【特集】ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」開催記念連載! 第1回「熊田茜音」インタビュー!

2019年10月16日 12:530
【特集】ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」開催記念連載! 第1回「熊田茜音」インタビュー!

新人声優たちが、世界に羽ばたく声優アーティストを目指し、さまざまなことにチャレンジしていくプロジェクト「ボイたまプロジェクト」が、2019年11月2日、3日に朗読劇vol.2「white Swan+」を開催する。

ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」は、2019年3月27日に恵比寿天窓.switchで開催された朗読劇イベント「whiteSwan」の再演であり、前回と同じ配役の「ver.デネヴ」と、配役をシャッフルした「ver.アルビレオ」の2バージョンが上演される。

出演するのは、ボイたまプロジェクトに所属する新人女性声優の荒井瑠里さん、熊田茜音さん、後本萌葉さん、堀内まり菜さん、吉武千颯さんの5名。壁にぶつかりながらも夢に向かって日々努力する彼女たちが、自分たちと同じ新人声優を演じるというこの朗読劇は、演技あり歌ありでエンターテインメント要素が満載!

そんな、今まさに本番に向けて絶賛稽古中の5人にアキバ総研がインタビューを敢行! 本番に向けての思いや、普段考えていること。また声優を志した理由やエピソードを聞いてみた。

 

第1回に登場するのは、話題の秋アニメ「ライフル・イズ・ビューティフル」渋沢泉水役を演じるほか、2020年冬アニメ「織田シナモン信長」OPテーマでアーティストデビューが決定した熊田茜音さん。

アキバ総研でのインタビューは2回目となる彼女に、気になるアレコレを答えていただいた!

「転スラ」エレン役で初レギュラー! フレッシュガール・熊田茜音が目指す理想の声優像とは? 【新人さん、いらっしゃい!第11回】

 

──お久しぶりです! 2度目のアキバ総研登場となる熊田さんですが、最近は「ライフル・イズ・ビューティフル」の声優ユニット「ライフリング4」をはじめ、めざましい活躍をされていますね!

 

熊田 前回インタビューしていだいた時に、マルチに活躍できる声優になりたいと言っていたと思うんですが、「ライフル・イズ・ビューティフル」では声優としての仕事をして、歌を歌って、舞台上でパフォーマンスして……って私がやりたかった活動が全部できてます。当初の願い通りにものごとが進んでいて……、どうしましょうか(笑)。

 

──でもそういう華やかな活躍をするいっぽうで、今回の朗読劇のように役者として地に足の着いた活動をされているというのは、バランス的にすごくいいと思います。そんな「ボイたま」とは、どういう企画でしょうか?

 

熊田 声優としては新人の「ボイスのたまご」である私たち5人が力を合わせて、しかも自分たちの現状にあわせた役を演じるという、等身大の青春群像朗読劇です。前回の配役がハマり役で、本当に今の私たちを見てもらうにはぴったりのステージですし、生の朗読劇を皆さんの間近で演じさせていただきます。本当にみんな涙を流しながら演じてるし、新人だから全部が楽しくてキラキラしてるけど、同時に、だからこそまだ周りと自分を比べちゃって自信がなくなって……というような細かい心情も反映した劇となっています。

 

──前回と今回の「ver.デネヴ」で熊田さんが演じられるさやかは、現代っ子というか思っていることをストレートに言ってしまうキャラクターですね。

 

熊田 そうなんです。そこでひとつ言いたいことがあって(笑)、私の演じるキャラってちょっとお騒がせキャラなんです。本人としては悪気があるわけじゃないし、間違ったことは言ってないけど「今、それを言う?」ってけっこう場を乱しちゃう瞬間もあります。ただ、だからこそみんなが言えなくて悩んでいることを代弁してくれる、すごいいい子なんです!

私は彼女がかわいくて大好きなんですけど、「絶対こういうやつがいたら練習が止まるよな。場が乱れるよな」とか、「私とは正反対の子だな」とも思っていたんです。そしたら周りから「ぴったりだよね」って言われるんです! どこがぴったりなの!(笑) 

ひとまず素直でかわいいというところだけ受け取ってるんですけど、もともと私自身、中学生時代などは場を乱すのが怖くて自分の意見がなかなか言えなかったんです。でも、声優を目指しているうちに「意見を伝えてよりよくしたい」という気持ちが強くなってきて、今回の朗読劇でも「この感情をみんなに感じてほしい」「伝えたいものがあるなら、生半可なことはしたくない」っていう、けっこう強めの意志をもって臨んでいるんです。だから練習の時にも意見を出したり、メンバーに電話して「このシーンの私はどう見える? はっきり言っていいよ!」って意見を聞いたりしていたので、そういうはっきりさせるところは似ているのかな。

最近、いい意味で役にどんどんリンクしていってる気がします。私も、この役を演じたからこそ、どんどん私というものを出せるようになってきて、そこはよかったと思っています。

 

 

──作・演出の天真みちるさんは、みなさんの個性を踏まえてキャラクター設定されたんでしょうか?

 

熊田 最初「この役はこの子がぴったりだな」っていうのは、ちょっと考えた部分もあったらしいんですが、最終的にいろんな種類のキャラクターを作っていただいて、ちゃんとオーディションも行われたんです。その時に、天真さんから「さやかちゃんはぴったりすぎ」って言われたんです。

 

──見抜かれていたんですね。

 

熊田 見抜かれちゃいましたね(笑)。あと「~だよね!」ってセリフを、現代っ子風に強めに読んだら、その言い方がキャラクターにリンクしたようです。

 

──今回、「ver.アルビレオ」ではちひろを演じられますが、こちらはさやかとは真逆のキャラクターですね。

 

熊田 真逆ですね。ちひろちゃんは自分に自信がなくて実力が発揮できないけど、実は誰よりも力を秘めている子なんです。緊張して実力を発揮できないというところは、私の心情にリンクする部分があります。

今はどこにいっても自分が新人だし、かけるつもりはなくてもどこかで必ず先輩方にはご迷惑をおかけしてしまうし、そういうことを考えちゃうから委縮しちゃうことが少なからずあるんですよ。その時の描写というのは、台本を読んでてもグッときます。

でも熊田茜音としては「そう思うなら練習しなくちゃ」っていうさやかの部分も出てくるいっぽう、こういう子がいるからこそ場がまとまっていくというのもわかりますね。今回の朗読劇も、そういう子を助けたいと思って団結していくという物語なので、そんなちひろちゃんは魅力的なキャラだと思います。

そんな感じで、劇に登場する5人ってどれも人間味があるキャラだし、私たちの「今」にピッタリなキャラなんです。大人になりたいけど、なりきれないみたいな。それって誰しも通る道だと思うし、きっとそこに共感できると思います。

 

──熊田さんから見た、共演者の魅力を教えてください。

 

熊田 えっ! めちゃめちゃありますよ。まず(荒井)瑠里ちゃん。清楚でクールビューティーなルックスじゃないですか。だからすごいお姉さんっぽく、静かそうに見られることが多そうだなって私は思ってるんですけど、実はすっごく面白い子なんですよ。おふざけ面白お姉さんって感じで。たぶん秘めたる面白さがあって、私自身としては瑠里ちゃんの面白い部分を、もっといろんな場で見たいなって思ってます。

でも普段は「いえ~い!」ってはしゃぐタイプでもないから、瑠里ちゃんを知ってる方からしたら、ゆきちゃん(ver.デネヴで荒井さんが演じる役)を演じる姿を見たら「めちゃめちゃ正反対の役をやってる」と思うかも。きっとご本人も「私はこんなにテンションが高くない」と思ってるかもしれないんですけど、私は「そういう部分も持っているよ」と思っています。

ゆきちゃんは一途にがんばるパワーが強いんです。瑠里ちゃんも、心の中にメラメラしたものを持ってる方なので、そこはぴったりだと思います。

 

そして萌(後本萌葉)ちゃん。萌ちゃんは最年少じゃないですか。でも物おじしないタイプなんです。で、私の妹のひとつ年上なんですよ、だから私も妹のように接してます。すごくかわいくて、萌ちゃんが何か言うとついつい私もツッコんじゃうんですよ。この前「熊ちゃんにツッコんでもらえるのが嬉しい」って言ってくれたので、「よし、じゃあよりツッコもう」って思っています(笑)。ただ、年相応の天真爛漫さとか猪突猛進なところもあるけど、根はすごく真面目なので、人知れず悩んでいることもあると思うんですよね。だから、年は少ししか離れていないけど、私たち4人でカバーできたらいいなといつも思ってるし、わからないことがあったらどんどん聞いてほしいですね。だからちひろちゃんの、ちょっと自信がないっていう要素は、きっと萌ちゃん自身も持っている部分で、そういう人間らしさが魅力かなと思っています。

 

(堀内)まり菜さんは、こんなにやさしい先輩がいるんだ、って思えた方なんですよね。心の中で何か思っていたとしても、それを人前では出さないんです。それに、「まり菜ワールド」っていう言葉が生まれるくらい、面白さを発揮する方なんです。

それでいて、まるで自分のことのように相談に乗ってくれるのがまり菜さんなんですよね。「わかるよ。私の時はこうだったよ」っていう感じではなく、「そうなんだ……。私ならどうするかな。一緒に考えよう!」って言ってくれるんです。配信番組とかでは爆弾を投下しがちな面白キャラなんですけど、でも根はすごくやさしくて、真面目に物事をとらえてて、自分の役にはすごく熱い思いを持っているので、尊敬しています。それに、ずっと昔から芸能界にいらっしゃるのに「こんなに腰の低い方がいるんだ!」って思ったのがまり菜さんですね。

そんなやさしい気持ちでみんなを引っ張っていきたいっていう思いが、瑠里ちゃんとシンクロしているように思っています。

 

そしてちいちゃん(吉武千颯さん)。ちいちゃんは、天真さんもおっしゃってたんですが、めちゃめちゃ、ひまり役にぴったり。誰が見てもちいちゃんじゃなきゃ演じられないんじゃないかっていうくらい、役にぴったりな子です。声質がやわらかい子なので、ほわほわ~っと見られることが多いし、年上だけど本当にかわいい方なんですが、役に対して強い思いを持っていて、実は私から演技の相談をすることが多いんです。仕事としてちゃんとこういうものを届けたい。お客さんにこう思ってほしい。そのためには私たちはどうしたらいいかな、って一番話すのがちいちゃんです。ひまりちゃんのように普段はふわふわしてるけど、実はしっかりと芯が通っている方だと思います。

普段からすごく仲良くしてもらってて、よく遊びにも行ってるんですけど、見守ってくれる彼女感があるんですよね。私は彼氏的な感じというか。だから、いつも私がたくさん写真を撮るんですよ。いつもちいちゃんがアップしてる他人撮りの写真は、私が撮っています! かわいいでしょ?って言いたいです。

 

 

──最後に改めて、ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」の見どころを教えてください。

 

熊田 個性的な5人のキャラクターが登場する朗読劇なので、誰もが観ても「私に似てるな」っていう子がひとりは見つかると思うんですよ。

いつも私が人前で表現するときに思っているのが、観てくれた人が明日、ちょっとでも元気になったらいいなってことなんです。だから、この5人が葛藤してがんばって成長していく姿を見て、皆さんもちょっとでも元気になっていただけたら、というのが見どころですね。

 

──ありがとうございます! それでは最後に読者の皆さんにコメントをお願いいたします。

 

 

【プロフィール】

熊田 茜音Kumada Akane

・生年月日:2000年2月3日

・出身地:東京都

・趣味:料理、ジャズダンス

・特技:お琴

・出演:TVアニメ「転生したらスライムだった件」エレン役

TVアニメ「ライフル・イズ・ビューティフル」渋沢泉水役

 

【イベント情報】

■ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」

<開催日時>

2019/11/2(土) 18:45 OPEN/ 19:30 START ver.アルビレオ

2019/11/3(日) 12:45 OPEN/ 13:30 START ver.デネヴ

2019/11/3(日) 16:45 OPEN/ 17:30 START ver.アルビレオ

 

・会場:アミューズカフェシアター

・作、演出:天真みちる

・出演:荒井瑠里、熊田茜音、後本萌葉、堀内まり菜、吉武千颯

・チケット料金

ボイたま席:6,500円(税込)(ソフトドリンク 1ドリンク込)

       ※直筆サイン入りブロマイド付き+前方正面席

 一般席:4,500円(税込)(ソフトドリンク 1ドリンク込)

 

<チケット購入方法>

ラインチケット一般発売(https://ticket.line.me/events/3388

 

その他、詳細、諸注意事項等はこちらでご確認ください。

画像一覧

  • 【特集】ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」開催記念連載! 第1回「熊田茜音」インタビュー!

  • 【特集】ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」開催記念連載! 第1回「熊田茜音」インタビュー!

  • 【特集】ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」開催記念連載! 第1回「熊田茜音」インタビュー!

関連作品

転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件

放送日: 2018年10月1日~2019年3月25日   制作会社: エイトビット
キャスト: 岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭、花守ゆみり、古川慎、千本木彩花、M・A・O、江口拓也、大塚芳忠、山本兼平、泊明日菜、小林親弘、田中理恵、日高里菜、熊田茜音
(C) 川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ライフル・イズ・ビューティフル

ライフル・イズ・ビューティフル

放送日: 2019年10月13日~   制作会社: Studio 3Hz
キャスト: Machico、熊田茜音、南早紀、八巻アンナ
(C) サルミアッキ/集英社・千鳥高校射撃部

織田シナモン信長

織田シナモン信長

放送日: 2020年1月~   制作会社: ぴえろ
キャスト: 堀内犬友、犬川登志夫、犬田哲章、杉田直司
(C) 目黒川うな/NSP,織田シナモン信長製作委員会

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。