「魔法少女特殊戦あすか」2019年1月にTVアニメ化決定! 制作はライデンフィルム

2018年07月23日 13:510
「魔法少女特殊戦あすか」2019年1月にTVアニメ化決定! 制作はライデンフィルム

月刊「ビッグガンガン」にて連載中の漫画「魔法少女特殊戦あすか」のTVアニメ化が決定、
2019年1月より放送されることが発表された。

「魔法少女特殊戦あすか」は、深見真さん原作、刻夜セイゴさん作画による、月刊「ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)にて連載中の同名漫画のアニメ化作品。化け物の侵攻によって危機に瀕していた人類を救った魔法少女たちのその後を描く物語。
TVアニメは、監督が「ストライク・ザ・ブラッド」シリーズの山本秀世さん、シリーズ構成が深見真さんと海法紀光さん、キャラクターデザインが鈴木陽子さん、音楽がR・O・Nさん。アニメーション制作を手がけるのは、「LOST SONG」のライデンフィルム。
2019冬アニメ

今回、TVアニメ化の発表にあわせて、ティザービジュアルとPV第1弾が公開。また、主人公・大鳥居あすか役を洲崎綾さんが演じることが決定した。PVの後半には大鳥居あすかのボイスも収録されているので、ぜひご確認いただきたい。


【作品情報】
■TVアニメ「魔法少女特殊戦あすか」

<イントロダクション>
21世紀。人類は遂に他の知的生命体との接触を果たす。しかし、その出会いは幸福なものではなかった。
地冥界より侵攻する化け物は、現用兵器の多くを無効化し、人類の運命は風前の灯火と思われた。
だが同じく地冥界に苦しめられていた、精霊環境条約機構の助けにより、人類は起死回生の一手を手にする。魔法少女である。
強大な魔力を手にした少女たちは、心身に多くの傷を負いながらも、人類を勝利に導き、
ついに大戦を終結させる。
しかし、それさえも、新たな戦いの始まりに過ぎなかった。
国際犯罪、無差別テロ、内戦、紛争

<スタッフ>
原作:深見真・刻夜セイゴ(掲載 月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:山本秀世
シリーズ構成:深見真、海法紀光
キャラクターデザイン:鈴木陽子
音楽:R・O・N
アニメーション制作:ライデンフィルム

<キャスト>
大鳥居あすか:洲崎綾


©深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

画像一覧

  • 「魔法少女特殊戦あすか」2019年1月にTVアニメ化決定! 制作はライデンフィルム

関連作品

魔法少女特殊戦あすか

魔法少女特殊戦あすか

放送日: 2019年1月11日~   制作会社: ライデンフィルム
キャスト: 洲崎綾、関根明良、松井恵理子、竹達彩奈、高橋李依、橋本ちなみ、M・A・O、日笠陽子、乃村健次、菊池こころ
(C) 2018 深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!