【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

2020年07月10日 18:000
【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

累計470万部を記録した小松左京氏の不朽の名作小説「日本沈没」が、Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」として初のアニメ化。2020年7月9日よりNetflixにて全世界独占配信中だ。

監督を務めるのは「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」「映像研には手を出すな!」「DEVILMAN crybaby」などを手掛けた湯浅政明氏。これまで2度の実写映画化やドラマ、漫画化もされた日本SF史におけるマスターピース「日本沈没」を、今回は2020年の現代を舞台に “ごく普通の家庭の物語”という視点で描きあげる。

 

そんな注目の本作で主人公・武藤歩(むとうあゆむ)を好演しているのが上田麗奈さん。中学3年生で思春期真っただ中の歩をどのように演じたのか、未曾有の天変地異に見舞われる本作の見どころはどこなのか、たっぷりとお話をうかがった。

 



アフレコは不甲斐なさを感じることも多かったです

――初のアニメ化となった「日本沈没2020」ですが、序盤からめちゃめちゃ衝撃的ですね。

 

上田 そうなんですよ!

  

――「日本沈没」のことはもともと知っていたのですか?

 

上田 小さい時に映画を見た記憶はあるんですけど、タイトルを覚えているぐらいでしたね。今回は原作や映画の情報を入れずに、収録に臨みました。

  

――原作やこれまでの映画との違いなどは特別意識しなかったと。

 

上田 そうですね。今作はオリジナル要素が強いとうかがっていましたし、あまり事前情報を入れずに新鮮な気持ちで臨んでみようと思い、そうしました。

  

――そのオリジナル要素のメインとなるのが武藤一家です。歩役に決まった時はいかがでしたか?

 

上田 嬉しくもあり、プレッシャーもありました。オーディションの時点で多くのシーンをやらせていただき、原稿量も多かったんです。そこでいつ何が起こるのか少し説明を受けたのですが、すでに心が重くなる予感がバシバシとあって。(オーディションに受かって)毎週アフレコが始まったら大変かもしれないな、心を保つことができるのかなと不安にもなりましたね。

  

 

――ちなみに、アフレコでは台本をどこまでもらっていたのですか?

 

上田 毎回、1話ずつです。

  

――ということは、誰がどうなるかわからずに演じていたわけですね。

 

上田 そうです。あえて先の展開を聞かず、キャラクターのバックボーンも自分以外にはあまり触れずに。毎週毎週、「こうなったんだ!」ってみんな新鮮な気持ちで臨んでいました。

 

――上田さんは役に入り込むといいますか、役から影響を受けるタイプだと思うのですが、歩を演じていた時はどうでしたか?

 

上田 つらかったです。収録は朝の時間帯だったんですけど、お昼頃に終わった後は「あと半日どうしよう」「次の現場にちゃんと行けるかな」と毎回思っていました(笑)。作品的に心が重くなるのもありましたし、うまくできない自分への不甲斐なさも大きくて、二重で苦しみましたね。

 

――うまくできなかったとは思えない演技でしたが、裏には苦労があったのですね。

 

上田 監督方がすごく時間をかけて導いてくださり、周りの演者さん方も付き合ってくださったんです。完パケ映像を見させていただいた時は、私も悩んでいたことを全部忘れて没頭するぐらい素敵に仕上がっていたんですが、アフレコの時は本当に不甲斐なかったんですよ。

 

 

――それほど心がつらくなる中で、歩というキャラクターをどのようにつかみ、何を意識して演じたのでしょうか?

 

上田 台本を読んで、歩は本当に思春期真っただ中なんだなと感じたので、どこにコンプレックスがあって何を理由に行動しているのかちゃんと考えて臨みました。歩はお母さんへのコンプレックスが強い女の子だと思います。何をするにも対抗して、子供なのに背伸びをするみたいな。でも、頭では理解しているはずなのに、うまくはまらない状況が続いたんですよ。

  

――それはなぜ?

 

上田 「お母さんに対するコンプレックス」に関しては、共感できるところがとても多かったんですが、そんなお母さんへの「対抗心」に関しては、歩と私では気持ちの部分でかなり差がありました。私が自分のお母さんに対して持っていた対抗心よりも、歩が持つ対抗心のほうが圧倒的に大きかったんです。そのことに気づかずにいてしまったせいで、ちょっとずつ合わなくなってしまって……。理解しようと台本をたくさん読んで挑んでもあまりうまくいかず、本当に皆さんに助けていただきながらの収録になりました。

  

――この作品に限らずだと思いますが、役を演じる時は自分自身に置き換えて考えたりもするのですね。

 

上田 そうですね。自分だったら、とは考えます。「どういう行動をしたか」よりも「どんな気持ちの湧き上がり方をしたか」を中心に思い出して、(自分の経験では)この時はこういう感じでこの気持ちが出てきたから、歩の性格や状況だったら同じような湧き上がり方をするんじゃないかなとか。自分と似ている子を担当させていただく時なんかは特に考えていると思います。今回はそこに読解力が追いついていなかったが故に、とても悩むことになりました。

  

――監督や音響監督が導いてくれたとのことですが、具体的に言われた言葉やアドバイスで印象的だったことはありますか?

 

上田 「ここで歩は信じられないくらい怒ります」とか「ここでは絶対に泣きません」とか……「もっと(対抗心やコンプレックスを)大きく」というようなディレクションいただいたのが、印象に残っています。ちゃんと理解できたのは収録も終わりの頃でしたが……。

 

 

「無理して見ないでほしい」が正直な気持ちです

――「日本沈没」というタイトル、原作や映画の内容などから災害面に目がいきがちですけど、今回はかなり人間ドラマとしての見どころも大きいのですね。

 

上田 おっしゃる通りです。(自然災害的に)どこでどんなことが起こるのか、序盤はすごく気にしていたんですけど、そこまで関係なかったんだなって。歩がみずから言っていたように、「どこで何をするか」ではなく「誰と何をするか」が大事だと。このお話は「日本が沈没するお話」というよりも「家族のお話」だったので、身近で共感できる感情がたくさんありました。規模が大きいようで、実は身近なお話なんです。

  

――とはいえ、特に最初の数話は衝撃が大きかったです。作品内容やそれ以外のことも含め、共演者の方たちとは休憩時間にどんな話をしていたのですか?

 

上田 緊張感のある作品ですので、作品と関係のないたわいもない話は他の現場と比べてしなかった印象があります。休憩前の収録でのお芝居に関する話もしましたし、地層の話もしたような……。「ここのプレートがこうだから、つまりこういうことになるんですかね?」みたいな(笑)。

  

――地層や地震のメカニズムについては、原作や映画だとより注目されていましたよね。

 

上田 そうなんです。今回は主人公たちがそちらに特化した人ではないので、何もわからないまま物語が進んでいくんです。ふんわり何かが起こっているんだろうなという感覚は、アフレコ現場で休憩中の私たちとも重なっていたと思います。

  

――「家族の物語」であり共感できる感情がたくさんあったとのことですが、ネタバレにならない範囲で特に心に残っているシーン、注目してもらいたいところをあげるならどこですか?

 

上田 いっぱいあるんですけど、やっぱり歩とお母さんのやり取りは注目ポイントだと思います。最初はお母さんとバチバチであんなにムカついていたのに、物語が進むと素直に言葉をかけることができるようになるんですよ。

 

それから、後半に出てくるラップのシーンも特に心に残っています。最初にラップがありますとうかがった時は全然想像がつかなかったんですけど、あのシーンはラップじゃなきゃだめだったかも……と、今となっては思います。それぞれの想いがあふれて、見ていても胸が苦しくなったり熱くなったり不思議な気持ちになったり、すごく印象深いシーンでした。

  

 

――ラップもそうですし、出てくる要素が“今”を反映しているからこそ思うところがありますよね。

 

上田 本当にそう思います。今、世の中が大変なことになったら、同じように行動するんだろうなと思いましたし、だからこそリアリティがすごくあって。絶対に今じゃないと描けないシーンがいっぱいありました。

  

――例えば、もし災害が起こった時にスマホを持っていたら何をするだろうかとか、いろいろ考えました。

 

上田 私は収録の後、スマホを見るのがすごく嫌でしたね。何が正解なのかわからないけど、(作中と同じように)スマホだけはそこにあって……。すごくリアルで本当に苦しかったです。

  

――苦しさや具体的な内容とずれてもかまいませんので、この作品を通して防災に対する意識や考え方、なにか得たものはありますか?

 

上田 そうですね……すごくライトなお話をするとしたら、魚を食べる時に鳥のくちばしを使えばいいんだと思いました(笑)。

  


――確かに(笑)。まぁ使う機会はないと思いますけど。

 

上田 そういうサバイバル豆知識は、ちょこちょこ触れることができたかなと思います。あとは、やっぱりポジティブに導いてくれる両親がいたから子供たちもついていけたところがあって、実際に(災害が)起こったら何よりも心が大事だと思いました。何を使うか、どういう風に行動すればいいのかも作品を通していろいろ知りましたけど、どういう心持ちで挑んでいくかによって序盤の歩のようにも終盤の歩のようにもなりますから。それはすごく感じましたね。

  

――心持ちという意味では、誰しも生きていれば苦しい時やつらい思いをすることがあると思うんです。上田さんはそういう時、前を向くためにすることや心の支えにしているものはありますか?

 

上田 それは私もなかなか見つけられないでいるんですが、苦しい時は何かを支えにするよりも、自分の中でとにかく考えます。いろいろな人からいただいた言葉や指摘とか全部を頭の中でわーっとまとめて、落ちるところまで落ちて、じゃあどうするのか考えるんです。もしかしたら、それが支えてもらっていることなのかもしれないですね。やっぱりいただいた言葉って前に進むための武器になりますから。そうやってネガティブな感情を消化しています。

  

――何も考えずに別のことをして忘れるよりも、そこを突き詰めるタイプなのですね。

 

上田 そうなんですよ。

  

――ちなみに、普段から結構ネガティブですか?

 

上田 ネガティブですね。悪いことはひと通り全部考えちゃいます。なので、この収録でも、その日できなかったことや不甲斐なかったことを全部考えて前に進んでいました。

  

 

――そうやって生み出された作品を、ぜひ視聴者の皆さんにも堪能してもらいたいです。それでは、改めて読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

 

上田 作品を見て苦しい気持ちになったり、複雑な気持ちになる方もきっとたくさんいると思います。だから、「無理して見ないでほしい」というのが正直な気持ちなんです。でも、視点を変えて、家族の話であり人と人とのお話として見ていただけたら、共感できる身近なものが心に残ると思います。人それぞれで見方は違うでしょうが、個人的には歩たちのことを見て何か感じていただけたらすごく嬉しいです。

 

 

(取材・文/千葉研一)

 

「日本沈没2020」インタビュー記念、上田麗奈サイン色紙を抽選で1名様にプレゼント!


<賞品>

・「日本沈没2020」上田麗奈サイン色紙 


<応募要項>
・応募期間 2020年7月10日(金)~2020年7月17日(金)23:59
・当選人数 1名様
・賞品発送 2020年9月末までに発送予定
・応募方法 下記専用応募フォームにて受付

※システム不具合発生のお詫びと復旧のお知らせ

・不具合発生期間 2020/07/13 14:07 〜 2020/07/15 11:39
システム障害により、一部プレゼント応募ができない現象が起こりました。
現在は復旧し、正常にご利用いただける状態となっております。
ご利用のユーザー様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。


<注意事項>
・応募には会員登録(無料)が必要です。
・応募はひとり1回に限らせていただきます。
・抽選結果・発送状況に関するお問い合わせには応じられません。
・当選された賞品もしくは権利を第三者に譲渡・転売することを禁じます。
・カカクコムグループ社員、および関係者は参加できません。
・賞品の発送は国内に限らせていただきます。
・梱包には細心の注意を払いますが、万が一運送中の事故により破損等した場合でも、返品・交換等は受け付けられませんので、あらかじめご了承ください。
・下記の場合は、当選を無効とさせていただきますので、ご注意ください。
 同一住所または同一世帯で複数回ご当選されている場合
 不正なアカウント(同一人物の複数アカウントなど)を利用して応募した場合
 ご当選者の住所、転居先不明・長期不在などにより、賞品をお届けできない場合
 ご登録いただいたご連絡先・お届け先情報の不備により、賞品がお届けできない場合
 賞品お届け先ご連絡締切日までに、ご連絡いただけなかった場合
 ご応募に関して不正な行為があった場合

  

【作品情報】

■日本沈没2020

・配信日:Netflixにて、7月9日(木)全世界独占配信

・作品ページ:netflix.com/日本沈没2020

・エピソード:全10話

 

<キャスト情報>

武藤歩:上田麗奈

武藤剛:村中知

武藤マリ:佐々木優子

武藤航一郎:てらそま まさき

古賀春生:吉野裕行

三浦七海:森なな子

カイト:小野賢章

疋田国夫:佐々木梅治

室田 叶恵:塩田朋子

浅田 修:濱野大輝

ダニエル:ジョージ・カックル

大谷三郎:武田太一

 

<スタッフ情報>

原作:小松左京『日本沈没』 

監督:湯浅政明

音楽:牛尾憲輔 

脚本:吉高寿男

アニメーションプロデューサー: Eunyoung Choi  

シリーズディレクター:許平康 

キャラクターデザイン:和田直也 

フラッシュアニメーションチーフ:Abel Gongora 

美術監督:赤井文尚 伊東広道 

色彩設計:橋本賢 

撮影監督:久野利和 

編集:廣瀬清志 

音響監督:木村絵理

アニメーション制作:サイエンスSARU 

ラップ監修:KEN THE 390

主題歌:「a life」大貫妙子 & 坂本龍一(作詞:大貫妙子/作曲:坂本龍一)

製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners                   

 

©“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

画像一覧

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

  • 【インタビュー】「次の現場に行けるか不安なぐらい、収録はつらい気持ちになりました」主演の上田麗奈が語る夏アニメ「日本沈没2020」で直面した苦悩とは?【サイン色紙をプレゼント!】

関連作品

日本沈没2020

日本沈没2020

配信日: 2020年7月9日   制作会社: サイエンスSARU
キャスト: 上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治、塩田朋子、濱野大輝、ジョージ・カックル、武田太一
(C) “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。