心を揺さぶるメロディーラインに衝撃! 村川梨衣が歌うアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ「はじまりの場所」リリース記念インタビュー!

2019年03月06日 11:050
心を揺さぶるメロディーラインに衝撃! 村川梨衣が歌うアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ「はじまりの場所」リリース記念インタビュー!

声優・村川梨衣さんのニューシングル「はじまりの場所」が、現在絶賛販売中だ。

現在放送中のアニメ「ピアノの森」(第2シリーズ)エンディングテーマの本作は、クラシック音楽を題材にしたアニメの主題歌らしく、美しいサウンドとポップなメロディが共存する唯一無二の楽曲となっている。

村川さんが提唱する「RiEMUSiC」の新境地を切り開くニューシングル。そして、4月20日に開催される初のオーケストラコンサート「梨の季節」についての意気込みを語っていただいた。

 

衝撃を受けた「はじまりの場所」

――「はじまりの場所」は、アニメのタイトルの通りピアノの旋律が非常に心地いい楽曲ですね。最初に曲を聴いたときの印象はいかがでしたか?

 

村川 今回はタイアップ曲なので、あらかじめ作品に寄せたクラシカルな感じの曲になるような話をディレクターさんから聞いていたんです。それで「楽しみだな~」って思っていて。実際に曲を聴くまではもっとしっとりとした、バラード的な曲になるのかなと勝手に想像していましたが聴いてみたら、思っていたよりもポップだなって思いました。でも実はそこには意図があって、「ピアノの森」は第2期で最後まで物語を完走するという形になっているので、物語的にはこれからどんどん盛り上がっていく展開、そこでエンディングテーマでも、もっと作品を盛り上げられたら、みたいな意味合いがあって、そういうテンポの曲になったそうです。そういうお話を聞いて、「あ、そうだったんだな」と納得しました。それを踏まえたうえで曲を聴いてみると、「確かに!」っていう感じがしてピッタリな一曲になっていると思います。そもそも私が勝手にドバラードを想像していただけでしたからね(笑)

 

――まさにアニメに寄り添った曲になっていたわけですね。

 

村川 そうですね。今回、がっつり作品サイドの方からも監修していただいたこともあって、「ピアノの森」のエンディングテーマとして恥じることはない1曲になったと思います。

 


――今回、作曲・編曲を手がけられた坂部剛さんは、2ndアルバム「RiESiNFONiA」でも「硝子の扉」「月のlx」といった独特の世界観のあるロック曲を書かれていましたが、今回は「こんな雰囲気のある曲も書かれるんだ」とびっくりしました。

 

村川 そうなんですよ。「硝子の扉」の印象が強かっただけに、「はじまりの場所」を聴いたときに、「な、なんという振り幅!」とハッとしてしまいました。

 

――楽曲制作時に何かやりとりはされたんですか?

 

村川 特には。今回はもう、全部おまかせとという形でしたので、どういう感じで「はじまりの場所」を作られたのかはわからないんですが、でもよくよく思い返してみたら、2ndシングルの「ドキドキの風」も坂部さんじゃん! そういえばそうだったじゃん! って。

「ドキドキの風」も壮大で、きれいで、爽やかなんだけど、すごく心を揺さぶるようなメロディーラインで、本当に素敵な曲だったなあ。……せやったなぁ、みたいな。って納得する部分はありましたね。

 

――ある意味、音楽活動を始めた初期を思い出すみたいな?

 

村川 またちょっとニュアンスが違うので、そういうことは特にはなかったんですけど、「硝子の扉」の時と同じような衝撃は受けましたね。「硝子の扉」の時も、「ハッ、『ドキドキの風』と違う…!」みたいに思ったし、また「はじまりの場所」の時も、「ハッ、『硝子の扉』とも違う…!」みたいな、あはは(笑)。

 

――坂部さんの作品は、毎回村川さんに衝撃を与えてくれる存在なんですね。

 

村川 そうですね。たまたまタイミングとか、アプローチの違う楽曲だったっていうこともあるとは思うんですが、私のサイクルというか楽曲のタイミングがそんな感じになっていますね。

 

――村川さんは、毎回新曲をどういう気持ちで曲を聴くんですか?

 

村川 ワクワクしながら、ですね。ありがたいことに私はタイアップ曲とかシングルが多かったので、事前情報をいただくことが結構あるんです。今回の「はじまりの場所」も、「クラシカルな雰囲気になると思うよ」というような事前情報があったので、勝手にこんな感じの曲かなぁみたいなイメージをしたりもしていたんですが、基本はワクワクしながら聴いています。クリスマスプレゼントとか、誕生日プレゼントを開ける時のワクワクに近いですね。

 



音楽から受けるインスピレーションをそのまま打ち返す

――この曲のお気に入りのポイントや、歌っていてお気に入りのポイントなどを教えていただけますか?

 

村川 難しいんですけど、「カギカッコの中 いれそびれた『ありがとう』」のあたりは歌詞としても特徴的ですし、サビの中でも一番の盛り上がりに差しかかる部分なので、そこは、皆さんの耳に残るんじゃないかなと思います。

あとはちょっと話はずれちゃうんですけど、今回ピアノの伴奏の方と一緒にミュージックビデオを撮影していただいたんです。そこで実際にピアノも弾いていただいたんですけど、生音だからっていうのもあったのかもしれないですけど、間奏の迫力がすごかったんです。

その時はまだ完成した音源がなくって、途中段階の音源を聴いていたからということももしかしたらあったのかもしれないですし、やっぱり圧巻の演奏技術という部分もあったとは思うんですけどね。とにかくすごかったんですよ、迫力が! できれば生で皆さんにも聴いていただければなと思うんですけど……。

 

 

――その話をうかがうと、4月のオーケストラコンサートが楽しみですね。

 

村川 そうですね! ミュージックビデオと同じものになるとは限らないんですが、一番近い環境にあるのが、4月の「梨の季節」コンサートだと思うので、ぜひ皆さんも来てくださいね。って質問とは、かなりずれてしまいましたけど(笑)。

 

――以前に取材させていただいた際、歌う時は深く考えずに歌うというスタンス、のようなお話をしていましたが、今回もあまり悩まずにスルッと歌えた感じでしょうか?

 

村川 いつも通り、という感じですね。変に気負わずに、緊張もせず臨むべきなのかなって。一応原作も目を通させてはいただいたんですが、あくまでニュートラルな気持ちで歌わせていただきました。音楽から受けるインスピレーションをそのまま打ち返す、みたいな。

 

――先ほどMVのお話が出てきましたが、そのほか印象に残ってる撮影時のエピソードはありますか?

 

村川 季節柄、ちょっと寒かったですね。でも幸いなことに屋内での撮影だったこともあり、スタッフさんもすごく気を遣ってくださりました。暖房もたいてくださったりとかして。いわゆるコンサート会場みたいな感じの広めのホールだったので、暖房の熱が行き渡るには時間がかかってましたけど、結果としてはあったかく撮影できたので、そのお心遣いも含めてありがたかったです。

 

――「ピアノの森」というピアノを題材とした作品の主題歌ということで、村川さんご自身には、ピアノに関する思い出はありますか?

 

村川 あんまりピアノとは関係ないかもしれませんが、どの楽器も発明した人は天才だなって思います。ピアノもすごいじゃないですか。大きいし部品もたくさんありますし、ピーンって押したらプーンってなるし……。それが音楽になるなんて、よく発明したなって。それにドレミという概念もよくぞ考えてくれたなと。それこそバイオリンとかも、こんなきれいな音が出るなんて誰が予想できただろうか、みたいな。

 

――材質は木ですからね。

 

村川 そうなんですよ。だからすごいなーと思います。バイオリンだったら、松脂(まつやに)というアイテムを使って、その脂を塗ることにより摩擦が生まれて音が出る……! みたいなのって、すげぇ~! って思いますよね。そう思うと本当に不思議ですよね。そういう楽器を昔の方々が発明してくださったおかげで、こうして音楽が生まれ、はたまた村川梨衣の曲も生まれたわけであり、本当に感謝です。

 

 

オーケストラコンサートは未知数の世界

――カップリング曲「NoSTALGiA」についてもうかがいたいと思います。こちらはどういう楽曲になっていますか?

 

村川 特にこれと言ったテーマがあるわけではないんですが、ただ「はじまりの場所」とは、180度違うアプローチの楽曲にはなっています。「はじまりの場所」と比べたら、ダーク寄りかなあ。どちらかと言うと、哀愁漂うというか情緒的な曲になっています。激しすぎず静かすぎず。ざっくりと「これもRiEMUSiCなんだな」って思ってもらえたらいいのかな。

 

――付属DVD収録の「週刊RiEMUSiC」ですが、今回はどんな内容になっているのでしょうか?

 

村川 基本的にはいつもとほぼ変わらないんですが、今回はコンサート編も一緒になっているので、オーケストラコンサートについてのお話もさせていただいています。収録時期的に、みんなにお伝えできることが何もないでーす、という素直な現状報告をさせていただいています(笑)。とは言え初のオーケストラコンサートということで、素敵な空間になるということは間違いないから楽しみにしててね、という旨は伝えさせていただきました。

まあ特に新しい情報は、何もないんですけどね、あはは(笑)。

 

――村川さんのライブというと、毎回武器や防具が販売されることで知られていますが、今回も何か新兵器が用意されているんでしょうか?

 

村川 そうですね……もうほぼ決定事項であることは間違いないのでお話しちゃいますけれども、……武器はございます。それでぜひ武装して、ライブに参加していただけたらなと思います。

 

――そもそもどういう経緯でオーケストラコンサートをやることになったのでしょうか。

 

村川 今回、オーケストラコンサートを主催されている方がファースト、セカンドと私のライブを観てくださって、その時からずっと「村川さん、オーケストラライブどうですか」っていう風にお声がけしてくださっていたみたいなんです。それでスタッフさんたちが、今回「ピアノの森」とのタイアップがあり、ちょうどクラシックを題材とした作品ですし、タイミングもいいかもね、ということで実現したという形です。

 

――村川さんご自身はオーケストラをバックに歌うことについては、どう思われますか?

 

村川 何も想像できないというか、未知数ですね。まさかオーケストラの方々とご一緒させていただく機会がある、とは夢にも思ってなかったので、ちょっと想像できないなっていうのが、現状の心境です。

 

――一生に一度、あるかないかですよね。オーケストラを従えて歌うなんて。

 

村川 そうですよね。本当に規模感とかもまだわからないんですが、すごく貴重な機会をいただけたなと思いますし、皆様的にも私の曲をオーケストラで聴く機会もそうそうないと思います。ただ、とても素晴らしいきっかけ、機会、空間になることは間違いないので、ぜひ楽しみにしていていただきたいですね。

 

――楽しみにしています。では最後に2019年は、どんな1年にしたいですか?

 

村川 そうですねー……。健康第一、で(笑)。周りの人も健康で、安心安全で暮らせるような1年になったらいいなぁって思います。

――健康で安心な生活が一番だと思います。ありがとうございました!

画像一覧

  • 心を揺さぶるメロディーラインに衝撃! 村川梨衣が歌うアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ「はじまりの場所」リリース記念インタビュー!

  • 心を揺さぶるメロディーラインに衝撃! 村川梨衣が歌うアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ「はじまりの場所」リリース記念インタビュー!

  • 心を揺さぶるメロディーラインに衝撃! 村川梨衣が歌うアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ「はじまりの場所」リリース記念インタビュー!

  • 心を揺さぶるメロディーラインに衝撃! 村川梨衣が歌うアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ「はじまりの場所」リリース記念インタビュー!

関連作品

ピアノの森(第2シリーズ)

ピアノの森(第2シリーズ)

放送日: 2019年1月27日~2019年4月14日   制作会社: ガイナ
キャスト: 斉藤壮馬、諏訪部順一、花江夏樹、中村悠一、KENN、悠木碧、伊瀬茉莉也、小西克幸、豊永利行、遊佐浩二、三宅麻理恵、坂本真綾、田中秀幸、島田敏
(C) 一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ

関連声優

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!