Nano-ITX規格よりも小さい「Pico-ITX」規格を採用したVIA製マザーボード「EPIA PX」がサンプル展示中

アキバ総研 | 2007年03月31日 16:33

Nano-ITX規格よりも小さい「Pico-ITX」規格を採用したVIA製マザーボード「EPIA PX」のサンプル展示が「T-ZONE」で行われている。

「EPIA PX」は、同社製CPU「C7(動作クロック:1.0GHz)」を採用したマザーボードで、100×72mmという2.5インチHDDとほぼ同サイズのフォームファクタを採用しているのが特徴だ。

主な仕様だが、チップセットには「VX700」を採用。CPUはVIA「C7(動作クロック:1.0GHz)」をオンボード搭載。メモリはDDR2 533 SO-DIMM×1(最大1GB)。拡張スロットはなし。 その他インターフェイスとして標準搭載されるのはLANとVGA出力のみだが、基板上のピンヘッダを利用することでUSB 2.0、シリアル、PS/2、LVDS/DVI、TV出力、S/PDFI入力、7.1chサウンドなどが使用できる。

発売日は4月~5月下旬で、予価は35,000円前後となっている。

20070331mimi_mother_pico-itx_01.jpg 20070331mimi_mother_pico-itx_02.jpg 20070331mimi_mother_pico-itx_03.jpg



【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ-マザーボード
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
VIA

【取材協力ショップ】:T-ZONE PC DIY SHOP

  • Nano-ITX規格よりも小さい「Pico-ITX」規格を採用したVIA製マザーボード「EPIA PX」がサンプル展示中

  • Nano-ITX規格よりも小さい「Pico-ITX」規格を採用したVIA製マザーボード「EPIA PX」がサンプル展示中

  • Nano-ITX規格よりも小さい「Pico-ITX」規格を採用したVIA製マザーボード「EPIA PX」がサンプル展示中