【インタビュー】Mia REGINAが歌う「純正エロティック」とそのC/Wの2曲に秘められた、大人女子コンセプト

2018年11月16日 20:300
【インタビュー】Mia REGINAが歌う「純正エロティック」とそのC/Wの2曲に秘められた、大人女子コンセプト

女性3人のボーカルユニット、Mia REGINA(ミア・レジーナ)。メンバーの霧島若歌さん(わか)、上花楓裏さん(ふうり)、ささかまリス子さん(りすこ)の3人は、「アイカツ!」の歌唱担当(STAR☆ANIS)でもあったので、その愛称でピンと来る方も多いかもしれない。
Mia REGINAとしてはすでにアルバムやシングルをいろいろリリースしており、2018年11月14日に発売されたばかりの「純正エロティック」は6枚目のシングルとなる。ノリのいい明るいメロディがポイントのタイトルチューンは、「閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-」のエンディング主題歌でもあり、「カグラ」のキャラたちの楽しげな温泉シーンのED映像と、この曲のキーポイントである「ha~」のマッチングも絶妙だ。
C/Wの、やはり楽しげな感じの「Enchante」(アンシャンテ)、スピード感もあるビッグバンドジャズなアレンジが大人っぽい「ピンヒール・ムーン」も合わせて、どれも歌詞そのものは等身大的な大人女子を強く感じさせるものだ。実は、この3曲には「1人の女性のさまざまな面を描く」という貫かれたコンセプトがあるという。その隠れたコンセプトや、3人のキャリアにおいて重要な位置を占めてきた「アイカツ!」STAR☆ANISでの活動の話など、盛りだくさんでお届けしよう。

「純正エロティック」収録の3曲は、等身大の大人女子ソング


── 「純正エロティック」に収録の3曲それぞれの聴きをお聞かせください。やはりまずはタイトルチューンから。

若歌 この曲は、強さの中に甘えたい気持ちがちょっとあるところが好きです。1番に「右膝についたアザ、蝶に似てきた」ってありますけど、私も膝によくアザを作りがちなんです(笑)。2番の「強がりを溶かして、じょうずにあまえるシンプルな女になりたい」っていうフレーズも、まさに自分だなって。どうしても強がっちゃって人に甘えられないところもあるので、そういう「シンプルな女」になりたいなぁ!って。そういうシンパシーも感じて、「自分ぽさ」を出して歌ってみました。

楓裏 私たち3人は、結構個性があるので、その3人の声が合わさったところを聴いてほしいです。サビの辺りとか……。

── この曲は「ha~」が、ちょっと色っぽいポイントのような感じもしますが。

楓裏 (笑)。でも「ha」の発音が私は苦手なので、そこはちょっと大変でした。

── 一番最後だけ、「はぁ~」という表記ですね。

リス子 そうなんですよ。これは歌うときに「どう表現しよう!?」って思ったんですけど、そこは歌い終わったときに感じる「はぁ〜」みたいなのもありつつ(笑)。この曲は、外向きに着飾ったセクシーさではなく、お家の中での(プライベートな)自然なセクシーさだと思うので、あまり声は張らず自然な感じを出すように意識しました。

── 「Enchante」はどうですか?

リス子 女子会っていう感じです。サンバ調のリズムもあるノリノリの曲で、歌詞もストーリー性あふれるものなので、感情が込めやすいなと思いました。私は「ちくちくトゲトゲするもの グッナイ」の担当だったんですけど、そこでは「Good Night」感を出してみたりとか。一番最初の「EnchantそしてEnchante」も、女子に語りかけるように結構こだわって歌いました。

若歌 ちょっとインスタ映えしそうな(笑)「キラキラした女子会」っていうイメージですよね。ふわふわモコモコのパジャマを着て、ベッドの上でみんなしてシャンパンを軽く飲みながら「きゃー!」ってはしゃいでるみたいな。「友だちのまたお友だちは友だち」という歌詞があるんですけど、「Enchante」ってフランス語で「初めまして」みたいな意味なんです。だから、友だちから話には聞いていた友だちが遊びに来て、友だちの友だちだから仲よくなれる! って感じなんだろうなって。そういう場面が想像できて歌いやすかったです。

楓裏 女子会がコンセプトということで、楽しく元気に歌いました。最初はバラードっぽい入りなんですけど、一気に明るくなるので。

── その落差もイイカンジですよね。3曲目の「ピンヒール・ムーン」は大人っぽさもあります。

リス子 そうですね。ただこのシングルに入ってる3曲は、作詞の只野菜摘先生のアイデアで、実は全部ひとりの女性……「純正ちゃん」って私たちは呼んでるんですけど……のお話というテーマが隠されてるんですよ。

若歌楓裏 (笑)。

リス子 だから女子会ではしゃいでた子だけど、こういう大人っぽい面もあるよっていうことなんです。

若歌 「ピンヒール・ムーン」は純正ちゃんがパーティーに招かれて、ちょっとおめかしして出かけましたっていうイメージなんです。

リス子 この曲も、歌っててとっても楽しかったです。元々こういう曲調が好きなのもありますし、詞もすごくよくて……只野先生の詞はどれも大好きなんですけど、その中でも特にこの歌詞は好きな方向性だったので、とってもうれしくて。とにかく全編にわたって感情が込めやすかったです。

楓裏 私はこういう感じの曲調のものは、あんまり歌ったことがなかったので「大丈夫かなぁ?」って。歌っていてもそういう感じでした(笑)。やっぱりAメロとかは、落ち着きながらも歌詞のニュアンスも出さなくてはいけなかったので、実は苦戦しました。

若歌 私も結構苦戦しました。今まで歌ったことない雰囲気だったので。ちょっとジャジーにアンニュイに歌おうみたいな。自分にとっての「完成形」みたいな歌い方が、私の脳内にはあるんですけど、それをうまく表現できないもどかしさがあって試行錯誤しました。難しいけれど、いろいろチャレンジはできたのでやり甲斐はありました。

リス子 それと私は「大人っぽさより」も、「誘えよ」みたいな、ちょっと肉食系っぽい圧を感じさせようかなって(笑)。

若歌 私は「大人」というより「にじみ出る色気」みたいなものが、歌声からなかなか出せないみたいな(笑)。

楓裏 私も普段はかわい感じで歌うことが多いのと、「セクシーさ」とかを表現するのがすごく苦手なので、そこをどう合わせるかはすごく考えました。その意味では3曲とも全体的にアンニュイな感じで歌ってみました。その中でもやっぱり「ピンヒール・ムーン」がそういうアンニュイ感を一番出してると思います。

── 3曲とも「純正ちゃんのいろいろな面を見せる」というコンセプトとのことですが。

リス子 「純正エロティック」を最初にレコーディングした後に、「じゃあ、ほかの2曲は『純正ちゃんの曲』にしましょう」って決まったんですよ。

若歌 「純正エロティック」をレコーディングしてるときに「なんてイイ女なんだろう! 純正ちゃんは」って話になってて(笑)。それでほかの純正ちゃんの一面も見てみたいということで作られたのが、「Enchante」と「ピンヒール・ムーン」なんです。「純正エロティック」が完パケしてから、後の2曲は録ってます。

リス子 だから、また純正ちゃんに会える!という感じでした。「Enchante」は、只野先生が「純正エロティック」のMVを見てから詞を書かれたそうです。

若歌 なので、「バスルームで夢をみたり」という歌詞は、MVを見ての着想だったようです。

── シングルとしては、かなりコンセプチュアルですね。

リス子 確かにコンセプチュアルですね。

若歌 「Enchante」がこの3曲の中では最後に録ったんですが、2曲目に来ることで歌詞の中で、その「バスルーム」とかで「純正エロティック」に繋がっていて、「ドレスコード」という単語がパーティーとかでの本当の意味でのドレスコードと被せることで「ピンヒール・ムーン」に繋がってみたいな。そういう架け橋になってくれたなと思います。

画像一覧

  • 【インタビュー】Mia REGINAが歌う「純正エロティック」とそのC/Wの2曲に秘められた、大人女子コンセプト

関連作品

閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-

閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-

放送日: 2018年10月12日~2018年12月28日   制作会社: ティー・エヌ・ケー
キャスト: 原由実、金元寿子、石原夏織、山本彩乃、五十嵐裕美、原田ひとみ、今井麻美、小林ゆう、水橋かおり、井口裕香、平田宏美、矢作紗友里、斎藤千和、日笠陽子、MAKO、喜多村英梨、茅野愛衣、白石涼子、後藤沙緒里、豊口めぐみ、松岡由貴、甲斐田裕子、津田美波、徳井青空、井澤詩織、阿澄佳奈、小原莉子、藤田茜
(C) 2018 Marvelous Inc./HONEY PARADE GAMES Inc./シノビマスターパートナーズ

アイカツ!

アイカツ!

放送日: 2012年10月8日~2016年3月31日   制作会社: サンライズ
キャスト: 諸星すみれ、田所あずさ、大橋彩香、寿美菜子、能登麻美子、瀬戸麻沙美、松谷彼哉、保村真
(C) SUNRISE/BANDAI,DENTSU,TV TOKYO

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!