【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

アキバ総研 | 2016年04月03日 11:00
【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

2016年春放送予定のアニメは60本以上。作品一覧ページをスクロールするだけで日が暮れてしまうほどの大ボリュームだ。そこで今回はエイプリルフールの嘘ニュースを読み過ぎて現実と空想の狭間に迷い込んだアニメライターが、春アニメの注目作をセレクション!

ノイタミナのオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」、人気ファンタジーの外伝「マギ シンドバッドの冒険」、青春バイクコメディ「ばくおん!!」、分割2クールが発表済みの「文豪ストレイドッグス」、食とクラブカルチャーをミックスした「とんかつDJアゲ太郎」の5作品をピックアップした。


甲鉄城のカバネリ

2016年春のノイタミナ最新作は、生ける屍・カバネに立ち向かう人類を描いたサバイバルアクション。カバネは心臓を撃ち抜かない限り決して死なず、噛まれた者も感染するというゾンビに似た性質を持つ。物語の舞台は蒸気機関が発達した島国・日ノ本。戦国時代のまま産業革命を迎えたような世界観が鮮烈で、和のテイストを盛り込んだスチームパンクに期待がふくらんでいく。

3月には「甲鉄城のカバネリ 序章」が1週間限定で先行上映され、血と蒸気にまみれたハードな展開が絶賛された本作。ノイタミナがTVアニメの先行上映をしたのは10年以上の歴史の中でも今回が初めて。作品に賭ける意気込みがひしひしと伝わってくる。監督は荒木哲郎、音楽は澤野弘之、アニメーション制作はWIT STUDIOが担当。「進撃の巨人」を手がけたスタッフによるオリジナルアニメをお見逃しなく!



マギ シンドバッドの冒険

冒険ファンタジー「マギ」シリーズの外伝がアニメイズムに登場。七海の覇王として君臨するシンドバッドの少年時代を描く。本編の30年前からスタートする前日譚でありながら、キャストを続投したのがポイントだ。主演の小野大輔をはじめ、豪華声優陣がキャラクターたちの若かりし頃を熱演する。なかには本編とまったく性格が異なるキャラもおり、難しい役柄をどう演じきるのか注目したい。

テレビアニメ版は原作コミックスのOADを再構成し、新作を交えて全13話のエピソードをつむいでいく。OADの好評からテレビアニメ化が決定しただけに、そのクオリティは折り紙付き。先日開催された「AnimeJapan 2016」ではサプライズで朗読劇が披露されるなど、声優陣も気合いが入っているようだ。OADのテンションをそのままに1クールを突き進んでいく。



ばくおん!!

「ヤングチャンピオン烈」連載の学園バイクコメディー。自転車通学を諦めてバイク免許に挑む佐倉羽音や、ライダースーツからこぼれそうな巨乳の鈴乃木凜など、個性豊かなバイク部の女子高生がよりどりみどり。そんな彼女たちに目が惹かれてしまうが、バイクにも尋常ならざる情熱が注ぎ込まれている。

バイクはもちろんヘルメットまでメーカーと協力し、実機と同じデザインを採用。さらに車種ごとに実機の音まで収録したというこだわりっぷり。オンエアに先駆けて、映画館で爆音上映会を開催したほどだ。監督は「true tears」「グラスリップ」の西村純二、制作はトムス・エンタテインメントが行う。「弱虫ペダル」の大ヒットが記憶に新しいチャンピオン×トムスのコンビが、自転車からバイクに乗りかえて疾走する!



文豪ストレイドッグス

危険な任務を専門とする異能者集団・武装探偵社の活躍を描くバトルアクション。登場人物は実在の文豪がモチーフで、人喰い虎のせいで放浪の日々を過ごす中嶋敦、自殺マニアで美女との心中を夢見る太宰治など、本人や作品を巧みに翻訳した。彼らが持つ異能力も同様で、太宰治は人間失格、芥川龍之介は羅生門と、小説のタイトルが名付けられている。イケメンキャラクターとして描かれる文豪たちが一体どんな能力を発揮するのだろうか。

「ヤングエース」にて連載中の原作コミックスは累計250万部を突破し、アキバ総研の「2016春アニメ期待度人気投票」では大差で1位を獲得。ファンの熱い視線が注がれている。監督は五十嵐卓哉、シリーズ構成は榎戸洋司、アニメーション制作はボンズと、「桜蘭高校ホスト部」のスタッフが再集結した。アクションの充実ぶりはPVを見れば一目瞭然。あとはどこまで人気を伸ばしていくかだけだ。



とんかつDJアゲ太郎

WEBアプリ「少年ジャンプ+」にて連載中のグルメ音楽コミックをアニメ化。とんかつ屋の三代目・勝又揚太郎がとんかつとクラブの類似性に気付き、とんかつDJアゲ太郎として家業とDJの両立を目指す成長物語だ。異色の組み合わせゆえにキワモノと思われがちだが、友情・努力・勝利と「ジャンプ」三大原則が詰まった王道の展開が魅力。仲間たちの力を借りてスキルを磨き、客と豚をアゲまくるDJプレイに酔いしれてほしい。

監督は「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」や「ギャグマンガ日和」で知られるギャグアニメの名手・大地丙太郎。原作を完全再現したタッチが早くも注目を集めており、2人の太郎の邂逅が未体験のグルーヴを生み出していく。イベントではアゲ太郎そっくりというか、下半身がそのまま人の被り物が出現したことも話題に。



(文/高橋克則)

画像一覧

  • 【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

  • 【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

  • 【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

  • 【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

  • 【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2016年春アニメ注目の5作品を紹介!

関連作品

甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ

放送日: 2016年4月7日~2016年6月30日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 畠中祐、千本木彩花、内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守
(C) カバネリ製作委員会

マギ シンドバッドの冒険

マギ シンドバッドの冒険

放送日: 2016年4月15日~2016年7月1日   制作会社: レイ・デュース
キャスト: 小野大輔、杉田智和、石田彰、茅野愛衣、小西克幸、日笠陽子、子安武人、東地宏樹、櫻井孝宏、藤原啓治、藤村歩
(C) 大高忍・大寺義史/小学館・AOS PROJECT

ばくおん!!

ばくおん!!

放送日: 2016年4月4日~2016年6月20日   制作会社: トムス・エンタテインメント
キャスト: 上田麗奈、東山奈央、内山夕実、山口立花子、石塚運昇、日笠陽子、三木眞一郎、岩田光央、荒浪和沙、田所あずさ、井上喜久子、木戸衣吹
(C) おりもとみまな(ヤングチャンピオン烈)/ばくおん!!製作委員会

文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス

放送日: 2016年4月6日~2016年6月22日   制作会社: ボンズ
キャスト: 上村祐翔、宮野真守、細谷佳正、神谷浩史、豊永利行、花倉洸幸、嶋村侑、小見川千明、小山力也、小野賢章、谷山紀章、花澤香菜
(C) 2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会

とんかつDJアゲ太郎

とんかつDJアゲ太郎

放送日: 2016年4月10日~2016年6月26日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 山下大輝、石井康嗣、津田健次郎、藤原啓治、M・A・O、松山鷹志、茶風林
(C) イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・とんかつDJ製作委員会

関連ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)