2020年夏公開のNetflixオリジナルアニメ「日本沈没」よりキービジュアル公開! アヌシー国際アニメーション映画祭2020に出品も決定

2020年04月16日 12:110
2020年夏公開のNetflixオリジナルアニメ「日本沈没」よりキービジュアル公開! アヌシー国際アニメーション映画祭2020に出品も決定

2020年夏、Netflixオリジナルアニメシリーズにて配信予定のアニメ「日本沈没2020」より、キービジュアルが公開された。また、本作が、アヌシー国際アニメーション映画祭2020のTV部門に日本から唯一出品されることが決定した。

本作の原作となる「日本沈没」は、1973年に小松左京さんにより発表され、累計470万部のベストセラーとなったたSF小説。同年の公開された実写映画は配給収入28.2億円を記録。その後、2006年にも、草彅剛さん、柴咲コウさんの出演で再映画化され、こちらも興収53.4億円の大ヒットを記録している。今回のアニメ化にあたっては、独特な作風で知られる湯浅政明さんが監督を務める。


本作の舞台は、東京オリンピックという大きな国家事業を終えたばかりの2020年の日本。その日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく武藤家の面々を追い詰めていく。極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。途方もない現実と向き合う中、武藤家の姉弟、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく……というストーリーだ。


今回、本作のキービジュアルが公開された。ところどころすり切れた1枚の写真には、歩を中心に、武藤一家が笑顔で並んでいる。その背景には、まさに大震災直後を思わせる衝撃的な風景が見え隠れしているが、誰かの手によって掲げられている写真は、紺碧の海と青空、そして太陽に照らし出されており、その先に希望を感じさせるビジュアルになっている。


また、本作がアヌシー国際アニメーション映画祭2020のTV部門に日本から唯一出品されることも決定した。なお、湯浅監督の作品が、本映画祭でノミネートされるのは今回が5度目(TV部門では2度目)。2017年に「夜明け告げるルーのうた」では、アヌシー映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞している。

 

【アニメ概要】
■Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」

配信日:2020年夏 Netflixにて全世界独占配信
作品ページ:netflix.com/日本沈没2020
エピソード:全10話
キャスト:武藤歩:上田麗奈/武藤剛:村中知/武藤マリ:佐々木優子/武藤航一郎:てらそま まさき
原作:小松左京「日本沈没」
監督:湯浅政明
音楽:牛尾憲輔
脚本:吉高寿男
アニメーションプロデューサー:Eunyoung Choi
シリーズディレクター:許平康
キャラクターデザイン:和田直也
フラッシュアニメーションチーフ:Abel Gongora
美術監督:赤井文尚 伊東広道
色彩設計:橋本賢
撮影監督:久野利和
編集:廣瀬清志
音響監督:木村絵理子
アニメーション制作:サイエンスSARU
製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

 

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

画像一覧

  • 2020年夏公開のNetflixオリジナルアニメ「日本沈没」よりキービジュアル公開! アヌシー国際アニメーション映画祭2020に出品も決定

関連作品

日本沈没2020

日本沈没2020

配信日: 2020年7月9日   制作会社: サイエンスSARU
キャスト: 上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治、塩田朋子、濱野大輝、ジョージ・カックル、武田太一
(C) “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。