【ざっくり!平成アニメ史】第1回 平成元年(1989年)――OVAからTVアニメへ、の「パトレイバー」、そして声優ユニット「NG5」の人気が爆発した新時代の幕開け

2019年01月18日 12:501
【ざっくり!平成アニメ史】第1回 平成元年(1989年)――OVAからTVアニメへ、の「パトレイバー」、そして声優ユニット「NG5」の人気が爆発した新時代の幕開け

2019年4月30日、31年に及ぶ「平成」の幕が下りる。国内外問わずさまざまな出来事のあった激動の時代だが、アニメ業界にも数え切れないほどの作品が生まれ、いろいろなトピックが世の中をにぎわせた。

アニメは世につれ、人につれ。

ということで、今回より1年ごとに平成のアニメを振り返る連載、堂々スタート!

ファミリー向けとアニメファン向けアニメの両極化が進んだ平成の幕開け

前年より体調を崩されていた昭和天皇が、1月7日に崩御。翌1月8日より「平成」に改元され、新たな時代がスタートした。

この時期のアニメ業界は、当時のアニメ雑誌にも書かれるほど「冬の時代」だった。

 

その理由は諸説ある。ひとつには、当時日米合作アニメが多数制作されていたため、主力アニメーターが国外で活躍していたことから、国内のアニメ制作現場が手薄になっていた――という説があるいっぽう、アニメを楽しんでいた視聴者側の状況の変化も大きかったと思われる。

その説明の前に、1980年代後半のアニメ事情について振り返ってみたい。

「ヤマト」「ガンダム」などに端を発する1970年代後半のアニメブーム以降、アニメファンの存在が世に認知され、そういった「濃い人たち」向けのアニメが急増したのが1980年代初頭だ。

 

同時期、ファミコンに代表される新たなホビー「テレビゲーム」が、子どもたちの間で大ブームとなる。それまでゲームセンターなどでしか遊べなかったビデオゲームを、自宅のテレビで遊ぶことができる。

そんなテレビゲームは、たちまち子どもたちの心をがっしりとつかんだ。

 

ビデオデッキが一般家庭に普及し始めたのもこの時期だ。1980年代初頭だと、1台20万円オーバーとまだまだかなりの高額商品ではあったが、「好きな物には投資を惜しまない」のがオタクの習性。経済力のあるアニメファンを中心に、いつでも、何度も好きなアニメを観ることができ、予約録画、コマ送りなど映像をじっくり堪能できるビデオデッキは着実に広まっていった。そんな中で登場したのがOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)である。「好きな物には投資を惜しまない」アニメファン向けに作品を作り、購入してもらうことでダイレクトに製作費が回収できることから、よりアニメファンの嗜好に寄せたコアな作品が次々と作られるようになるのである。

 

つまり、テレビアニメのメインターゲットたる子どもたちはテレビゲームに夢中となり、太客のアニメファン向け作品はOVAという、よりニッチな市場に軸足を移したのである。その結果、1989年当時のテレビアニメの主流は「ドラゴンボールZ」「シティハンター」「YAWARA!」「悪魔くん」といったマンガ原作もの、「ドラえもん」「チンプイ」「ビリ犬なんでも商会」「パラソルへんべえ」などの藤子アニメ、「おぼっちゃまくん」「ダッシュ!四駆郎」「新ビックリマン」「GO!レスラー軍団」といった「コロコロコミック」「コミックボンボン」連載の児童向け、またはホビーアニメ、「魔法使いサリー」「ジャングル大帝」「がきデカ」「みなしごハッチ」などのリバイバル・懐かし原作ものアニメといった具合に、ファミリー向け、低年齢層向けの作品の比率が多めだったといえる。

多様化する趣味嗜好にあわせて細分化が進んだ結果、かつてのような大きなブームを生み出すパワーを持った作品が生まれにくくなっていたのが、1989年――平成元年のアニメ業界なのだ。

 

しかし、それでもアニメファンの間で話題となったテレビアニメがなかったわけではない。

その代表が「機動警察パトレイバー」だろう。前年より低価格のOVAシリーズとしてスタートした本作は、その好評を受け1989年7月に劇場版第1作を公開。そして10月より満を持してTVシリーズの放送をスタートするという、かつてない展開を見せた。

また、「天空戦記シュラト」「魔動王グランゾート」もアニメファンに絶大な支持を受け、放送終了後にOVAとして展開した。1980年代半ばより、アニメファンに人気の出たテレビアニメの続編をOVAという形で発表するという潮流はあったが、この時期になるとそのメディア展開はかなり一般化していたことがうかがえる。「好きなものには投資を惜しまない」アニメファンの習性がここでも見受けられる。現在、多くの作品で採用されているイベント上映、有料配信などの源流をここに見ることができる。

 

また今も高い人気を誇る漫画家・高橋留美子のマンガを原作とする「らんま1/2」がアニメ化したのもこの年。本作では作品人気もさることながら、声優人気も加熱。まだ若手の山口勝平、林原めぐみ、山寺宏一、高山みなみ、井上喜久子らが出演。その人気の過熱ぶりは、後年女性声優ユニット「Doco」が結成されたことからもうかがえる。

さらに前年度放送のアニメ「鎧伝サムライトルーパー」から生まれた男性声優ユニット「NG5」(草尾毅、佐々木望、竹村拓、中村大樹、西村智博)も、平成元年に活動を開始。

今や当たり前のように行われているアニメ発の「声優ユニット」活動だが、そのルーツがここにある。

 

もうひとつ、言及しておかねばならないのが、同年に日本全土を震撼させた、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件である。

幼女を標的とした連続殺人事件の犯人が、いわゆるオタク・ロリコン・ホラーマニアであるという報道が行われたことから、激しいオタクバッシングが日本中に巻き起こったのである。この事件の影響は当時のアニメにも少なからぬ影響を与え、またアニメファンをはじめとするオタクにとっても大きなトラウマとなった。その影響は、今もなおアニメファンの間にくすぶるメディア・マスコミへの不信という形で残っていると言える。

 

平成のアニメ事情は、そんな激動の1年で幕を開けた。

次回は平成2年。果たしてどんなアニメが登場したのだろうか。

画像一覧

  • 【ざっくり!平成アニメ史】第1回 平成元年(1989年)――OVAからTVアニメへ、の「パトレイバー」、そして声優ユニット「NG5」の人気が爆発した新時代の幕開け

関連作品

ドラゴンボールZ

ドラゴンボールZ

放送日: 1989年4月26日~1996年1月31日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 野沢雅子、鶴ひろみ、宮内幸平、古谷徹、田中真弓、鈴置洋孝、古川登志夫、堀川りょう、中尾隆聖、草尾毅、若本規夫、塩屋浩三、八奈見乗児
(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

シティーハンター3

シティーハンター3

放送日: 1989年10月15日~1990年1月21日   制作会社: サンライズ
キャスト: 神谷明、伊倉一恵、一龍斎春水、鷹森淑乃、玄田哲章、小山茉美、佐々木るん
(C) 北条司/NSP・読売テレビ・サンライズ

YAWARA! a fasionable Judo Girl!

YAWARA! a fasionable Judo Girl!

放送日: 1989年10月16日~1992年9月21日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 皆口裕子、永井一郎、関俊彦、神谷明、川島千代子、鷹森淑乃

悪魔くん ようこそ悪魔ランドへ!!

悪魔くん ようこそ悪魔ランドへ!!

上映開始日: 1990年3月10日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 三田ゆう子、古川登志夫、深雪さなえ、永井一郎、田の中勇、片石千春、西原久美子、小林通孝、西尾徳、江森浩子、難波圭一、頓宮恭子、平野正人、川島千代子、柳沢三千代、杉山佳寿子
(C) 水木プロ・東映アニメーション

ドラえもん (第2作 第1期)

ドラえもん (第2作 第1期)

放送日: 1979年4月2日~2005年3月18日   制作会社: シンエイ動画
キャスト: 大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太、たてかべ和也、よこざわけい子、白川澄子、千々松幸子、加藤正之、中庸助、太田淑子、沢りつお、加藤治、井上和彦、田中亮一、兼本新吾、渡部猛、松原雅子、鳳芳野、横尾まり、二又一成、青木和代
(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

チンプイ エリさま活動写真

チンプイ エリさま活動写真

上映開始日: 1990年3月10日   制作会社: シンエイ動画
キャスト: 堀絢子、林原めぐみ、八奈見乗児、佐々木望、鈴木弘子、津村鷹志、菊池正美、岡本麻弥、大塚周夫、富山敬
(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1990

おぼっちゃまくん

おぼっちゃまくん

放送日: 1989年1月14日~1992年9月26日   制作会社: シンエイ動画
キャスト: 神代知衣、佐々木望、川村万梨阿、銀河万丈、笹岡繁蔵、田原アルノ、青木和代、松尾銀三、松本梨香、林玉緒、水原リン、一城みゆ希
(C) 小林よしのり/小学館・シンエイ

ダッシュ!四駆郎

ダッシュ!四駆郎

放送日: 1989年10月3日~1990年3月27日   制作会社: アウベック
キャスト: 野沢雅子、玄田哲章、関俊彦、津久井教生、佐久間レイ、中尾隆聖
(C) 徳田ザウルス/HALF H・P STUDIO

魔法使いサリー(第2期)

魔法使いサリー(第2期)

放送日: 1989年10月9日~1991年9月23日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 山本百合子、一龍斎貞友、本多知恵子、屋良有作、川島千代子、西原久美子、内海賢二
(C) 光プロ・東映アニメーション

機動警察パトレイバー(初期OVAシリーズ)

機動警察パトレイバー(初期OVAシリーズ)

発売日: 1988年4月25日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、二又一成、池水通洋、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、大林隆介、榊原良子
(C) HEADGEAR/BV/TFC

機動警察パトレイバー 劇場版

機動警察パトレイバー 劇場版

上映開始日: 1989年7月15日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、大林隆介、榊原良子、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、西村知道、辻谷耕史、辻村真人、小島敏彦
(C) HEADGEAR/BV/TFC 1989

機動警察パトレイバー(TVシリーズ)

機動警察パトレイバー(TVシリーズ)

放送日: 1989年10月11日~1990年9月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、大林隆介、榊原良子、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、西村知道、よこざわけい子、合野琢真、鈴置洋孝、土師孝也
(C) HEADGEAR/BV/TFC

天空戦記シュラト

天空戦記シュラト

放送日: 1989年4月6日~1990年1月25日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 関俊彦、子安武人、堀内賢雄、山寺宏一、井上和彦、林原めぐみ、飛田展男、中田和宏、島本須美、鈴置洋孝、水谷優子、小杉十郎太、佐々木優子、松本保典
(C) 創通エージェンシー・タツノコプロ

魔動王グランゾート

魔動王グランゾート

放送日: 1989年4月7日~1990年3月2日   制作会社: サンライズ
キャスト: 松岡洋子、松田辰也、安達忍、鈴木れい子、林原めぐみ、緒方賢一、山寺宏一、島香裕、龍田直樹
(C)SUNRISE・R

らんま1/2

らんま1/2

放送日: 1989年4月15日~1989年9月16日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 山口勝平、林原めぐみ、日髙のり子、高山みなみ、井上喜久子、大林隆介、緒方賢一、鈴置洋孝、島津冴子、山寺宏一、鶴ひろみ、佐久間レイ、関俊彦、永井一郎
(C) 高橋留美子/小学館・キティ・フジテレビ

らんま1/2 熱闘編

らんま1/2 熱闘編

放送日: 1989年10月20日~1992年9月25日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 山口勝平、林原めぐみ、日髙のり子、高山みなみ、井上喜久子、大林隆介、緒方賢一、鈴置洋孝、島津冴子、山寺宏一、鶴ひろみ、佐久間レイ、関俊彦、永井一郎
(C) 高橋留美子/小学館・キティ・フジテレビ

鎧伝サムライトルーパー

鎧伝サムライトルーパー

放送日: 1988年4月30日~1989年3月4日

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
如月葵ラインハルト如月葵ラインハルト2019/02/03 17:35

若干、過大評価されてる気が。このころはまだブームという自覚が業界内外にもまだなかったと思います