512GBの東芝製SSDが約18万円で登場! アイ・オー・データ「SSDN-ST512B」発売

アキバ総研 | 2010年02月10日 21:30

容量512GBの2.5インチSSD「SSDN-ST512B」がアイ・オー・データから新発売となった。


アイ・オー・データ「SSDN-ST512B」は、東芝製2.5インチSSDを採用した、同社「SSDN-STB」シリーズに属する512GBモデル。メーカー公式ページに本モデルが掲載されていないため詳細は不明だが、現状で同シリーズ最大容量の製品となる。ちなみに、256GB/128GB/64GBモデルはすでに発売済み。

akiba20091023__219a.jpg
20100210213000.jpg akiba20100210__254.jpg

パッケージに貼ってあるラベルによると主な仕様は、インターフェイスがSerial ATA 3Gbpsで、MLC NANDフラッシュを採用。本体サイズ69.85(幅)×100(奥行き)×9.5(高さ)mmや対応OS(Windows 7/Vista/XP)は共通していると思われる。

価格は、ツクモeX.で177,800円。


  • 512GBの東芝製SSDが約18万円で登場! アイ・オー・データ「SSDN-ST512B」発売

  • 512GBの東芝製SSDが約18万円で登場! アイ・オー・データ「SSDN-ST512B」発売

  • 512GBの東芝製SSDが約18万円で登場! アイ・オー・データ「SSDN-ST512B」発売