約10万円のサーバー向けマザー「X9SRH-7TF」が発売! SUPERMICRO製、10GBASE-T×2基仕様

アキバ総研 | 2013年03月27日 23:08
約10万円のサーバー向けマザー「X9SRH-7TF」が発売! SUPERMICRO製、10GBASE-T×2基仕様

2基の10GBASE-T LAN搭載のサーバー向けマザーボード「X9SRH-7TF」がSUPERMICROから発売となった。


「X9SRH-7TF」は、転送速度10Gbpsのネットワークインターフェイスを備えたLGA2011対応ATXマザーボード。

自作向けマザーボードやネットワークハブで同じみギガビットLAN(1000BASE-T)の10倍の転送速度を実現する10GBASE-Tポートを2基備えているのが特徴だ。搭載コントローラーはIntelのサーバー向け「Intel X540」。コネクタはRJ-45。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×2(内1基はx8動作)、PCI Express 2.0 x8×1(x4動作)、PCI×2。対応メモリはDDR3 DIMM×8(最大256GB)。そのほかのオンボードインターフェイスは、VGA、SATA 6Gbps×2、SATA 3Gbps×4、USB 2.0など。対応CPUはXeon E5-2600/E5-1600。

価格は、パソコンハウス東映で99,800円(品切れ、受発注品)。納期は1カ月程度。

画像一覧

  • 約10万円のサーバー向けマザー「X9SRH-7TF」が発売! SUPERMICRO製、10GBASE-T×2基仕様

  • 約10万円のサーバー向けマザー「X9SRH-7TF」が発売! SUPERMICRO製、10GBASE-T×2基仕様

  • 約10万円のサーバー向けマザー「X9SRH-7TF」が発売! SUPERMICRO製、10GBASE-T×2基仕様

  • 約10万円のサーバー向けマザー「X9SRH-7TF」が発売! SUPERMICRO製、10GBASE-T×2基仕様