結果発表!「アキバ総研主演女優大賞2021」。2021年にいちばん活躍したナンバーワン女性声優は東山奈央!

2022年02月19日 12:000
結果発表!「アキバ総研主演女優大賞2021」。2021年にいちばん活躍したナンバーワン女性声優は東山奈央!

2022年1月14日~1月28日の期間で開催されたアキバ総研公式投票企画「年間ベスト主演声優を決めよう! アキバ総研主演女優大賞2021」の結果が出たので発表しよう。


なお、本投票企画は、2021年中に行われた「2021年春」「2021年夏」「2021年秋」(「2021年冬」は、不正投票が確認されたため除外)の各クールで行われた主演人気女性声優投票において、それぞれ10位までにランクインした合計28名をノミネート。その中から、2021年ナンバーワンと思われる主演女性声優を投票で決めようというものになる。


投票の結果、上位ベスト10に選出された女性声優は下記の通りだ。

 

1位:東山奈央(300票)
 2021夏アニメ6位

2位:上田麗奈(170票)
 2021秋アニメ3位、 2021春アニメ3位

3位:楠木ともり(147票)
 2021秋アニメ2位、 2021夏アニメ1位

4位:宮下早紀(101票)
 2021夏アニメ5位

5位:伊達さゆり(96票)
 2021夏アニメ3位

6位:藤原夏海(80票)
 2021秋アニメ9位

7位:本渡楓(70票)
 2021秋アニメ4位、 2021春アニメ7位

8位:石川由依(57票)
 2021春アニメ10位

9位:沢城みゆき(50票)
 2021夏アニメ9位

10位:鬼頭明里(26票)
 2021春アニメ6位

あまたいる人気女性声優の中で、今回1位の座に輝いたのは、300票を獲得した東山奈央さん。人気・実力とも現在の声優界ではトップクラスの東山さんだが、2021年は「ゆるキャン△ SEASON2」(志摩リン役)、「蜘蛛ですが、なにか?」(カティア役)、「ピーチボーイリバーサイド」(ミコト役)、「ぼくたちのリメイク」(河瀬川英子役)などで主演級の役を担当。劇場版アニメでも、「劇場版 きんいろモザイクThank you!!」の九条カレンや、「劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!」のレイナ・プラウラーなどの当たり役をこなし、充実の年となった。2020年には声優デビュー10周年を迎え、アーティストとしてもますますご活躍の東山さん、その人気は衰えることを知らない。

東山奈央さん


続く2位には、170票を獲得した上田麗奈さんがつけた。実力派声優として近年とみに活躍されている上田さんだが、2021年は、劇場アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」にて、ヒロインのギギ・アンダルシアを演じたのが印象的。このほかにも、「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」では、主演級のディア役を演じ、「Dr.STONE STONE WARS」「フルーツバスケット The Final」「現実主義勇者の王国再建記」といった作品でも、それぞれ重要な役どころを演じた。

上田麗奈さん


さらに3位にランクインしたのは、147票を獲得した楠木ともりさんだ。若手女性声優の中でも人気急上昇中の楠木さんだが、2021年は「ワンダーエッグ・プライオリティ」で青沼ねいる役を演じたほか、「精霊幻想記」でラティーファ役、「マブラヴ オルタネイティヴ」で鑑 純夏役を演じるなど、主役級の作品に抜てき。「先輩がうざい後輩の話」では主役の五十嵐双葉役をユーモラスに演じ、好評を得た。今ノリにノッている若手声優のひとりで、名実ともに若手声優の代表格となった印象だ。

楠木ともりさん


4位の宮下早紀さんは、まだニューフェースといった感じの若手女性声優だが、2021年は「探偵はもう、死んでいる。」のヒロイン、シエスタ役が大当たり。また5位の伊達さゆりさんも「ラブライブ!スーパースター!!」にて主役の澁谷かのんを演じて、大人気に。いずれも一気に人気声優の仲間入りを果たした印象だ。


6位の藤原夏海さんは、2021年、さまざまな作品に登場しているが、なかでも印象的なのは「境界戦機」のAI、ガイ役や、「86―エイティシックス―」のセオト・リッカ役。ユニークなところでは、Eテレで放映された「宇宙なんちゃら こてつくん」の主役、こてつを演じるなど、中性的なイメージのキャラクターで頭角を現した。


7位以下は大物の人気女性声優がズラリと並ぶ。7位の本渡楓さんは、やはり「ゾンビランドサガ リベンジ」の源さくら役が人気だが、2021年はこのほかにも「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」ではライカ役、「見える子ちゃん」では百合川ハナ役、「takt op.Destiny」ではアンナ・シュナイダー役と、主役級のキャラクターを多く演じた。


8位の石川由依さんは、2021年、「聖女の魔力は万能です」では主人公のセイ役を演じたほか、「トロピカル~ジュ!プリキュア」でキュアパパイア役、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」でエメラルダ・ズービン役など、さまざまな作品に主要キャラクターで出演。


9位の沢城みゆきさんは、何と言っても当たり役の「ルパン三世 PART6」峰不二子役を筆頭に、「鬼滅の刃 遊郭編」では、鬼の堕姫(だき)役を熱演。さらに「ワールドウィッチーズ発進しますっ!」(ペリーヌ・クロステルマン役)や「プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章/第2章」(セブン役)、「デジモンゴーストゲーム」(ガンマモン役)など、ベテランらしい幅広いキャラクターでさまざまな作品に出演。


10位の鬼頭明里さんは、やはり「鬼滅の刃 無限列車編(テレビアニメ版)」「鬼滅の刃 遊郭編」の竈門禰豆子役がまさにブレイク中と言えるが、このほかにも2021年は、「シャドーハウス」で主役のケイト役を演じたほか、「EX-ARM エクスアーム」(アルマ役)、「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」(碓井アブト役)、「月が導く異世界道中」(澪役)、「出会って5秒でバトル」(ヤン役)など、多数の作品に出演した。


今年2022年も、これらの女性声優さんの動向には注目だ!!


なお、11位以下のランキングについては下記を参照していただきたい。

画像一覧

  • 結果発表!「アキバ総研主演女優大賞2021」。2021年にいちばん活躍したナンバーワン女性声優は東山奈央!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。