RCAとコアキシャルに出力可能なUSBオーディオDACが上海問屋から!

アキバ総研 | 2013年08月28日 18:41
RCAとコアキシャルに出力可能なUSBオーディオDACが上海問屋から!

オーディオデータをアナログ変換するUSB接続のオーディオDAC「USB接続 オーディオDAC」(型番:DN-84766)が、上海問屋 秋葉原店(ドスパラパーツ館3F)にて販売中だ。




「USB接続 オーディオDAC」は、USBから入力されたオーディオデータを、コアキシャル(同軸デジタル)とアナログのRCAに劣化を抑えて変換・出力できるオーディオDAコンバーター。USB変換(コアキシャル出力)には「TENOR TE7022L」、アナログ変換(RCA出力)には「BB PCM1754」と、それぞれ別のICが使用されており、出力先によって異なる傾向の音を楽しむことができる。

主な仕様は、本体サイズが11.3(幅)×11.2(奥行き)×4.1高さcmで、重量は約402g。入力端子はUSB。出力端子はコアキシャル(SPDIF)、RCA。電源はUSBバスパワー。付属品はUSBケーブル/RCAケーブルが同梱される。なお、出力には別途アンプやアンプ内蔵のスピーカーなどに接続する必要がある。

価格は、4,000円。

画像一覧

  • RCAとコアキシャルに出力可能なUSBオーディオDACが上海問屋から!

  • RCAとコアキシャルに出力可能なUSBオーディオDACが上海問屋から!

  • RCAとコアキシャルに出力可能なUSBオーディオDACが上海問屋から!

  • RCAとコアキシャルに出力可能なUSBオーディオDACが上海問屋から!

関連リンク