OCZ「Vertex 450」の256GBモデルが発売! Indilinx社製コントローラー「Barefoot 3 M10」採用

アキバ総研 | 2013年09月04日 12:33
OCZ「Vertex 450」の256GBモデルが発売!  Indilinx社製コントローラー「Barefoot 3 M10」採用

OCZ製SSD「Vertex 450」シリーズから容量256GBとなる上位モデルが発売された。



「Vertex 450」は、IndilinxとPLX Technologが中心となって開発したSSDコントローラ「Barefoot 3 M10」を搭載する、SATA 6Gbps対応の7mm厚2.5インチSSD。以前同シリーズから発売された128GBモデルの上位製品で、転送速度とランダムアクセス性能を若干向上しているのが特徴だ。

シーケンシャル転送速度は、リード540MB/s、ライト525MB/sで、4kランダムアクセス性能は、リード85,000IOPS、ライト90,000IOPS。NANDフラッシュには、20nmプロセスのMLCを採用する。

主な付属品として、3.5インチ変換アダプタのほか、SSD換装を行う際に役立つ環境移行ソフト「Acronis True Image」用のライセンスキーがついている。

価格は、パソコンハウス東映で25,980円。

画像一覧

  • OCZ「Vertex 450」の256GBモデルが発売!  Indilinx社製コントローラー「Barefoot 3 M10」採用

  • OCZ「Vertex 450」の256GBモデルが発売!  Indilinx社製コントローラー「Barefoot 3 M10」採用