラティの「俺のチームに入らないか? パンナコッタ・フーゴ。お前の知性と知識が欲しい」(こちらはTVアニメオリジナルですが…)といった名シーンの映像化に、胸を熱くしたファンも多いのではないでしょうか。
今回の人気投票では、序盤から中盤にかけて「やがて君になる」と「ゾンビランドサガ」に続く3位でしたが、終盤には「ゾンビランドサガ」を抜いて2位にランクアップ! 「ジョジョ」ファンの層の厚さを再確認する結果となりました。

3位は、ゾンビとして生き返った少女たちが佐賀県を救うためにご当地アイドル・フランシュシュとして活動する様子を描いた「ゾンビランドサガ」(5,455票)。ぶっ飛んだ設定を採用しているものの、ヒロインたちの過去を丁寧に掘り下げつつ、団結していくというアイドルアニメらしい王道な成長ストーリーに、テンポのいいギャグ、フランシュシュのプロデューサー・巽幸太郎役の宮野真守さんの好演技、さらにはデスメタルからラップ、アイドル曲までを網羅したバリエーション豊かな劇中歌など、アニメを構成する要素が高いレベルで噛み合っており、多くのアニメファンから高い支持を得ました。
今回の人気投票では、序盤は1位を独走する人気でしたが、中盤に「やがて君になる」に1位を譲り、終盤には「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」に抜かれて3位という結果に落ち着きました。

今回の人気投票の1位~3位は、ノリと勢いが持ち味の「ゾンビランドサガ」が序盤を盛り上げ、普段「百合」作品を観ない層も巻き込んでジワジワと評価を上げてきた「やがて君になる」が中盤以降を牽引。そして原作ファンを中心に、安定した人気を誇る「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」が両作品の間にランクインするという、作品ごとの特徴があらわれた結果となりました。

4~5位には、明治時代末期の北海道を舞台に、アイヌの埋蔵金を狙う元陸軍兵・杉元佐一と、アイヌの少女・アシ(リ)パの冒険を描いた「ゴールデンカムイ(第2期)」(3,777票)と、敵対する東和国とウェスト公国という2つの国家を舞台に、東和国の少年・犬塚露壬雄とウェスト公国の少女・ジュリエット・ペルシアの恋愛模様を描いた「寄宿学校のジュリエット」(3,442票)がランクイン。どちらも人気コミックのアニメ化ということで、原作ファンからアニメファンまで、幅広い層から票を集めました。

そして6位~10位は、後半一気に票を伸ばした「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」(2,231票)や、「野郎ラーメン」とのコラボが話題となった「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(1,604票)、アニメ映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」をモチーフにした「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(1,581票)、 箱根駅伝に挑む大学生たちの青春を描いた「風が強く吹いている」(1,393票)、ロシア人の血を引く小学生・高梨ミーシャと、筋金入りの幼女好きで元自衛官の家政婦・鴨居つばめの交流(?)を描いた「うちのメイドがウザすぎる!」(1,318票)と、オリジナルにラノベ・小説原作、アニメ映画など、バラエティー豊かな作品がランクインしています。

11位以下については、投票ページにてご確認ください。

画像一覧

  • 「ジョジョ」と「ゾンビランドサガ」を抑えて頂点に立ったのは、あの作品!「どれが面白かった? 2018秋アニメ人気投票」結果発表

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事