アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

アキバ総研 | 2015年07月26日 10:00
アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

――レイアップで玩具デザインに関わった後、「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」(1997年)のメカデザイナーとして、本格的にアニメ業界に戻ってきますね。

大河 実を言うと、「ビーストウォーズ」のころは、ぎりぎりレイアップに在籍していました。だから、葦プロ(現「プロダクション リード」)さんからデザインの話があったときは「レイアップを通してくれます?」という話はしたんですよ。同時に、その頃は「会社をやめて、フリーランスになりたい」という気持ちがあったんです。そんな内情や現場の都合もあって、「ビーストウォーズ」は“大河広行”というペンネームで、参加しているんです。このペンネームは「ヴイナス戦記」のときに初めて使いました。

――フリーになろうとした動機は、何だったんですか?

大河 レイアップにいると、どうしてもバンダイさんの仕事がメインになってしまうので、もっと幅広く仕事したいと思ったんです。当時は結婚して子どももいましたから、家族会議を開きまして、なんとかフリーになることを納得してもらいました。「どうすればメカデサイナーになれるんだろう?」と悩んで玩具デザインの会社に入って、アニメ業界に戻ってきたら、いきなりメカデザイナーになっていた(笑)。

――フリーになってからの初仕事は?

大河 「激闘!クラッシュギアTURBO」(2001年)のゲストマシン・デザインです。ほぼ並行しながら、「スクライド」(2001年)の各話デザインをやって、その流れで「ガンダムSEED」の各話設定、「出撃!マシンロボレスキュー」(2003年)のデザインワークスが同時に始まりました。その頃はサンライズの8スタ(第8スタジオ)に机を置いて、仕事していました。「F-ZEROファルコン伝説」(2004年)では、葦プロさんにも机がありました。

――すると、複数のスタジオを行ったり来たり……

大河 そうですね。作品数でいうと、1年に2~3本ぐらいはやらないと商売にならない。最近のアニメは1クール、長くて2クールでしょう。じゃあ、放送期間の長い方が準備期間も長いのかというと、どっちも変わらないんですよ。

――「ゼノサーガ」はアニメとゲーム、両方に関わっているんですね。

大河 東映さんの「Xenosaga THE ANIMATION」(2005年)ではメカデザインだけでなく、原画を描いたり、演出に近い仕事もしまして、その関係で、ニンテンドーDSの「ゼノサーガI・II」(2006年)にも関わることになったんです。ゲームでは「止め絵で、イラストがスライドするようにしたい」との要望だったので、絵コンテを切ったりしました。キャラデはスタジオライブの竹内浩志さん、僕はビジュアル演出となっています。

 

――スタジオライブとは、何か縁があったのですか?

大河 「F-ZEROファルコン伝説」のキャラデザインが、スタジオライブの芦田豊雄さんだったんです。その縁で、芦田さんの漫画のアシスタントをやったりしましたよ。


――漫画のアシスタント(笑)。まさに、何でもアリですね。当時は、紙とインクの時代でしたか?


大河 ええ、今はすべてパソコンで描いていますけど、当時の主な画材はシャーペンでした。「境界線上のホライゾン」(2011年)のメカデザインを契機に、画材をフルデジタルに切り替えたんです。作品を見てもらえばわかるように、すさまじい情報量でしょう? 「ホライゾン」では、いろいろなメカをデザインしましたけど、僕は全長8キロの武蔵という大型艦をまかされたんです。「こんなの手で描いたら、死ぬな……」と思って、下書きから何から、すべてペンタブレットで描きました。

――「紅 kurenai」(2008年)はメカアニメではありませんが、何をデザインされたんですか?

大河 最初は、車のデザインとして参加しました。ほかの方が写真をベースに描いたらしいのですが、意外と写真そっくりに描いても、車に見えないんです。人間の目って、脳の中でウソの像を結ぶんです。そのウソが正しいので、それを描いてあげなきゃならない。「紅 kurenai」ではもうひとつ、「物語最後のほうで山奥のお寺が舞台になる」と監督に相談されて、「じゃあ、ここにヤマの斜面があって」「ここを上がって、この建物で戦って」と、シーンの大雑把な設計図を描きました。

――絵コンテでも美術設定でもなく?

大河 美術設定は、ちゃんと美設(美術設定)の方が描かれたはずです。僕はあくまで、監督の頭の中にある「こうしたい」というプランを聞きながら、トータル的な流れを絵にしていったんです。


――それは、なかなか表に出ない仕事ですね。


大河 確かに、表には出ないでしょうね。デザインだけやる場合もありますけど、デザインも、大きな仕事の流れの一部なんです。だから、演出的な手伝いをすることもありますし、一部、絵コンテを描く場合もあります。サテライトさんでやった「トータル・イクリプス」(2012年)で、電磁投射砲というレールガンを撃つシーンがあるんですが、最初の絵コンテでは必殺武器を撃つにしては、少しタメが足りなかった。「ここ、コンテ切らせてもらっていいですか?」とお願いして、発射シーンだけ切らせてもらったんです。結局、アクション・パートのコンテも切らせてもらいました。「トータル・イクリプス」はデザインだけでなく、CG打ち合わせにも立ち会って、「右肩をもっと大きくして、首の軸を後ろにズラして」と、アニメロボなりの嘘の見せ方も指示しました。CGでは、形や動きが、正確に出すぎるんです。刀を振るんでも、きれいに振らずに、「この絵とこの絵は抜いてください」「その方が、振ったときの勢いが出ます」と、2Dアニメのような動き方にしてもらいました。

――アナログ的な発想を、CGにも導入したわけですね?

大河 いい意味で、アニメーター時代の経験が生きましたね。だから、「トータル・イクリプス」でも「ノブナガ・ザ・フール」(2013年)でも、オープニングでは「メカデザイン」、エンディングでは「メカ作画監督」としてクレジットされているんです。

――フリーといいながら、ずっと現場にいらっしゃるわけですね。

大河 基本的に、家では仕事しません。僕の場合、デザインするにしても、スタッフや監督のいる現場で仕事するほうが好きですね。「監督、こんなの思いついたんですけど」って、すぐ見せやすいですしね。

――今はCGの人たちがレイアウトを組んだり、アニメーターも「キャラ作監」「総作監」だとか、細分化してますよね。そんな複雑なアニメ現場に、ストレスは感じませんか?

大河 もともと、僕は玩具の会社にいたでしょ。玩具の仕事って、1人だけでやり切ることって、まずないんです。企画だって、クライアントや営業の人の意見も聞かないといけない。生産段階に入ると、工場の人たちの意見も出てくる。いろんな立場の人たちの意見を組みいれて、ひとつの形になるわけで、100%、自分だけのオリジナルの仕事なんて、ほとんどないんです。皆さんの意見を取り入れて調整して、ひとつの形にする仕事ですから、モノによっては、自分のオリジナリティなんて10%以下でしょうね。例えば、「美少女戦士セーラームーン」の商品企画をやったときには、原作の武内直子先生から「こういう感じで」とスケッチが来ますけど、そのままでは商品としては難しいので、こちらから「こういう形にしたいのですが」と、武内先生におうかがいをたてる。アニメの現場も同じことで、監督、プロデューサー、スポンサーの意見、いろいろ聞くのが当たり前。ですから、ストレスは感じませんね。

――素人考えだと、「デザイナーは100%、自己主張すべき」などと思ってしまいますが。

大河 それも正しいと思うんです。強烈な個性を持ってグイグイ引っ張ってくれる人も、絶対に必要。そういう人がいないと、ここまでアニメは盛り上がってなかったと思います。だけど、僕はアニメーターでもデザイナーでも漫画家でもない、とにかく「絵を描く仕事をしたい」という欲求が根源にあるんです。だから、カッコいい主役メカでなくとも、「このキャラクターの持つシャーペンを考えて」といわれたら、よろこんで考えますよ。

――誰かが、やらねばならない仕事ですね。

大河 アニメって、ゼロから描きおこす表現なんです。現実世界なのかSFなのか、ちょっとファンタジーなのかによって、求められるデザインは違ってきますよね。サテライトさんが「グインサーガ」(2009年)をアニメにしましたけど、監督に「この砦には、こういうギミックが欲しい」と求められたら、僕は「グインサーガ」の世界観でのみ成り立つギミックを考える。それが、楽しいわけです。

――今は誰もがわかりやすいところを目指していて、「ガンダムをデザインしたから偉い」となりがちですよね。

 

大河 今、「俺が最新のガンダムをデザインしたい!」と夢を抱いたところで、デザイナーの数は多いし、かなり頭がつかえてますからね。僕がガンダム作品に参加するなら、ガンダムのパイロットがしている腕時計でいいや(笑)。

――なるほど!

大河 たとえば、「ガンダムSEED」は大河原邦男さんがメインのモビルスーツを決められていたので、僕はコクピット設定と各話設定、それと「パイロットの食べる食事を考えて」と言われたんです。

――食事のデザインですか?

大河 アークエンジェルの内部で、食べるシーンが多いらしいんですよ。だから、食事は1種類では少ないから6種類ぐらい必要と言われて、「コレは○○を調理したもの」と、ひとつひとつ献立を決めていって(笑)。僕の中では、それがガンダム本体をデザインするのと同じぐらい、楽しいんです。

――そういう仕事を楽しめる性格なんでしょうね。

大河 そうかも知れません。絵のうまさで言うと、僕は業界では半分ぐらいの腕前でしょう。残り半分は、これまでの経験値で、なんとか補っているわけです。だから、現場の若い子たちに、いろいろと経験談を話すようにしています。アニメ業界は「食えない」と言われてますけど、ちゃんと食えてる人も、山ほどいるんです。だから、若い人たちが食えないままフェードアウトしてしまうのではなく、経験を生かしながら、何とか食えるようにしてあげたい気持ちはあります。自分も若いころは食えませんでしたし、せっかくの雑多な経験を、自分の中にだけ封じ込めていても仕方ないですから。「うぜえオヤジだな」って、周囲から思われてるかも知れませんけどね(笑)。


(取材・文/廣田恵介)

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

関連作品

戦姫絶唱シンフォギアGX

戦姫絶唱シンフォギアGX

放送日: 2015年7月4日~2015年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 悠木碧、水樹奈々、高垣彩陽、日笠陽子、南條愛乃、茅野愛衣、井口裕香、石川英郎、保志総一朗、赤羽根健治、瀬戸麻沙美、小松未可子、東山奈央、赤﨑千夏
(C) Project シンフォギアGX

ノブナガ・ザ・フール

ノブナガ・ザ・フール

放送日: 2014年1月5日~2014年6月22日   制作会社: サテライト
キャスト: 宮野真守、日笠陽子、櫻井孝宏、梶裕貴、杉田智和、茅原実里、東山奈央、中村悠一、木戸衣吹、石田晴香、島﨑信長、七海ひろき、小山力也、中井和哉、松岡禎丞、奈波果林、梅村結衣、高橋紗妃、織田圭祐、下野紘、大原さやか、石川界人、近藤孝行、遠藤綾、藤原貴弘
(C) 河森正治・サテライト/ALC/GP/ノブナガ・ザ・フール製作委員会

トータル・イクリプス

トータル・イクリプス

放送日: 2012年7月1日~2012年12月23日   制作会社: ixtl/サテライト
キャスト: 小野大輔、中原麻衣、生天目仁美、能登麻美子、野川さくら、浜田賢二、大原さやか、杉田智和、小山力也、津田英三、斧アツシ、本田貴子、石原夏織、羽多野渉、田中理恵、ayami、日笠陽子、高森奈津美
(C) 吉宗鋼紀・ixtl / オルタネイティヴ第一計画

境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾン

放送日: 2011年10月2日~2011年12月25日   制作会社: サンライズ
キャスト: 福山潤、茅原実里、沢城みゆき、田村睦心、子安武人、名塚佳織、小野大輔、黒田崇矢、東山奈央、新田恵海、井上麻里奈、真堂圭、斎藤千和、小清水亜美、悠木碧、大橋歩夕、平川大輔、森永理科、又吉愛
(C) 川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会

境界線上のホライゾンII

境界線上のホライゾンII

放送日: 2012年7月8日~2012年9月30日   制作会社: サンライズ
キャスト: 福山潤、茅原実里、沢城みゆき、斎藤千和、小清水亜美、井上麻里奈、小野大輔、黒田崇矢、東山奈央、新田恵海、真堂圭、子安武人、名塚佳織、田村睦心、大橋歩夕、悠木碧、平川大輔、森永理科、又吉愛、白石涼子、楠大典、清水愛、真殿光昭、中原麻衣、小林ゆう、中田譲治、杉田智和、寿美菜子、白石稔、宮下栄治、田村ゆかり、白鳥哲、三宅健太
(C) 川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会

F-ZERO ファルコン伝説

F-ZERO ファルコン伝説

放送日: 2003年10月7日~2004年9月28日   制作会社: 葦プロダクション
キャスト: 森川智之、井上喜久子、矢尾一樹、飛田展男、千葉一伸、辻親八、水樹奈々、田中秀幸
(C) Nintendo/葦プロ

関連シリーズ

アニメニュースの新着ニュース

秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第3回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン
  • 「ネト充のススメ」特集
  • ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた!
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ