劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

アニメ映画
開始時期:
1981年夏
上映開始日:
1981年7月11日
制作会社:
サンライズ
ジャンル:
ロボット
声優:
古谷徹池田秀一鈴置洋孝、鵜飼るみ子、白石冬美、井上瑤、古川登志夫、鈴木清信、戸田恵子潘恵子永井一郎
スタッフ:
総監督:富野喜幸、企画:サンライズ、キャラクターデザイン:安彦良和、メカデザイン:大河原邦男、美術設定:中村光毅、動画チェック:浜津守、音楽:渡辺岳夫/松山祐士、アニメーションディレクター:安彦良和

ホワイトベースの戦いは続いていた。青い巨星ランバ・ラルのグフ、黒い三連星のドムがホワイトベースを襲う! 連邦軍のオデッサ作戦が進行する中で、アムロはかけがえのない人たちを次々と失っていく。ランバ・ラルとハモン、マチルダとリュウが生命を かけて戦い、散華するさまに、アムロが見たものは何か。死と生の交錯する戦場で、アムロのニュータイプへの覚醒が始まった!

満足度5.00
ストーリー
5.00
オリジナリティ
5.00
作画
5.00
演出
5.00
キャラクター
5.00
声優
5.00
音楽
5.00
5.00

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • neko

    5.0キャラクターが魅力的

    魅力的なキャラクターがたくさんでてくるので本当に面白いです。ランバラルが本当に恰好がよくて、しびれました。ハモンも素敵でした。こういったキャラクターと出会いアムロが変わっていくのが面白かったです。やっぱりいいなと思いまし...>>続きを見る

    neko 2014-08-04 09:29:53 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:矢立肇/富野喜幸 制作国 日本
主題歌 【ED】井上大輔「哀・戦士」
挿入歌 井上大輔「風にひとりで」
公式サイト http://www.gundam.jp/