約20万円の10GbE対応スイッチが登場! ネットギア「XS708E」発売

アキバ総研 | 2013年03月30日 21:28
約20万円の10GbE対応スイッチが登場! ネットギア「XS708E」発売

全10ギガビットEthernet(GbE)対応のネットギア製スイッチ「XS708E」がオリオスペックに入荷した。


100万円台からが割と一般的な10GbE対応スイッチとしては、破格な20万円を切る実売価格がポイントだ。

「XS708E」は、10GBASE-Tポート(RJ-45)を8基搭載したスイッチングハブ(レイヤー2スイッチ)。VLANやQoSに対応したアンマネージメントスイッチで、同社「Prosafe Plus」シリーズに属している。

なお、既存の1000BASE-Tや100BASE-TXとも接続可能。段階的に10GBASE-Tへアップグレードすることもできる。ちなみに、光信号と電気信号を相互変換する光トランシーバ「SFP+」も、排他仕様ではあるが1基備えている。

そのほか、ラックマウント対応(キット付属)、メモリは16MB、MACアドレス数は32,000。

ちなみに、同店のブログ「オリオリオリオ~」では、QNAPの10GbE対応NASとインテルの10GbE対応LANカードを組み合わせたときのテスト結果を紹介している。

価格は、オリオスペックで168,000円。

画像一覧

  • 約20万円の10GbE対応スイッチが登場! ネットギア「XS708E」発売

  • 約20万円の10GbE対応スイッチが登場! ネットギア「XS708E」発売

  • 約20万円の10GbE対応スイッチが登場! ネットギア「XS708E」発売

  • 約20万円の10GbE対応スイッチが登場! ネットギア「XS708E」発売