【インタビュー】デジタルサウンドを積極的に取り入れた2曲。SawanoHiroyuki[nZk]の未来を示すニューシングル「Tranquility/Trollz」

2019年10月02日 12:000
【インタビュー】デジタルサウンドを積極的に取り入れた2曲。SawanoHiroyuki[nZk]の未来を示すニューシングル「Tranquility/Trollz」

作曲家・澤野弘之のボーカルプロジェクト、SawanoHiroyuki[nZk]がニューシングルをリリース。アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」セカンドシーズン「星乱」のエンディングテーマ「Tranquility」と、ノンタイアップで今やりたい音楽を追求した「Trollz」のダブルA面シングルだ。
それぞれに、[nZk]への参加は初となるボーカリストを迎え、プロジェクトの未来を見据えた作品に。ハイクオリティな楽曲でファンを魅了し続ける澤野弘之に話を聞いた。

「Tranquility」はAnlyさんをボーカルに迎え、エモーショナルに歌っていただきました


── 新曲の「Tranquility」は、「Binary Star」に続く「銀河英雄伝説 Die Neue These」のタイアップ曲です。今回はセカンドシーズン「星乱」のエンディングテーマですが、どのようなイメージで作っていったのでしょうか?

澤野 「Binary Star」は生バンドに加え、オーケストラ風の音を入れてほしいというオーダーだったんです。それで、フルオーケストラまでは行きませんでしたがストリングスをフィーチャーした曲作りをしました。今回はエンディングテーマということで、バラードを作ってほしいというオーダーでしたが、楽器についての要望は特になかったので、自分が今、影響を受けている、海外のデジタル要素を取り入れたポップスを意識して作っていきました。そういう要素を入れつつ、「銀英伝」の世界観にリンクさせた壮大なロックバラードに仕上げたのが「Tranquility」です。

── たしかにオーケストラの要素は、今回はないですね。

澤野 ないですね。そういう意味では「Binary Star」とは違った印象の曲になりました。

── デジタル要素を取り入れたとおっしゃいましたが、サウンド面で意識したことは何でしたか?

澤野 シンセのサウンドをすごく多めにしたというわけではないんですけど、生で録ったドラムにシンセのリズムを足すことによって、生の楽器だけでは出せないグルーヴを出したりして、サウンド的に面白くしていきたいと思いました。全体的には、昨今の洋楽アーティストが歌うような、ポップな要素を取り入れたロックバラードにしたいなと。ピアノが最初からループしていくような構成で、その音と歌のメロディがいい感じでマッチしたと思います。そこに、さらにチェロが入ることによって、サウンドが神秘的になりました。

── 「銀英伝」の世界観には、どのようにアプローチしていったんですか?

澤野 「銀英伝」らしさというのは、バラードであるということが大きいですね。アニメ制作サイドから出てきた言葉に「ディーバ(歌姫)」というのもあったんです。それを僕は、女性ボーカリストがエモーショナルに歌うことだと解釈して、サビに向けて壮大さが広がるような曲になればいいかなと思いました。


── ディーバという言葉が出ましたが、今回のボーカリストはAnlyさんで、SawanoHiroyuki[nZk]には初参加ですね。彼女をボーカリストに迎えた経緯を教えていただけますか?

澤野 Anlyさんとは去年、「七つの大罪」第2期の打ち上げの場でご挨拶する機会があって、そのときにご自身のCDをいただいたんです。聴いたら、すごくかっこいい音楽をやられていたので、自分の中でも気になる存在になって。今回、レーベルの方からAnlyさんの名前があがったんですが、僕もぜひご一緒させていただきたいと思いました。

── Anlyさんの歌に、どのような印象を持ちましたか?

澤野 ボーカルアプローチの振り幅が広いというか、多彩な声の表現ができる方です。ただ、「Tranquility」は彼女が普段歌っている曲とはタイプが違うので、どのくらいハマるかは未知数でした。振り返ってみれば、Aimerさんを始め、今までお願いしたボーカリストの方々も、最初はみんな未知数だったんですけど(笑)。今回の制作では、Anlyさんにデモの段階で歌ってみていただいて、ボーカルのイメージを詰めていくことができたのがよかったですね。何度か歌っていただいたら、とてもいいものになりそうな予感がしたので、正式にお願いしたという経緯です。

── 最初に歌った段階と、ボーカルはどのように変わっていったのでしょうか?

澤野 先ほども言った通り、エモーショナルに歌っていただく方向に変わっていきました。僕がやりたいアプローチに合わせていただいたという形です。彼女はご自分のライブでも、ループペダルを使いながら、エド・シーランとかいろいろな洋楽のカバーをやったりしていて、映像を見ると力強い歌い方をしているシーンがあったんです。ですから、「Tranquility」で僕がお願いしたことも、そんなにいつもと違っていたわけではないと思います。

── エモーショナルな歌というのは、Anlyさんの魅力のひとつでもあるということですね。

澤野 そうですね。才能のある方なので、今後もいろいろな曲でご一緒できたらいいなと思いました。また、彼女自身、シンガーソングライターとして、今後どのように進化していくのか楽しみです。

── タイトルの「Tranquility」は、「静けさ」とかそういう意味の言葉ですね。

澤野 はい、歌詞とタイトルはいつものように、Benjaminさんとmpiさんに書いていただいたんですけど、響き的にも意味的にも、初めて聞いた瞬間にいいタイトルだなと思いました。

画像一覧

  • 【インタビュー】デジタルサウンドを積極的に取り入れた2曲。SawanoHiroyuki[nZk]の未来を示すニューシングル「Tranquility/Trollz」

関連作品

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章

上映開始日: 2019年9月27日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 宮野真守、鈴村健一、梅原裕一郎、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、鈴木達央、石川界人、下山吉光
(C) 田中芳樹/松竹・Production I.G

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。