【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

2019年05月24日 14:000
【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之さん(監督)×中島かずきさん(脚本)による初のオリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が、本日、2019年5月24日より公開がスタートした。

本作は突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉と、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉のぶつかり合いを描いた作品。主人公のひとり・火消し魂を持つ新人隊員ガロ・ティモス(CV:松山ケンイチ)が所属する〈バーニングレスキュー〉の女性隊員であり、同じくヒロインであるアイナ・アルデビットを演じるのは、声優・佐倉綾音さんだ。映画公開に先駆けて、彼女に本作にかける思いを聞いた。

「あの熱量」をどう表現するか? トリガーが放つ熱すぎるアニメ映画「プロメア」W主人公を演じる松山ケンイチ×早乙女太一インタビュー! 

 

 

「役者がいい芝居をしたらいい絵を付けます。ダメだったら絵が勝ちにいきます」っていう現場

ーーTRIGGER作品に出演するのは初めてということですが、TRIGGER作品、もしくは今石✕中島作品についての印象を教えてください。

 

佐倉 実はTRIGGER作品に関わったことって、(A-1 Picturesとの共同制作である)「ダーリン・イン・ザ・フランキス」でむごい死に方をする役をやったくらいで(笑)、アイナとは「なかなかご縁がないのかな」と思っていたところに、ふっと沸いて出たヒロインという不思議なめぐり合わせだったんです。後で聞いたところ、別作品のオーディションテープを参考にキャスティングしていただいたみたいなんですけど、嬉しかったですね。個人的に、よく中島作品の舞台は見ていたので。

 


ーー劇団☆新感線の舞台ですか?

 

佐倉 はい。ちょうど「髑髏城の七人」を(Season)花・鳥・風と見続けていたので、今回のキャストも見覚えがある方々でちょっとびっくりしました。今石✕中島作品だと、劇団みたいに、いろんな作品を同じキャストさんで回しているという話も聞いてはいましたけど。

 

ーー今作も全体的に叫ぶシーンが多かったですが、熱い作品という印象はありませんでしたか?

 

佐倉 声が大きい人が勝つ現場だよ、という話は、いろいろな人から聞いていて。でも、声を大きく出すってお芝居上で必要なら出すけど、ずっと叫んでいる人なんていないし、なかなか暴論だなぁと思ってたんです。でも脚本を見て、そもそも普通のトーンでしゃべっているシーンが少ないんだなと(笑)。みんなあまりにも我が強いというか。ガロは日常会話以外は声を張ってるからリオくらいですよね、ずっとフラットに話してるのは。そうすると、大きな声の人たちを止めなければいけない周りの面々も自然と声が大きくなるので「なるほどな」と、とても腑に落ちました。

 

ーー今石監督や中島かずきさんは、どんな方でした?

 

佐倉 今石さんとちゃんとお会いするのは、アフレコのときが初めてだったんです。私、作品のイメージから、(バーニングレスキューの)バリスっぽいムキムキな人が来るのかなと思っていたら、すごく穏やかな、やさしい目をした方で、クレイさん(プロメポリスの司政官で、堺雅人さんが演じている)っぽい感じ。堺雅人さんと雰囲気が似ていて、穏やかでニコニコしているけど、目の奥に何かちょっと感じるものがあるような雰囲気の方でした。

中島さんは、記事などでお顔は拝見したことがあったので知っていました。でも脚本家の方って役者と思考回路が全然違うので、話が噛み合わないこともあるんです。世界を見ている人と、人間の中から世界を見ている人たちなので、ちょっと食い違う部分がどこかあるなっていう、脚本家というお仕事に対しての勝手な偏見があったんですけど、中島さんは本当にコミュニケーション能力が高い方で。私の父親くらいの年齢だと思うんですけど、若者のカルチャーにもすごく精通していらっしゃるし、通じない話題が基本あまりないんですよね。話が弾むし、会話が途切れることがなくて、お互いが興味を持ちながら話しているので、すごく楽しい。この作品に関わってから、もう2回くらいご飯を食べに行ったりしてます。

 

 

パズルのピースみたいに個性が噛み合っていた

ーー佐倉さんの演じるアイナというキャラクターについて教えてください。

 

佐倉 公式サイトによると、クールで落ち着いた女の子ということなんですけど、それはたぶん今石✕中島作品の中では……というだけで、そこそこ活発で姉御肌っぽい女の子でした。ガロのお姉さんっぽくもあり、幼なじみらしいところもあれば、母のように見守るような立ち位置にもなる。そんなバーニングレスキューの女の子です。

 

ーーガロに対しては特別な感情もありそうですけどね。

 

佐倉 そういうシーンもちょっとあったので、思うところがありそうな雰囲気は出てますね。

 

ーー演じるときに心がけたことを教えてください。

 

佐倉 女の子らしくなり過ぎないようにしようとは思いました。中島さんは強い女性を描くことにすごく長けてらっしゃって、私が見てきた舞台だと、どんな脇役の女性でもしっかりと戦うんですよ。そういう中島脚本作品を見てきて、アイナがその節でしゃべるとなったときに、弱い女性にはしたくなかった。でもスタッフさん側から、かわいらしさは残してほしいというオーダーもあったので、見ている人にそういう印象はしっかり残そうと思いました。ビジュアルがかわいいし、ピンクの髪の色で表情もころころ変わるから、私としてはビジュアルに任せておけばかわいくなるんじゃないかなと思ってはいましたけど(笑)。ただ、その中でもガロと2人でいるシーンは「少しかわいらしくスネてください」ということで。映画の尺の中だと、ヒロイン然とするシーンに割ける時間って少ないと思うので、そのバランスもあってのオーダーだったのかなと思いました。

 

 

ーーアフレコはどのような感じでしたか?

 

佐倉 声優さんは声優さんで、俳優さんは俳優さんで、という感じで分かれて収録をしていました。

 

ーー過去のTRIGGER作品に出演されてる演者も多かったですが、その輪に入ることに関してはいかがでした?

 

佐倉 入って行きづらいということは全然なくて、みんなが自由に立ち振る舞っている感じでした。みんながみんなしゃべりたい人としゃべっているし、ほかの現場でお世話になっている方も多かったので、ずっと口角が上がっている現場だったなと思ってます。誰かが絶対しゃべってるんですよ。おしゃべりな人が多くて、ひとりでいさせてもらえない現場でした(笑)。

 

ーーすごくいい現場ですね。

 

佐倉 みんな別方向を向いているのに背中はあずけあっていて、背中だけはピッタリくっついているような感覚でした。それがすごくいい雰囲気だし不思議な現場だったので、私もここにいたいなと思いました。個性は強いけどパズルのピースみたいにその個性が噛み合っているんですよね。信頼感も感じるし、みんな楽しそうだし、いい緊張感はあったのかもしれないですけど、いや……あんまりなかったかな(笑)。

みんな監督と仲がいいから、指示をあおぐ時も「これってこうなの?」と聞く感じなんですよ。プレスコに近い感じで、役者の尺に合わせてくれるし、「役者がいい芝居をしたらいい絵を付けます。ダメだったら絵が勝ちにいきます」っていう現場だったので、みんなコンテ絵を見ながら、「ここってこういう動きをしてるの?」「こういう動きにしようよ」ってやり取りしているのがすごく面白かったです。ずっと笑いながらそれを眺めていました。

 

 

ーーちなみに新谷真弓さんは、舞台役者のイメージもありますけど、いかがでした?

 

佐倉 実は(新谷さんは)抜き録りで、私たちが終わる頃にいらっしゃって、ちょっとだけお会いして、少しだけお芝居を見せていただくという感じだったんです。でも存在感がすごくて、まるで頭からいたかのような印象がありました(笑)。

 

ーー今回は声優のほかに、舞台などで活躍されている俳優さんも出演されています。その芝居についてはいかがでしたか?

 

佐倉 いやぁ、すごかったですよ! 私たちにとって俳優さんのお芝居ってすごく新鮮だし、私たちには出てこないものだと思っているので。そしてすごい俗っぽい言い方ですけど、いい声の俳優さんが揃っているんです。個人的に、松山ケンイチさんの声ってすごく不思議な声で、テレビや映画や舞台で見ていて、すごく存在感のある声だなと、昔から思っていた俳優さんだったんですよね。

 

ーーあえて言葉で表現すると、どんな声なんですか?

 

佐倉 ちょっとやさしい色をたたえている声なんですよ。だからガロみたいな役を松山さんの声で演じると、熱さの中にやさしさとかやわらかさがしっかり出るんですよね。それがすごくいいバランスであり、いいキャスティングだったなぁと思いました。あのガロの台詞回し・節回しって、実写作品だとなかなか出てこないものだと思うんですけど、松山さんはアニメもお好きだという話ですし、それと舞台で培った非現実感みたいなものが合わさって、全然違和感なく演じられていたので本当にびっくりしました。これは負けられないな!と思いました。

 

ーー松山さんは、気持ちを作るのに衣装やメイクがすごく役に立っていたということをアフレコで気づいたと言っていました。普段着で行ってしまったから、なかなか気持ちを作れなかったと。

 

佐倉 えーー! そうなんですね。私たち声優はジャージで現場に来る人もいれば、私なんかはほとんどすっぴんでマイク前に立ってるから、何の手を借りて気持ちを入れてるんだろうなぁ。台本を持って、マイク前に立つとスイッチが入るのかな……。でも、アニメーション作品だと周りの人たちの声がすごく心強いし、隣のマイクに人が立っているというのも心強いんですよ。周りの人たちの声に勇気をもらったりするので、そういう意味では今回、松山さんが先に収録されていて、その声を聞きながらの収録だったので、耳元にガロがいることが、とても勇気になりました。

 

 

登場人物達は、真っ直ぐ過ぎてめんどくさい(笑)

ーー印象に残っているシーンなどはございますか?

 

佐倉 ビジュアル面だと冒頭がすごく好きなんです。作品の冒頭ってすごく大事だと思っていて、その世界観を見ている人に伝えて、かつ引きずり込まないといけないじゃないですか。インパクトで引きずり込むのか、じわじわと引きずり込むのか、いろいろあると思うんですけど、この作品の冒頭って、それらが、イメージボードを動かしているように表現されているんですよ。しかも音がまたすごくスタイリッシュで、でも鬼気迫るものだったりする。さらに幾何学っぽい演出もされていて、この作品はこういうふうに演出していきますよっていうことも示しているんです。カッコいい! 素敵! ずっと見ていたい!と思わせる映像に仕上がっていて、心のワクワクに語りかけてくるぞ!っていう感じだったので、すごく好きなシーンでした。

 

ーー確かに、すごくカッコよかったですね。

 

佐倉 それでいて物語はとてもわかりやすいじゃないですか。消す者と燃やす者という対極の存在があって、おのおのの正義があるっていう。こういうわかりやすいストーリーを、スタイリッシュな演出と中島さんらしい言い回しで、キャラクターたちの台詞でどんどんバトンを繋ぎ合って作品が進んでいく。やっぱり少し舞台を見ているような快活さがありましたね。その中に落ち着いた2人きりのシーンが挟まってきたりする。その2人もいろいろあって、アイナであればガロだったり、お姉ちゃんのエリスであったりするんですけど、そういう人間関係の見せ方も上手だなぁと思いながら、いちファンとしてのめり込みながら見ていましたね。まだ、(映像が)完成ちょっと前のものだったんですけど。

 

ーーちなみに、佐倉さん自身はガロみたいなタイプは好きですか?

 

佐倉 ガロですか……現実にいたらちょっとやですけどね。あははは(笑)。社会に適合できるのかなぁと思っちゃう。だからこそアニメーションで見ることが爽快なんですよね。身近で見たらアイナみたいにヒヤヒヤするだろうし、私はアイナほど情に厚くないので、どこかで見切りをつけて手を離してると思います……(笑)。あなたの人生だから勝手にすればいいけど、私を巻き込まないでって。

 

 

ーーじゃあ、リオのほうがいい?

 

佐倉 どちらかというとリオのほうがいいですね。ちょっとこじらせすぎてるかもしれないですけど(笑)。ただ今石✕中島作品には、手に負える人は出てこないと思います。そう考えるとめんどくさい人の集まりですよね。真っ直ぐ過ぎてめんどくさい(笑)。

 

ーーだからこんな熱い作品になるんでしょうね。

 

佐倉 そうですね! でもコンテンツってそうだよなって思います。現実で体感できないものを浴びせられる感じは、この作品の魅力です。

 

ーーでは最後に、読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

 

佐倉 とりあえず冒頭を見てもらいたいです! 映画館に足を運んでもらえれば、すごい作品が始まったと思ってもらえると思います。そして、どこを切り取ってアートワークにしても、遜色ないクオリティの映像が上がっていて、そこに負けじと音の洪水がある。劇場ならではの作品だなと思いますし、劇場の音響で聴いたらすごいことになると思います。私たちも、それに負けないようにと声を吹き込ませていただいたので、非現実感に生きる人たちの全力の生命力を感じてもらえたらいいなと思います。

 

 

(取材・文・写真/塚越淳一)



「プロメア」公開記念、佐倉綾音サイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント!

今回、「プロメア」放送開始を記念して、アイナ・アルデビッド役、佐倉綾音さんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント! くわしい応募要項をご確認のうえ、ふるってご応募ください。

 

<賞品>

・佐倉綾音サイン入りチェキ写真

 

 


<応募要項>

・応募期間:2019年5月24日(金)~2019年5月31日(木)23:59

・当選人数:1名様

・当選発表:賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます

・賞品発送:2019年7月末までに発送予定

・応募方法:以下の専用応募フォームにて受付

 

応募フォームはこちらから

<注意事項>

・応募には会員登録(無料)が必要です。

・応募はひとり1回に限らせていただきます。

・抽選結果・発送状況に関するお問い合わせには応じられません。

・当選された賞品もしくは権利を第三者に譲渡・転売することを禁じます。

・カカクコムグループ社員、および関係者は参加できません。

・賞品の発送は国内に限らせていただきます。

・梱包には細心の注意を払いますが、万が一運送中の事故により破損等した場合でも、返品・交換等は受け付けられませんので、あらかじめご了承ください。

・下記の場合は、当選を無効とさせていただきますので、ご注意ください。

 同一住所または同一世帯で複数回ご当選されている場合

 不正なアカウント(同一人物の複数アカウントなど)を利用して応募した場合

 ご当選者の住所、転居先不明・長期不在などにより、賞品をお届けできない場合

 ご登録いただいたご連絡先・お届け先情報の不備により、賞品がお届けできない場合

 賞品お届け先ご連絡締切日までに、ご連絡いただけなかった場合

 ご応募に関して不正な行為があった場合

画像一覧

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

  • 【サイン入りチェキをプレゼント!】劇場用アニメーション「プロメア」公開記念、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)インタビュー!

関連作品

プロメア

プロメア

上映開始日: 2019年5月24日   制作会社: トリガー
キャスト: 松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、佐倉綾音、吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美、楠大典、檜山修之、小西克幸
(C) TRIGGER・中島かずき/XFLAG

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事