ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

2021年04月09日 12:000
ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

福島県伊達市とアニメーション制作会社・ガイナがタッグを組んで展開しているWebアニメ「政宗ダテニクル」が、2021年4月1日より「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」として劇場上映スタートした。

「政宗ダテニクル」は、2016年よりYouTube、ニコニコ動画で配信されている福島県伊達市のご当地アニメ。伊達17代当主の伊達政宗が、16人のご先祖様と「ご先祖合体」しながら謎の敵と戦う。



これまでに、Webでのアニメ配信のほかに、出演声優を招いてのイベントや展示イベントなどが行われており、ご当地アニメとしては異例の長期展開&人気の作品となっているが、今回、ついに劇場用アニメとして全国公開された。

「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」は、これまでに公開されたエピソードに、追加の新作エピソードを合体させたシリーズの集大成ともいえる内容。特に新作エピソードでは、謎に包まれていた忍者・クロードの秘密に迫る戦いが描かれており、物語のクライマックスを大きく盛り上げている。

 

そんな「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」の上映を記念して、4月2日から4日にかけて出演声優が登壇する舞台挨拶が開催された。

今回、アキバ総研は、クロード役・保志総一朗さん、ガイナ代表取締役社長・浅尾芳宜さんが登壇した、4月2日のTOHOシネマズ池袋の舞台挨拶に参加。その模様をお届けしよう。

 


まず登壇したのは、浅尾さん。もともとは2011年に東日本大震災を受けて、伊達市と復興の取り組みとしてスタートした「政宗ダテニクル」だが、震災発生から10年がたち、何ができるかというところから、今回の「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」プロジェクトがスタートしたと説明が行われた。

続いて登場したのは、「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」新作エピソードのキーパーソンであるクロード役の保志総一朗さん。今回は新型コロナウイルス拡大防止対策として、拍手のみでの応援が可能という制限が設けられている。しかし、それでもファンの前でイベントができることが嬉しそうな保志さんは、「こういった形でもみんなと会えるのが久しぶりなので、嬉しい」とコメント。

非常になごやかな雰囲気で舞台挨拶がスタートした。

 

 

まず久々のアフレコとなった「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」新作エピソードについては、「『ダテニクル』ってご先祖さまとわいわいする、楽しいアニメという印象になっていたので、クロードはシリアス担当ということを思い出しつつ演じた。シリアスでダークという新しいチャレンジをさせてもらった」と、これまでの「政宗ダテニクル」にはない要素をもった演技が印象的だったと語る。

気を付けたところとしては、「ご先祖様たちのアドリブ合戦に引っ張られないこと」だそうだ。コミカルなご先祖たちのやりとりには、かなりアドリブ要素が含まれているそうだが、そこを見ていると「そういうアニメだ」と勘違いしそうになってしまうということで、そんな中でも、クロードはシリアスキャラを維持できるようがんばったと振り返る。

 

 

浅尾さんによると、実は清丸悟監督もクロードの描き方に気を付けていたそうで、なかにはクロードを面白おかしく活躍させるという案もあったようだが、一線は守るように現場をコントロールしていたという。

またトーク中、浅尾さんが観客席の清丸監督にマイクを渡して、強引にトークに参加してもらうというひと幕も。ここで、震災から10年目に新作アニメを作るということが決まった時点で、クロードのエピソードを描くことは監督の中では決まっていたことも判明した。

さらに、クロードは伊達政宗が創設した忍者集団「黒脛巾組(くろはばきぐみ)」のリーダー・世瀬蔵人(よせ・くらうど)が元ネタになっていることも明かされたほか、エピローグで出てきた集団についての正体についても語られるなど、映画上映後の舞台挨拶ということでネタバレありの充実したトークステージとなった。

 

 

終盤、浅尾さんは次の10年に向けた復興応援企画として、次のステップを考えていることを明かした。まだまだ情報公開は先になりそうだが、水面下では新企画の胎動が始まっている様子。

この話を聞いた保志さんも「次への展望が聞けたのでよかった」とコメント。そして「復興に向けて、日々、もう少し心にとめていきたい」と、引き続き伊達市復興に向けての思いを語った。

 

なお、「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+(プラス)」の上映館は、公式サイトにてご確認いただきたい。

 

 

【映画情報】

■復興応援 政宗ダテニクル 合体版+

<STAFF>

・企画:浅尾芳宣・國崎久徳・古里尚丈

・監督:清丸悟

・メインキャラクター:木村智

・アニメーション制作:福島ガイナ・ガイナ

・協力:福島県伊達市

 

<CAST>

・伊達政宗(17代):村瀬歩、愛姫:ブリドカットセーラ恵美、クロード:保志総一朗、片倉小十郎景綱:小林裕介、初代朝宗:森川智之、2代宗村:石川界人、3代義広:梅原裕一郎、4代政依:天月-あまつき-、5代宗綱:KENN、6代基宗:松岡禎丞、7代行朝:山下大輝、9代政宗:増田俊樹、10代氏宗:遠藤広之、12代成宗:内田雄馬、16代輝宗:土田玲央、伊達成実:逢坂良太、伊達小次郎:山口立花子、あんぽん:田中音緒、もんも:森岡由花、猿面:山本兼平、鳥面:代永翼

 

<舞台挨拶>

劇場「ポレポレシネマズいわき小名浜」 4月11日(日)12時25分の回上映終了後、舞台挨拶開催決定!
福島県いわき市出身・愛姫役 のブリドカットセーラ恵美さんが登場します。

応援のほどお願いします。


https://polepole-cinemas.com/news/5469.html

画像一覧

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

  • ガイナ制作の伊達市ご当地アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」が劇場公開! 保志総一朗とともに作品を振り返った舞台挨拶レポート!

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。