分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売

アキバ総研 | 2013年02月01日 16:30
分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売

PCI Express x1接続サウンドカード「Juli@XTe」がESIから発売された。


「Juli@XTe」は、PCI接続の「Juli@」のPCI Express x1版で、192kHz/24ビット対応AD/DAコンバータ搭載のサウンドカード。基板片側にTRSバランスジャックと、その反対側にのRCAアンバランスジャックを搭載。それぞれを切り替えて使用できるのが特徴だ。

ちなみに本体は、ブラケットとPCI Express x1コネクタ部が取り外しできる構造になっており、それを差し替えることで使用するジャックを選べる仕組み。

主な仕様は、4チャンネル入出力(アナログ2ch、デジタル2ch)、最大対応サンプリング周波数/ビットレートが192kHz/24bit、2チャンネルアナログオーディオ入出力がTRS 2IN/2OUT、RCA 2IN/2OUT。

対応規格は、EWDM driver、MME、DirectSound、ASIO 2.0。対応OSは、Windows XP/Vista/7/8(32/64ビット)。バンドルソフトはCubase LE。

価格は16,800円。販売ショップはツクモeX.。

画像一覧

  • 分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売

  • 分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売

  • 分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売

  • 分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売

  • 分離できるサウンドカードのPCI Expres x1接続モデル! ESI「Juli@XTe」発売