TVアニメ「けものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー! 「前シリーズをリスペクトし、面白いと思ったところは全部入れてます」

2018年12月02日 12:000
TVアニメ「けものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー! 「前シリーズをリスペクトし、面白いと思ったところは全部入れてます」

アニメ、ゲーム、舞台、動物園コラボなどさまざまな展開を見せている「けものフレンズプロジェクト」。その大きな柱のひとつであるTVアニメのセカンドシーズン「けものフレンズ2」が、2019年1月7日より放送される。

本作では、新キャラクターとして“子供”や“カラカル”が登場。さらに、オーディションによって誕生した新ユニット“Gothic×Luck(ゴシックラック)”の詳細も発表となり、放送に向けてますます期待感が増している。

 

アキバ総研では、そんな「けものフレンズ2」を作り上げるスタッフ陣を直撃。今回は、監督を務める木村隆一さんに「けものフレンズ」の印象や制作でのこだわりなど、さまざまなお話をうかがった。

  



木村監督が思う「けものフレンズ」人気の理由

――前シリーズ「けものフレンズ」は社会的に大反響となりました。話題になった作品の続編として監督の話が来た時のことや、率直な感想を教えてください。

 

木村隆一(以下、木村) テレビ東京の細谷(伸之)プロデューサーとは「アイカツ!」でずっと一緒だったので、「『けものフレンズ』が人気出てよかったね」という話は以前からしていたんです。「2」の監督を探しているということで、飲みの席の冗談として「僕が監督やってもいいよ」と言ったら本当に電話してきたんですよ(笑)。

  

――軽いノリで言ったことがきっかけだったのですね。

 

木村 飲みの席ですからね(笑)。その後、ほかにやっている作品との兼ね合いで物理的に可能かどうか確認して、引き受けたという感じです。というか、ほかの方がいればその方でいいですよ、と言っていたんですけど(笑)。

  

――人気作の「2」から監督を務めることにプレッシャーはありましたか?

 

木村 プレッシャーは特にありませんでした。作品づくりそのものには、人気作だったからどうとか関係なくて、僕らはそれぞれの作品でベストを尽くすだけですから。もちろん、作るうえでは僕が思っていることをそのまま作るわけではなく、プロデューサーたちやいろいろな方の意見をまとめながら作っていくので、そういうところでは当然前シリーズと違いがあると思います。でも、それはどの作品でも一緒なので、作品づくりそのものに大きく違いはありませんでした。

 

――前シリーズは放送当時ご覧になっていましたか?

 

木村 見ていました。

  

――作品の印象や人気が出た理由はどのあたりだと感じていましたか?

 

木村 僕なりの分析になりますが、擬人化モノでSFをやろうとしていて、自分のアイデンティティを探すという切り口は面白いなと思っていました。SFは割と好きなので。それから、物語の構造が大人でも子供でも楽しめるスタイルになっていたことも、よりわかりやすく視聴者に伝わったんだろうなと思いました。

  

――そういうことも含めて、今回監督を務めることになった時に留意した「けものフレンズ」の芯や面白さの根幹、こだわりなどを教えてください。

 

木村 基本的に、前のシリーズで自分が面白いと思ったところは全部残すようにしています。仕事に疲れて帰ってきて「けものフレンズ」を見るとほのぼのした気分になるとか、SF的な要素、お話はシンプルだけど謎解きの楽しさもある構造など、そういったことはなるべく踏襲したいなと。

 

――その中で、新しい要素として出てくるのが新キャラクターの“子供”や“カラカル”です。

 

木村 新しい主人公は必要ですからね。“子供”がどういうキャラクターになるかは実際に見ていただければと思います。“カラカル”は出してほしいという要望があったんですよ。前シリーズはサーバルとかばんちゃんの2人がメインだったので、サーバルと主人公と、もう1人増やすことにより絵面や会話で前シリーズとはまた違ったこともできたらいいなと思って登場させました。

  

――もちろん、前シリーズのキャラクターも変わらず活躍してくれるわけですよね。

 

木村 そうですね。そのほかにも新しいキャラクターはいっぱい出てきますが、前シリーズのキャラクターたちも出てきますので、どちらも楽しみにしていてください。とりあえず、ビジュアルにいるキャラクターは出ます(笑)。

 

 

「けものフレンズ」は僕の得意分野の作品

――制作は順調ですか?

 

木村 順調なアニメなんて1本もないと思っていますが(笑)、面白い作品になるようにがんばっています。

 

――絵作りの面で注力している部分を教えてください。

 

木村 キャラクターのモデルは吉崎さん(コンセプトデザインの吉崎観音さん)に監修いただいているので、かなりかわいくできています。それから、前シリーズでは出てこなかった場所(ちほー)も出てきますので、水の表現など新しい挑戦として楽しんでいただけると思います。

  

――吉崎さんからはどのような形で監修を?

 

木村 3Dモデルが完成したら一度吉崎さんに渡して、細かいところを見ていただいています。たとえばサーバルであれば、模様のディテールをもうちょっとランダムにしたほうがいいとか。吉崎さんが描いたデザインは、元になった動物をちゃんと観察して作られているので、そういうコンセプト的な部分を外していないかとかですね。

  

――吉崎さんのデザインは木村監督から見てどこが魅力ですか?

 

木村 ここ、というのは表現しづらいですけど、かわいいですよね(笑)。吉崎さんのかわいいラインが出るように3Dモデルを作っています。制作スタッフの中には「けものフレンズ」がもともと好きだった子もいるので、その子が見てもかわいいと思えるようにと意識しています。

  

――この作品もそうですが、ターゲット層を幅広く考える場合に意識する点はありますか?

 

木村 なるべく広い入口といいますか、いろいろな方が入りやすいような作りにしたいと思っていて。それは今回も同じですね。普段アニメを見ない人が見ても面白と思えるような作品にしたいと、常に意識して作っています。

  

――前シリーズでは、幅広いターゲットにしたいという例としてあげられていたのが、木村監督が手がけられていた「アイカツ!」でした。

 

木村 やはり、作品を作る以上はなるべくたくさんの人に見てほしいですから。もちろん商売的なこともあります。でも、僕らが作っているのは娯楽作品なので、コアなお客さんは見据えつつも、そうじゃない方が見ても楽しんでもらえる入り口をなるべく用意するんです。いろいろな角度から楽しめるようにしたいというのは、どの作品でも考えています。

  

――前シリーズは歌も話題になりました。今回はどのような感じになるのでしょうか?

 

木村 「けものフレンズ」らしさはありつつ、オープニングもエンディングも前シリーズとは少し違ったアプローチをしようと思っています。

  

――シリーズ構成・脚本はますもとたくやさんが担当しています。ますもとさんの印象はいかがですか?

 

木村 いろいろなことに対応できる、とても頭のよい方だなという印象です。お笑い系の舞台もやっておられるので、それが生かされていますね。関西出身ということで、関西弁を使った面白い会話が出てきたりします。

  

――ちなみに、木村監督のお笑いの素養は?

 

木村 どうですかね(笑)。でも、ギャグは好きですよ。

  

――木村監督はもともとどういう作品が好きなのでしょうか? 日常モノが好きだと言っていたこともあるとのことですが。

 

木村 作ることに関して言えば、日常ドラマのあるものが好きなんです。視聴者としてはアクション作品とかいろいろ見ますが、仕事として作る場合は日常描写のある回が好きで。各話の演出をする時も、すごく地味な話数が回ってきても楽しくやれるタイプです(笑)。

 

――「けものフレンズ」はある意味で日常モノ的な面白さもあると思います。

 

木村 そうですね。ベースは日常だと思いますので、「けものフレンズ」は自分が得意な分野の作品だと思って前シリーズを見ていました。

  

 

面白い作品になっている手応えはあります

――このような3DCGを使ったアニメは、通常のアニメとは制作するうえで勝手の違うことがあるのでしょうか?

 

木村 大きな違いはないんです。というのも、今回は普通のアニメと同じような作り方をしていて、構図を決めたりキャラクターの大雑把な芝居を決める“レイアウト作業”までは、かなりの部分を手描きでやっているんです。そこから、色のついたキャラクターを動かしたり細かい芝居をつけていくのは3Dでの作業になります。根本の設計部分は手描きなので、ワークフローが大きく違うことはないです。ただ、3Dのほうが準備してから完成するまでに時間がすごくかかりますね。

 

――では、3DCGの面白さはや特徴はどこに感じますか?

 

木村 ワンカットの中で構図を変えるのが2Dより少し自由だと感じます。今回も背景は手描きだから制約される部分はありますが、3Dモデルを使うことによってワンカットの中で構図を変えやすいなと思ってチャレンジしています。

  

――ご自身にとっても刺激的なお仕事になっていると。

 

木村 そうですね。楽しんでやっています。

  

――Twitterでも「皆んなで楽しみましょう~!」と言っていましたからね。

 

木村 娯楽なので、ぶっちゃけ監督なんて誰でもいいんですよ(笑)。誰が作っているか考えずに面白い作品をみんなで楽しむのが娯楽の基本といいますか、そのほうがみんな幸せだと思います。僕はいつでも、面白い作品を作りたいと思っているので。

  

――現状の手応えはいかがですか?

 

木村 面白いものはできていると思います。基本的に、作る時は「面白いぞ」と思って作っているので(笑)。お客さんが見た時にどう思われるかはわからないですけど。

  

――放送を楽しみにしている方たちへ、メッセージをお願いします。

 

木村 僕自身、前のシリーズにリスペクトを捧げて作っていますので、「けものフレンズ」が好きだった人は面白いと感じてくれると思っています。いいところは引き継いでやっていますので、安心して見ていただけたら嬉しいです。

 

(取材・文・撮影/千葉研一)

画像一覧

  • TVアニメ「けものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー! 「前シリーズをリスペクトし、面白いと思ったところは全部入れてます」

  • TVアニメ「けものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー! 「前シリーズをリスペクトし、面白いと思ったところは全部入れてます」

  • TVアニメ「けものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー! 「前シリーズをリスペクトし、面白いと思ったところは全部入れてます」

  • TVアニメ「けものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー! 「前シリーズをリスペクトし、面白いと思ったところは全部入れてます」

関連作品

けものフレンズ

けものフレンズ

放送日: 2017年1月10日~2017年3月28日   制作会社: ヤオヨロズ
キャスト: 尾崎由香、本宮佳奈、小野早稀、内田彩、佐々木未来、根本流風、田村響華、相羽あいな、築田行子、近藤玲奈、津田美波、藤井ゆきよ
(C) けものフレンズプロジェクト/KFPA

けものフレンズ2

けものフレンズ2

放送日: 2019年1月7日~   制作会社: トマソン
キャスト: 尾崎由香、本宮佳奈、小野早稀、石川由依、小池理子、内田彩、佐々木未来、根本流風、田村響華、相羽あいな、築田行子、八木ましろ、菅まどか、山下まみ、前田佳織里、藤井ゆきよ
©けものフレンズプロジェクト2A

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!