「真夜中のオカルト公務員」が2019年にTVアニメ化決定! 宮古新役は福山潤、制作はライデンフィルム

2018年07月06日 17:320
「真夜中のオカルト公務員」が2019年にTVアニメ化決定! 宮古新役は福山潤、制作はライデンフィルム

たもつ葉子さん原作のマンガ「真夜中のオカルト公務員」が2019年にTVアニメ化することが明らかになった。

「真夜中のオカルト公務員」は、たもつ葉子さんがWebコミックサイト「コミックNewtype」で連載しているマンガ原作のテレビアニメ。
天使や悪魔、妖怪たちなどのアナザーと呼ばれる人外の存在が巻き起こす奇怪なできごとを描いた、現代東京を舞台にしたファンタジー作品。オカルト的事象を解決するために東京23区すべての区役所に人知れず設置された特殊な部署「夜間地域交流課」。そこに配属されることになった社会人1年生の宮古 新が、交流課のメンバーとともにさまざまなトラブルに遭遇していく。

今回、「真夜中のオカルト公務員」のTVアニメ化が決定。あわせてアニメビジュアルとPV第1弾が公開された。また主人公・宮古 新の声を福山 潤さんが担当することも明らかに。TVアニメのスタッフは、監督が渡邊哲哉さん、シリーズ構成が樋口達人さん、キャラクターデザインが伊藤依織子さんで、アニメーション制作はライデンフィルムが担当する。なお原作者のたもつ葉子さんのコメントが到着しているのでご紹介する。


【コメント】

アニメ化のお話をいただいてから、アニメを製作される皆様とお話しする機会をたくさんいただき、時々その現場を見た方が、私にそっと「スタッフさん、作品をすごく愛されてますねぇ」とおっしゃってくださっています。製作現場のやりとりで「オカルト公務員のことが好きなんだな」と第三者に伝わってしまうアニメ製作陣の皆様の手によって、アニメという媒体に相応しく、めちゃくちゃカッコよく、そしてていねいに動く作品に仕上げていただいております。原作を知っていても楽しめるアニメ作品として、私もただの視聴者になって、毎週ドキドキして観られそうです。

【作品情報】
■TVアニメ「真夜中のオカルト公務員」
・2019年放送予定

<スタッフ>
原作:たもつ葉子(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
監督:渡邊哲哉
シリーズ構成:樋口達人
キャラクターデザイン:伊藤依織子
アニメーション制作:ライデンフィルム

<キャスト>
宮古 新:福山 潤


©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

画像一覧

  • 「真夜中のオカルト公務員」が2019年にTVアニメ化決定! 宮古新役は福山潤、制作はライデンフィルム

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2018 夏アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ