東芝の新型SSD「HG6」がついに登場! 128GB/256GB/512GBの3モデルがCFDから発売に

アキバ総研 | 2014年03月15日 18:18
東芝の新型SSD「HG6」がついに登場! 128GB/256GB/512GBの3モデルがCFDから発売に

東芝の新型SSD「HG6」がCFD販売から発売された。

容量ラインアップは、128GBモデル「CSSD-S6T128NHG6Q」、256GBモデル「CSSD-S6T256NHG6Q」、512GBモデル「CSSD-S6T512NHG6Q」の3製品。



「HG6シリーズ」は、東芝の最新となる第2世代19nmプロセスのMLC NANDフラッシュを採用した、SATA 6Gbps対応のクライアント向けSSD。最大転送速度は、リード534MB/s、ライト482MB/s。セキュリティに特化したSEDモデルが用意されており、暗号化機能(TCG Opal Ver.2.0)に対応するほか、保存データを自動消去するWipe機能を搭載している。このWipe機能は、あらかじめ登録されたシステム以外からSSDへアクセスがあった時に自動的に実行されるものだ。

記憶容量は60GB/128GB/256GB/512GBの4モデル。フォームファクタは、2.5インチ(7.0mm厚/9.5mm厚)、mSATA、M.2 2280(片面)、M.2 2280(両面)が用意されている。


今回登場した3製品は、CFD販売がパッケージ化した7mm厚2.5インチモデルで、セキュリティ機能非搭載の通常モデルと思われるもの。パッケージには「ランダムアクセス性能がさらに向上」とうたわれている。

CFD販売の測定値によると、シーケンシャル転送速度は、リードが514MB/s~515MB/s、ライトが475.9MB/s~ライト483.1MB/s。4KBランダム(QD=32)アクセス性能は、リード時358MB/s~378MB/s、ライト時239MB/s~262MB/sという。

価格は下記のとおり。

「CSSD-S6T128NHG6Q」(128GB)
10,980円:パソコンショップアーク
10,980円:ドスパラパーツ館
11,480円:BUY MORE秋葉原本店

「CSSD-S6T256NHG6Q」(256GB)
19,980円:パソコンショップアーク
19,980円:ドスパラパーツ館
19,980円:BUY MORE秋葉原本店

「CSSD-S6T512NHG6Q」(512GB)
35,980円:ドスパラパーツ館
36,800円:パソコンショップアーク
37,980円:BUY MORE秋葉原本店

画像一覧

  • 東芝の新型SSD「HG6」がついに登場! 128GB/256GB/512GBの3モデルがCFDから発売に

  • 東芝の新型SSD「HG6」がついに登場! 128GB/256GB/512GBの3モデルがCFDから発売に

  • 東芝の新型SSD「HG6」がついに登場! 128GB/256GB/512GBの3モデルがCFDから発売に

  • 東芝の新型SSD「HG6」がついに登場! 128GB/256GB/512GBの3モデルがCFDから発売に

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)