島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

2022年02月03日 16:410
島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

カリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹さんがカルトの世界に切り込む問題作「ビリーバーズ」(小学館刊)の実写映画化が発表された。

常に先鋭的な作品を世に問い続け、カリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹さん。「カルト」の世界に切り込み、人間の欲望をあぶり出した問題作「ビリーバーズ」がまさかの実写化! 2022年夏、テアトル新宿ほかにて全国公開となる。


過激な内容ゆえ「実現不可能」とも言われた本作の映像化に挑んだのは、今までに100作以上の映像作品を手掛けた職人監督で、熱烈なファンを持つ鬼才・城定秀夫さんだ。


2020年「アルプススタンドのはしの方」で高い評価を獲得、2021年には瀬戸康史さん主演「愛なのに」、田中圭さん主演「女子高生に殺されたい」ほか多数の公開作を控える城定さん自身が、本作の映画化を熱望したという。


長年ファンである山本直樹さんの世界観へ最大限のリスペクトを込めながらも、絡みつくような官能美に、乾いたユーモアとヴァイオレンスを交え、唯一無二の映像世界を作り上げる。


■ティザービジュアル解禁! 謎の三人衆=「オペレーター」「副議長」「議長」はいったい誰⁉


とある孤島で生活をする2人の男と1人の女。男の1人は「オペレーター」、女は「副議長」、もう1人の男は「議長」と互いに呼び合い、揃いのTシャツを着ている。「ニコニコ人生センター」という宗教的な団体に所属している3人は、「孤島のプログラム」と呼ばれる無人島での共同生活を送り、「安住の地」へと旅立つ日に思いを馳せていた。

朝の瞑想、昨晩見た夢の報告、テレパシーの実験──といったメールで送られてくる不可解な指令を実行し、時折届けられる僅かな食料でギリギリの生活を送る。それらすべてが、性欲や過度な食欲に物欲といった俗世の汚れを浄化し、「安住の地」へ出発するための修行なのだ。


だが、飢えとの戦い、突如現れた外界からの侵入者、ほんの僅かなほころびは……徐々に互いの本能と欲望を暴き出してゆく。


今回のティザービジュアルは、3人が着ている揃いのニコニコTシャツをメインとして、その不穏な世界観が垣間見えるものに。顔の見えない彼らを演じるのは果たして誰なのか? キャスト発表が待ちきれない。


■山本直樹さん・城定秀夫監督のコメントも到着!
漫画家・山本直樹さん:
僕の原作を城定監督がどう料理してくださったのか、楽しみです。
20 年以上前に描いたマンガですが、カルトの問題も 21 世紀にはネット上の陰謀論などに形を変えて、今も古びてない話だと思います。
早く観たいです。


城定秀夫監督:
山本直樹漫画は自分のエロス表現の根源であり、「ビリーバーズ」の映画化は長年の夢でありました。普段は受け仕事一辺倒の自分が自ら企画を提案し、一気に脚本を書きあげたのが四年前。あらゆる艱難辛苦を乗り越え、奇跡的なキャストを得て、この度ようやく実現させることができました。渾身の一作です!


(原文ママ)


【作品情報】
■映画「ビリーバーズ」
2022年夏、テアトル新宿ほか全国公開
公式サイト:https://believers-movie2022.com/
原作:山本直樹「ビリーバーズ」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)
監督・脚本:城定秀夫
制作プロダクション:レオーネ
配給:クロックワークス、SPOTTED PRODUCTIONS
製作委員会:『ビリーバーズ』製作委員会


©山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会

画像一覧

  • 島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

  • 島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

  • 島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

  • 島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

  • 島で男女が行っているのは? カルトに切り込む問題作「ビリーバーズ」が映画化! 2022年夏公開

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。