今のi☆Risの魅力がギュッと詰まったニューシングル!~i☆Ris「ドリームパレード」インタビュー~

アキバ総研 | 2015年07月07日 21:15
今のi☆Risの魅力がギュッと詰まったニューシングル!~i☆Ris「ドリームパレード」インタビュー~

ファーストアルバム「We are i☆Ris !!!」を引っさげての全国ツアーを大成功に終えたi☆Risが、7月8日にリリースするニューシングル「ドリームパレード」。表題曲は、彼女たちが主演している「プリパラ」の現在のOP曲でもある。またこのシングルには、i☆Risの代表曲とも言える「Make it!」のSoLaMiDressing(i☆Ris演じる「プリパラ」のヒロインたちのユニット名)バージョンが収録されてもいるのも注目ポイントだ。

そこで、ニューシングルの楽曲についてや全国ツアーの感想などを、i☆Risの面々に直撃インタビューしてみた。


感謝と充実の全国ツアー


──まずは、初の全国ツアーの感想からお願いします。

山北 今回のツアーは本当に伝説を残したんじゃないかと思ってます。どの公演も全力でがんばったんですけど、同時に回を重ねるごとに内容がさらによくなっていったと思っています。それから、メンバーも1か月ちょっとずっといっしょだったんですよ。日によっては体調が悪い子が出たりもしたんですけど、そこもメンバーみんなで補い合っていけたので、i☆Risとしても絆が深まりました。ずっとi☆Risを応援してきてくれた人にとっても、すごく心に残るものになったんじゃないかなって。もう完璧だったと思います。

芹澤 ツアーのセットリストは、基本的な構成は同じだったんですよ。ひとつのセットリストに、こんなに何度も何度も向き合えたのはこのツアーだけだったので、やり終わってすごく楽しかったです。自分の中でも、ここまで技術的な面でも1曲1曲を突き詰められたのは、今回のツアーが初めてだったんじゃないかと思います。それ以上にいろんな人と出会えたのが楽しかったですし、うれしかったです。

茜屋 各地を回って回を重ねるごとに、お客さんといっしょに楽しむんだけど、見せる立場としてステージに立っている意識も高まっていきました。それから、私は秋田出身なんですけど、今回は北海道にも行けたので、そこで「北国の空気」を感じられたのもうれしかったです。ツアーに向けて練習する中で辛いこともありましたが、本番でファンの方の笑顔を目にした時に「やってきてよかった!」と思えて、本当に達成感でいっぱいでした。


若井
 今回のツアーは、i☆Risにとって本当に糧になりました。期間をほとんどおかずに次々とライブを全力でやるのはこれが初めてだったので、その大変さを学ぶことができました。回を重ねるうちにみんないろいろなことを吸収していて、最終公演のZepp Tokyoではその集大成をみせることができました。本当にいろいろな面で成長したと思うので、次からはさらにレベルアップしてると思います。


久保田 今回のツアーを経験したことで、私たち、すごく自信がついたというか。このツアーではたくさんライブをやってきたんです。ですから最後のZepp Tokyoのステージは本当に自信満々で、「やるぞー!」って感じだったし、このアンコールで「ドリームパレード」を初披露して、お客さんもすごくよろこんでくれて。その振り付けはツアーの最中に練習していて、すごく期間が短い中で完成させなくてはいけなかったんです。そういうことにも挑戦できたのが、自信にもつながったなと感じます。


澁谷 東京公演は完売でそれも感謝でした。ニコ生でも配信したんですが、その来場者数も本当にたくさんで。自分たちに興味を持ってくれる人がこんなにいっぱいいるんだなって、すごく実感しました。だからこそ、もっともっと上を目指さなくてはいけないなと感じました。ここからより上を目指して、お客さんといっしょにハイレベルなところに行けたらいいなって思います。


「ドリームパレード」は2番が特にオススメ!


──では、「ドリームパレード」とC/Wの「Summer Vacation Love」の聴きどころをお聞かせください。

山北 「ドリームパレード」は、私は2番の歌詞がグッとくるんですよ。アニメで流れている1番は「気軽な気持ちでプリパラの世界に行こう!」みたいな感じですが、2番は「臆病と勇気がケンカしてるなら、今すぐここにおいでよ。待ってる」とか、ちょっと葛藤があったりして。そこから「プリパラに来ていっしょに楽しもうよ」みたいな歌詞なんですね。大人になると立ち止まって悩むことも多いので、1番は若い子に向けて、2番は大人の人に聴いていただきたいなって思います。「Summer Vacation Love」は……サビの「夏の君とMake Love×2(メラメラ)、刺激的な恋模様」ってところを私が歌っているんですけど、実はワタクシ、普段は主旋律のサビを歌うことが少ないんですよ。でも今回のこの曲は、「なんだかさきさまだよね」って感じで(主旋律担当に)選んでもらえたのがすごくうれしくて。レコーディングでも自分が思った通りに歌ったら、即OKが出たので、本能的にさきさまの曲なんだと思います。

他5人 (口々に)「本能的」!(笑)

山北 いや、その……一番素の私で歌えたんじゃないかな? って。あと、私は「アイドルと言えば、夏の恋愛曲」と思ってるんです。i☆Risはいままでこういう曲がなかったので、王道路線のよい曲だなって思うので、ぜひメラメラしてください(一同・笑)。


芹澤
 私も「ドリームパレード」の聴きどころは、2番の「誰だっていつも100点ばかりじゃないから、君も自信持って行こう」っていう部分です。そこを「自信のある子代表」みたいな私が言うことによって、みんなに元気を与えられるんじゃないかなって(笑)。でも本当に「100点ばかりじゃないから」って気持ちはよくわかるんですよ。それでも思いっきり自信を持ってがんばることは大事だと思うので、そこをぜひ聞いていただきたいです。「Summer Vacation Love」の方は、これからデートに行くカポー……。

他5人 (口々に)カポー!(笑)

芹澤 カップルのみなさんにぜひ! 夏のお出かけ前に聞いてもらえたら楽しいと思います。

茜屋 私も「ドリームパレード」で好きなところは2番なんですよ。「ずっと前から憧れていたステージに今立つのさ」っていう部分は、Zepp Tokyoで歌いながら客席のサイリウムを見たとき、「これがずっと見たかった景色なんだな」ってすごく感じて。あと、「虹色に煌めく夢は人それぞれ」のところ。「プリパラ」は、女の子の夢やあこがれがテーマなんですけど、そことリンクしているだけじゃなくて、夢自体はいろいろな人が持っているじゃないですか。だからこの曲を聴いて、たくさんの人に一歩踏み出してほしいです。「Summer Vacation Love」は、1番が女子の気持ち、2番が男子の気持ちを歌っていて、私のパートは2番の「想像してみな、夏の山もいいから〜」っていうところなんですよ。私、ちょっと漢前(おとこまえ)な部分を見せたいというのが、なんとなく実は以前からあって。だから漢前な自分を意識して歌ってみました(笑)。

山北 「漢前」って、強そう!(笑)

若井 「ドリームパレード」は、やっぱりキャッチーなところがすごくいいなって思うんですよね。先日イベントで、ちっちゃい子たちの前で披露したんですけど、みんな笑顔で聞いてくれていて。「わかりやすくて覚えやすい、よい曲なんだな」って改めて実感しましました。「プリパラ」セカンドシーズン最初のOPなので、歌詞には「待ってる」「いっしょに行こうよ」みたいな、1年やって来た私たちが先輩として迎え入れるようにも感じられて、一歩成長した私たちの歌なんじゃないかなって思います。「Summer Vacation Love」……略して「サマバケ」? の1番は女の子、2番の男の子の歌い分けは、私たち声優だからこそできることだなとも思うので、聞いて.楽しめる曲になってます。それとちょっと歌謡曲感のある感じが私は好きで。なんとも言えずいいですね〜(笑)。1番と2番で、女の子目線と男の子目線で詞を分けるって、すごく新鮮で「こういう書き方もあるんだ!」って勉強にもなりました。

久保田 「ドリームパレード」は「プリパラ」のゲームでも使われてるんですけど、TVと同じくゲームもやっぱり1番と最後のサビみたいな感じなので、2番ってi☆RisのCDを買って聴いて頂く以外にはあまり聞く機会がないのかな? って思っていて。先日、子どもたちの前で歌ったときも、2番を聞いて「こういう歌なんだ」みたいに驚いていた子もいたりして……。なので、CDを買ってフルサイズで聴いてもらいたいなって。フルサイズで聴いたからこその、全体としての歌詞の意味もわかると思います。私が個人的に好きなのはやっぱり2番で(笑)、サビの「夢のまま終わらせたくないよ」っていうところなんです。ここは「プリパラ」のOPとかでは登場しない部分なんですけど、このフレーズって私たち自身も共感できるし、「プリパラ」のキャラクターにも同じことが感じられるんです。「Summer Vacation Love」は、本当に少女マンガみたいな感じですよね(笑)。歌詞も「みんなの憧れの青春の夏休み」みたいなじゃないですか。女の子が聞けば「男の子ってこういう気持ちなんだな」とか、男の子が聞いたら「女の子ってこういう風に思うのか」って感じられると思います。

澁谷 私、「ドリームパレード」ではハモリはサビと2番くらいなので、冷静にみんながどんなふうに歌っているのかを、ライブ中にもすごく聞くことができて。そこでわかったのが、「プリパラ」を1年やってきたこともあってか、どんどん表現の仕方が変わってきているということで……すごく上から目線で申し訳ないですけど(笑)。「自分もハモリだからって油断してちゃいけないな」って改めて思いました。歌詞に合った歌い方だったりライブだったらオーディエンスの反応を見て表情が変わっているのも声でわかるので、曲を聴いて(メンバーが)どういう表情で歌ったんだろう? とか想像しながら聞くのも楽しいし、ライブ中もこんな表情で歌ってるんだっていうのも、楽しんでもらえたらってすごく思いました。「Summer Vacation Love」に関しては、これはもう「山北の歌だな」って本当に思ってて。

山北 そんなことないよ! i☆Risの歌だよ!

芹澤茜屋若井久保田 (そろって)さっき、「自分の歌」って言ってたのに!(笑)

山北 言ったけど、やっぱりそこはね(笑)。

澁谷 でもやっぱり、そういうのが曲ごとにあるわけですよ。「§Rainbow」だったら芹澤優メイン! みたいな曲だし。そんな具合でこの曲は山北! って私の頭の中で出てきちゃうんですよ。

山北 じゃあ、「さきSummer Vacation Love」って書いておいてください☆

澁谷 今、私のターンだから、ゴメンネ!


山北
 あ、ゴメンナサイ!(一同・笑)

澁谷 とはいいつつ、私も男の子の役をずっとやりたいと思ってきたので、「よし、歌の中で私の想像するイケメンになってみよう!」って思って歌ってみたりとか(笑)。1番の女の子の自分と2番の男の子の自分を恋人同士にしてみたら、どうなるんだろう? って妄想したりして(笑)。なのでカラオケとかでは、この2人がどんな男女なのかとか想像しながら歌ってほしいなって思います。だから妄想大事! っていう曲です(笑)。


他5人 (妄想発言に微妙に失笑)

澁谷 ちょ! ナニ笑ってるんだよ~!


芹澤山北 いいえ、イイと思います!(一同・笑)

画像一覧

  • 今のi☆Risの魅力がギュッと詰まったニューシングル!~i☆Ris「ドリームパレード」インタビュー~

  • 今のi☆Risの魅力がギュッと詰まったニューシングル!~i☆Ris「ドリームパレード」インタビュー~

  • 今のi☆Risの魅力がギュッと詰まったニューシングル!~i☆Ris「ドリームパレード」インタビュー~

  • 今のi☆Risの魅力がギュッと詰まったニューシングル!~i☆Ris「ドリームパレード」インタビュー~

関連作品

プリパラ

プリパラ

放送日: 2014年7月5日~   制作会社: タツノコプロ/同友アニメーション
キャスト: 茜屋日海夏、芹澤優、久保田未夢、山北早紀、澁谷梓希、若井友希、牧野由依、渡部優衣、鈴木千尋、寺島拓篤、今野宏美、高乃麗、伊藤かな恵、諏訪部順一、山本希望
(C) T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP製作委員会

関連シリーズ

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)