いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

2018年03月08日 12:270
いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

アニソン界のスーパーユニット、JAM Projectの全国ツアー「JAM Project JAPAN TOUR 2017-2018 TOKYO DIVE」のファイナル公演が、2018年2月17日(土)に日本武道館にて開催された。


JAM Projectは、影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさん、奥井雅美さん、福山芳樹さんの5名からなるアニソンユニット。1人ひとりがソロのアニソンシンガーとして第一線で活躍しているメンバーで構成された本ユニットは、もはやレジェンドともいうべきアニソン界のスーパーユニットだ。その、日本を代表する実力派シンガーによるスーパーユニットJAM Projectの全国ツアー「JAM Project JAPAN TOUR 2017-2018 TOKYO DIVE」の最終公演が、2月17日(土)に日本武道館にて開催された。

本公演は、2017年10月に発売されたオリジナルアルバム「TOKYO DIVE」を引っさげた全国ツアー。同年11月2日(木)の神奈川県の川崎市スポーツ・文化総合センター公演を皮切りに、国内11公演が開催された。

本稿ではその締めくくりであり、アジア複数都市を巡るアジアツアーへの布石ともなったファイナル公演の模様をお届けする。

 

会場に集まったファンは、やはり老若男女を問わず、さらに国籍も問わず、年齢性別国籍を超え、JAM Projectというひとつの大きな熱の塊に魅了された人々の集まりだった。開演前からすでに熱気が満ちていた会場だったが、アルバムのイントロダクションとなっている楽曲「Spinning Out of Control」が流れると、その熱がさらにヒートアップし、会場は一瞬にしてサイリウムの赤い光に覆われた。

バンドメンバーに続き、ステージへと登場した5人の姿は、このツアーのトレードマークとなったLEDが施された、まばゆい光を放つスーツ姿。赤・青・黄・緑・ピンクと、戦隊ヒーローのようにそれぞれのカラーでアピールしたかと思えば、楽曲にあわせてバックのLED映像とともに色を変えてステージングの一部となったり、会場に響き渡る音に合わせて色を変えるその演出は、さまざまな顔を見せてくれるJAM Projectそのもののように彩り鮮やかだ。


しかしそんな演出は、あくまで演出の一部。JAM Projectのライブといえば、ド迫力の5人の歌唱こそが根幹であり、そしてそれに応えるファンの熱い雄叫びもJAM Projectのライブの定番のひとつだろう。この日最初のMCで、久しぶりの武道館公演への意気込みをたっぷりにじませ、「どっからでもかかってきなさーーーーいっ!!」と会場を煽る遠藤さんの言葉には、割れんばかりの雄叫びがこだまする。いよいよ熱いステージの幕が開いたのだと感じた次の瞬間、本公演の開催がオリンピック真っ只中ということから影山さんが発した「俺たちもここで金メダル獲ります!」の言葉に大きな歓声と笑いが起きるのも、いつもの光景だ。

 

まだ3曲しか終えていないというのに上がりっぱなしのテンションは、劇場版「牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-」の主題歌「神ノ牙~The Fang of Apocalypse~」、特撮映画「HE-LOW」主題歌「勝利の未来‐とき‐」、そして「OVA スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION」主題歌の「迷宮のプリズナー」と続いたことでさらに加速度を増していく。

 

 

ここで、メンバーの間で「メモリアルコーナー」と呼ばれている、少し懐かしめの楽曲をソロ・またはデュエットで披露するコーナーへと移る。

まずは奥井さんがきただにさんに書いた「Saint Beast 光陰叙事詩天使譚」主題歌の「Divine Love」を、そして遠藤さんときただにさんでOVA「エクスドライバー」オープニング主題歌の「疾風になれ」を、そして最後に影山さんと福山さんが2人でアコギを演奏して「星空のレクイエム」を披露。さらに、全員がステージに戻っての「アレクサンドリア」「Believe in my existence」を歌い上げ、改めてさまざまな側面からJAM Projectの音楽性の広さを感じさせてくれた。

 

恒例となったアコースティック・コーナーでは、メンバーそれぞれがアコースティックギターやジャンベ、エッグシェイカーなどを携えて登場、アルバムからの新曲「I KILL -イキル-」で会場を魅了した。しかし続いた「Growing up」では奥井さんもシェイカーをタンバリンに持ち替え、一転して陽気な雰囲気に。「KAN-PAI」や「I Can!」「You Can!」のコール&レスポンスで会場が一体となった。

 

影山さんが上京してきた時の不安や挫折を思いながら作ったという「シュワッチ!~キミを護りたい~」に「Everything」と、メンバー自身も上京当時のさまざまな思い出が蘇るという2曲をしっとりと響かせた後は、PS4/PS Vita用ソフト「スーパーロボット大戦X」のために制作したオープニング主題歌「鋼のWarriors」を初披露。それぞれのソロパートから全員で歌唱するサビへと向かう流れはまさにJAM Projectの王道テイストそのもので、この楽曲を初めて耳にするはずの会場も、気付けば大盛り上がりとなっていた。

 

さらにその勢いのまま、TVアニメ「ワンパンマン」の主人公・サイタマのイメージソングでもある「豪腕パンチ」、PS4/PS Vita用ソフト「スーパーロボット大戦V」の主題歌「THE EXCEEDER」、さらにドラマ24「勇者ヨシヒコと導かれし七人」のオープニングテーマ「The Brave」とたたみかけ、ミラーボールの光が会場を照らし出す中、「東京スキャンダル」で会場一体となってタオルを回す。そして、「Shining Storm~烈火の如く~」や「鋼のレジスタンス」と、宣言通りのノンストップ楽曲でたたみかけ、最後はTVアニメ「ワンパンマン」主題歌「THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~」のイントロが会場に響く。ファイヤーフレームやジェットスモークにレーザーと、これでもかという演出で盛り上げたところで、ステージと観客全員が拳を突き上げて大熱唱する中、福山さんのシャウトが会場に響き渡り、みんなで拳を振り上げ、ジャンプし、熱く叫んでステージは最高の盛り上がりを見せたのだった。

 

「MOTTO!MOTTO!!」のコールが会場中に響く中、再び姿を見せたメンバーは「HERO」の美しいハーモニーで、熱いアンコールの声に応える。

こうして温かいファンに支えられてツアーを終えられること、そしてアジアツアーに向かえること、18年間活動を続けてこられたこと――。ステージに立てることは当たり前ではなく特別なことであり、こうして自分たちが歌えるのは、支えてくれる人たちのおかげだと、改めてファンへの感謝を述べていくメンバーたち。挨拶の最後には影山さんから、すでに発表となっている台北・ソウルでの公演に加え、5月11日に、広州での公演が決定したことも発表された。

 


そうして沸きに沸いたライブも、終了の時が近づく。最後は、18年間主題歌を担当してきた「スーパーロボット大戦」シリーズの代表楽曲メドレーが披露された。このゲームなくしてJAM Projectはなかったと言っても過言ではないとメンバー自身も自負する楽曲たちは「Rocks」「VICTORY」「GONG」と、息つく暇もない怒涛の展開で客席に襲いかかり、会場のボルテージは最高潮へと駆け上がっていく。会場の熱気も臨界点に達するかに思われる中、この1日の、そして長いツアーの最後を飾ったのは「SKILL」だ。高まった熱気をさらに上昇させるような5人の熱い歌声と、「MOTTO!MOTTO!!」のコールが交互に響く様は、JAM Projectのライブの醍醐味そのもののようなひと時だった。

このまま永遠にライブが終わらないような錯覚すら覚えた熱い一夜は、最後に全員一体となっての万歳三唱で幕を閉じた。

 

この熱い勢いを抱えたまま、アジアツアーへと突入するJAM Project。今後もその活動から、目が離せそうにない。

 

 

<2月17日 SET LIST

OP: Spinning Out of Control

01.TOKYO DIVE

02.EMG

03.BAD CITY~We’ll be alright!~

04.神ノ牙~The Fang of Apocalypse~

05.勝利の未来‐とき‐

06.迷宮のプリズナー

07.Divine Love

08.疾風になれ

09.星空のレクイエム

10.アレクサンドリア

11.Believe in my existence

12.I KILL-イキル-

13.Growing up

14.シュワッチ!~キミを護りたい~

15.Everything

16.鋼のWarriors

17.豪腕パンチ

18.THE EXCEEDER

19.The Brave

20.東京スキャンダル

21.Shining Storm~烈火の如く~

22.Crest of “Z’s”

23.THE HERO !!~怒れる拳に火をつけろ~

 

EN1.HERO

EN2.Rocks~VICTORY~GONG~SKILL

画像一覧

  • いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

  • いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

  • いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

  • いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

  • いざ、アジアツアーへ! JAM Projectツアー「TOKYO DIVE」、追加ライブの開催も決定したファイナル公演をレポート!!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2018 夏アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ