2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2016年02月15日 16:17
2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で見つけた主なPCパーツをまとめてご紹介。




センチュリー「LCD-10000VH4」
27,000円(税込):パソコンショップ アーク


DMI/D-Sub/コンポジットの3系統入力端子を搭載した10.1インチモニタ「plus one HDMI」シリーズの新モデル。

液晶パネルが前モデル「LCD-10000VH3」のMVAパネルからIPSパネルに変更されており、より鮮明な表示を実現しているのが特徴。

主な仕様は、本体サイズが252(幅)×175(高さ)×32(奥行き)mmで、重量は約630g。解像度が1,280×800ドット。視野角は上下左右80°。コントラスト比600:1、最大輝度330cd/㎡、応答速度30ms。電源はUSBバスパワー/付属のACアダプタ。そのほか、モノラルスピーカー(1W)を搭載する。付属品は、専用チルトスタンド(本体背面に取り付け済み)、専用HDMIケーブル(約1m)、専用VGAケーブル(約1.8m)、コンポジットRCAビデオケーブル(約1.5m)、専用USB電源ケーブル(約1m)、専用ACアダプタ、壁掛けキット取り付けネジなど。

画像一覧

  • 2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2016年2月8日から2月14日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ