湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

2022年04月19日 18:000
湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

TBSほかにて放送中のTVアニメ「魔法使い黎明期」より、第3話のあらすじと先行場面カットが公開された。

原作は、虎走かけるさんのライトノベル(講談社ラノベ文庫)。“魔法使いになること”を目標に魔法学校に通う主人公のセービルが、仲間たちと試練や陰謀に立ち向かいながら、自分を見つけていく物語だ。TVアニメの制作は手塚プロダクションが手がける。


【2022年春アニメ】人間ドラマが見どころの本格ファンタジーアニメ「魔法使い黎明期」を引っ張る、フレッシュなメインキャスト・梅田修一朗(セービル役)×岡咲美保(ロー・クリスタス役)インタビュー

2022春アニメ一覧はこちら


TVアニメはTBSにて毎週木曜夜1:58~、BS11にて日曜夜0:00~放送中。この度、第3話のあらすじと先行場面カットが公開された。


【あらすじ・先行カット】
■第3話「湯けむりの向こうがわ」
<デア・イグニス>を退けたセービルたちは、旅の仲間にクドーを加えて再び実習先を目指すことに。道中、ロスから様々なことを学び、身につけていくセービル、ホルト、クドー。お互いに過去や素性も明かし、皆の間には少しずつ絆が芽生えていく。
さらに旅を続ける一同は大きな町に到着。町にある大浴場で旅の汗を流すことにしたセービルとクドーの前に思いもよらない人物が現れて……!?


【作品情報】

TVアニメ「魔法使い黎明期」

<放送・配信情報>
TBS:4月7日より毎週(木)深夜1:58~
BS11:4月10日より毎週(日)深夜0:00~
4月7日(木)深夜2:30から、dアニメストアほかにて順次配信開始


<スタッフ>

原作:虎走かける『魔法使い黎明期』(講談社ラノベ文庫)
キャラクター原案:いわさきたかし
監督・シリーズ構成:桑原 智
文芸:虎走かける・森田眞由美
キャラクターデザイン:岩崎令奈
美術設定:西田 稔
色彩設計:油谷ゆみ
編集:内田 渉(コンクエスト)
音響監督:本山 哲
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
アニメーション制作:手塚プロダクション

オープニングテーマ:fripSide「dawn of infinity」
エンディングテーマ:▽▲TRiNITY▲▽「インプリンティング」


<キャスト>
セービル:梅田修一朗
ロー・クリスタス:岡咲美保
ホルト:鈴代紗弓
クドー:八代 拓
泥闇の魔女:花守ゆみり
傭兵:矢野正明
神父:水中雅章
アルバス:大地 葉
ホルデム:加藤将之
リーリ:石見 舞菜香


<イントロダクション>
僕は、思い出せずにいる。
自分が一体、何なのか――。

魔法学校の生徒セービルは、入学以前の記憶がない。
自分がなぜここにいるかもわからないまま過ごす学校生活はどこか空虚で、
努力の方法も分からないまま、成績は常に最下位だ。
そんなセービルに、魔法学校の学長・アルバスは、突如危険な特別実習を言い渡す。

「魔女狩りのある地域で、魔法の有用性を広めてほしい」

魔女と教会の戦争が終結して数年――世界はまだ、魔女と魔法を完全に受け入れてはいなかった。
時は魔法使い黎明期。

これは、何者でもない少年が、心に傷を隠した仲間たちと、自分を見つける物語。


©虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会

画像一覧

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

  • 湯けむりの向こう♪ 春アニメ「魔法使い黎明期」第3話あらすじ&先行場面カット公開!

関連作品

魔法使い黎明期

魔法使い黎明期

放送日: 2022年4月7日~   制作会社: 手塚プロダクション
キャスト: 梅田修一朗、岡咲美保、鈴代紗弓、八代拓、花守ゆみり、矢野正明、水中雅章、大地葉、加藤将之、石見舞菜香
(C) 虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。