「シュート!」新作TVアニメが放送決定! SMAPで実写映画化もしたサッカー漫画の金字塔

2021年11月17日 18:580
「シュート!」新作TVアニメが放送決定! SMAPで実写映画化もしたサッカー漫画の金字塔

「シュート!Goal to the Future」が、2022年に新作TVアニメとして放送されることが決定した。

累計発行部数5,000万部を突破する本作は、1990年から2003年の約13年間にわたり大島司さんが「週刊少年マガジン」で連載。1994年には講談社漫画賞少年部門を受賞し、1993年にアニメ化。SMAPを起用した実写映画も公開された、サッカー漫画の金字塔と呼ばれる作品だ。


原作は、掛川高校サッカー部が、全国優勝を果たす最強のチームへと変貌を遂げるまでを描いた物語。「伝説の11人抜き」や「サッカー、好きか?」など記憶に残る名シーンも多く、プロ・アマの垣根を超えサッカー選手にもファンが多い。
その人気は日本だけでなく、英語、インドネシア語など様々な国と地域で翻訳&出版され、北米・ヨーロッパではアニメも放映された。


そして連載終了から19年の時を経たこの度、サッカー界が盛り上がりを見せる2022年FIFAワールドカップに合わせ、完全オリジナルで新作アニメとして復活することが決定!


元イタリア名門チームの“世界の闘将”神谷篤司と、神谷の出身校で今は弱体化した掛川高校に通い、サッカー部と距離を置こうとする辻秀人のふたりが出会う時、新たな伝説の幕が上がる──。

 

【ティザービジュアル】
ティザービジュアルでは、掛川高校サッカー部のユニフォームでボールを抱え、こちらを強いまなざしで見つめる本作の主人公・辻秀人(つじひでと)と、その辻と背中を合わせるように、スーツ姿でどこか遠くを眺め佇む、神谷篤司(かみやあつし)が描かれている。


ある出来事をきっかけにサッカーから距離を置いていた辻と、元掛川高校サッカー部でキャプテンも務めていた神谷の後ろには、神谷が高校生のころから大切に引き継がれてきた背番号10番のユニフォームが描かれており……。
この10番にはどんな意味が込められているのか、今後の展開に期待が高まる。

▼原作・大島司先生からお祝いコメントも到着!
新作アニメ化おめでとうございます。
原作「シュート!」の続編を、原作者として楽しみにしています。
大島司
(原文ママ)


なお、アニメーション制作は「くまクマ熊ベアー」「アサシンズプライド」などを手掛けたEMTスクエアードが手がける。
アニメの公式サイトTwitterもオープンしているので、今後も最新情報をチェックしよう。


©2022 大島司/シュート!Goal to the Future 製作委員会

画像一覧

  • 「シュート!」新作TVアニメが放送決定! SMAPで実写映画化もしたサッカー漫画の金字塔

  • 「シュート!」新作TVアニメが放送決定! SMAPで実写映画化もしたサッカー漫画の金字塔

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。