70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

2021年03月27日 11:002
70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

「機動戦士Zガンダム」、「超時空要塞マクロス」とメジャータイトルが続いてきたんだから、そろそろいいでしょう? 今月は、「宇宙戦士バルディオス」(1980年)です! キットはバンダイ製。1981年12月に、この300円のメカコレクション(1/800)と1/550スケール(700円)の2種類が出たみたい。
「バルディオス」って今月、他社から新しいプラモデルが出るんだよね? 「スーパーロボット大戦」に出てから認知度が上がったんだろうけど、放送当時は「伝説巨神イデオン」ブームだったので、アニメ雑誌で「テレビは打ち切りになったけど、劇場版で完結」とのニュースを聞いて、「そんなに人気あるの!?」と驚愕したものです。「ガンダム」終了から半年後の作品なのに、「バルディオス」って70年代ロボット物みたいな雰囲気だもんね……。

▲ 「ベストメカコレクション」シリーズとしては、第33弾。サーベルとシールドを持ってはいるけど、「ガンダム」より前に放送された「宇宙魔神ダイケンゴー」に近いよね。「なぜ、今こんな合体ロボを?」という当惑があったよなあ……

これからのアニメは「ガンダム」「イデオン」の路線を追っていけばOKと油断していたら、かなり唐突に未放映だったラストシーンの絵コンテが、アニメ雑誌にカラーで掲載された。普通、絵コンテをカラーで描かないだろう? このアニメって、そんな熱気でつくっていたのか! その衝撃を刻みつけるように、このプラモの箱絵にもラストシーンが描かれている! 敵の女司令官であるアフロディアを、主人公のマリンが抱いて立っているんですよ!!

▲ このプラモデルを開発していた時点で、映画は未公開のはず。ということは、この箱絵はアニメ雑誌に掲載された絵コンテを見ながら作ったの? だとしたら、かなりドラマチックなプラモ開発だぞ!!

今回、あらためてテレビ版の「バルディオス」を見てみたけど、主役ロボの登場は第4話。敵軍(S-1星)からの逃亡者であるマリン、マリンに憎しみをつのらせていくアフロディアのドラマ描写に力点が置かれている。その間に、地球側はS-1星からマリンが乗ってきたメカを改造、地球製メカ2機と合体させることでバルディオスが完成……って、かなり無茶を感じる設定だけど、たまにバルディオス自体が、すごくカッコよく描いてある。
というのも、作画を葦プロの田中保さん、本橋秀之さん、亀垣一さんら、スタジオZ5系のアニメーターが手がけることがあり、その回だけ「ロボットのパースが広角気味で、止め絵で立っているだけ、飛んでいるだけでポージングがカッコいい」のだ。あのポーズを重視してキット化していたら、その後のキャラクター模型史が変わっていただろうね。

▲ 同時期のガンプラは1/60ドム、ゲルググなどが発売されていて、形状・ギミックともに高密度なキットが開発されていた。このバルディオスも、各部の面や細部の“さばき方”が手馴れている

▲ もう1枚のランナーを見ると、本当にガンプラですね、300円の。どんなロボットでも、ガンプラのフォーマットに落とし込めば可動プラモ化できるぐらいバンダイさんの発想と技術が熟してきたんでしょうね、81年暮ともなると

サンライズというか、大河原邦男さんのロボだけをガンプラっぽく模型化していたら、それはそれでつまらなかったと思う。80年代前半のバンダイは「えっ、今度はそっち行くの? なんで?」とビビってしまうほど挙動不審なラインアップが見られ、その時期のキットをこうして掘り返すと面白いわけだ。バンダイの金型力がスパークしていく……静岡の一角で! この1/800バルディオスも、その閃光のまたたきと言ってよいでしょう。

画像一覧

  • 70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

  • 70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

  • 70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

  • 70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

  • 70年代っぽい合体ロボット「宇宙戦士バルディオス」を組み立てて、1981年暮のバンダイ模型の技術力を学ぼうぜ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第9回

関連作品

宇宙戦士バルディオス

宇宙戦士バルディオス

放送日: 1980年6月30日~1981年1月25日
キャスト: 塩沢兼人、鈴木清信、玄田哲章、よこざわけい子、石森達幸、鳳芳野、神保なおみ、青野武、井上和彦
(C) PRODUCTION REED 1980

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(2)
VEGALUDAVEGALUDA2021/03/29 19:52

個人的には慣れ親しんだシリーズだった為、此れが普通だと今でも思います。 確かに、当時のプラモと現行のプラモとではその違いは明白ですが、そんなに現代のモデラーさんから見ると、珍しいもんかな?…と、思って仕舞います。 此のバルディオスの他、当時はゴッドマーズやゴッドシグマ他、戦隊からはダイナロボ、ゴーグルロボ等が同シリーズで展開されていた時代。 手軽に組んで、着色も容易に出来て、発色も良いのが白一色のキットでした。 又、スナップフィットでは無く、接着剤使用もキット自体の組み立てを強く保持出来る為、今でも好きなシリーズです。 因みに、一度再販されています(積んでます)。

ソウキソウキ2021/03/29 12:27

アハハハハ。 私もロボットは「リアル」か「ミリタリック」だけではないと思っていますが、だったら超科学とかファンタジックとかいろいろ魅せ方はあるだろうし、バルディオスみたいな箱を組み合わせた形はどうなんだろう。と思います。肩のおにぎりとか発想は素敵なんですが。 足のミサイルに関してはマクロス7のバルキリーも採用してましたね。当時現実の戦闘機もステルス性能のためとかで胴体をふくよかにして、その中にミサイルなどを入れていたとか。

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事